武則天-The Empress-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-全話一覧
武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「武則天-The Empress」は、中国唐時代の後宮が舞台です。中国史上唯一の女帝であり中国三大悪女とされる、武則天がモデルになっています。才人として後宮に仕えた武如意(後の武則天)が女帝へと昇りつめていく物語です。ファン・ビンビン演じる武如意は知恵と破天荒な行動で、陛下の世民に見初められます。しかし、陛下の寵愛を巡り、集まった美女たちが策略と暴虐の限りを尽くしてギスギスと争います。
このドラマは女性向けの時代劇として史上最高額の56億円を投じ、視聴率も中国時代劇史上最高というかつてないほどの完成度です。キャストには、中国トップ女優のファン・ビンビンをはじめとした実力派の豪華俳優陣を起用しています。ビジュアル重視で豪華なセットはもちろん、3000着を超える華やかな衣装は芸術的です。
それでは、中国ドラマ『武則天-The Empress』のあらすじからネタバレ、感想、見どころ、という内容でお伝えしながら、作品の魅力に触れていきます。

ここでは中国ドラマ『武則天(ぶそくてん)』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

武則天 あらすじ

物語は唐を滅ぼし、女帝となった武則天を、大唐帝国の皇子が李家の再興を目指して打ちに行く所から始まります。それから武則天は女帝をやめました。
時は遡り、武如意(後の武則天)が才人として後宮入りし、その生涯を描きます。
その天真爛漫な性格で武如意は陛下に急接近します。しかし、それをよく思わないのは特に、後宮で一番の勢力を持つ韋家の人間でした。
時には命を狙われたり、後宮で生き残るにはただでは済みません。後宮で生まれた友情もまた世民という1人の皇帝の寵愛の為に崩れたりもします。
残酷な後宮で、何かと目立ってしまう武如意に幾度も危機が訪れ、その度にしのぎを削る武如意の武器は知恵と喧嘩の強さ。
誰一人として信用ならない後宮で、天真爛漫だった武如意は、次第に変化していきます。

武則天-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

武則天-1-2-3話

武則天-4-5-6話

武則天-7-8-9話

武則天-10-11-12話

武則天-13-14-15話

武則天-16-17-18話

武則天-19-20-21話

武則天-22-23-24話

武則天-25-26-27話

武則天-28-29-30話

武則天-31-32-33話

武則天-34-35-36話

武則天-37-38-39話

武則天-40-41-42話

武則天-43-44-45話

武則天-46-47-48話

武則天-49-50-51話

武則天-52-53-54話

武則天-55-56-57話

武則天-58-59-60話

武則天-61-62-63話

武則天-64-65-66話

武則天-67-68-69話

武則天-70-71-72話

武則天-73-74-75話

武則天-76-77-78話

武則天-79-80-81話

武則天-最終回(82話)

見どころポイント
おてんばな武如意が立ち入り禁止の承慶殿に侵入します。持ち帰った仮面は亡くなった文徳皇后のお宝でした。承慶殿への侵入自体が死罪に相当します。そんな事も知らずに武如意は仮面を気に入った様子で箱にしまいますが、その様子を武如意をよく思わない蕭薔に見られていました。蕭薔は生意気で憎たらしく武如意とは世民を取り合うライバル関係にあります。そして、蘭隆王の舞を世民の前で披露するという時に、蕭薔がこっそり武如意の仮面を文徳皇后の仮面とすりかえてしまいました。そして世民の前で宝の仮面を付けたまま蘭陵王を踊ります。はらはら、ひやひやとさせられる展開に、武如意がどう切り抜けていくのかが見ものです。
主人公の武則天を演じるのは中国屈指の美女で、ハリウッドにも進出したファン・ビンビンさん。「ロスト・イン・北京」「楊貴妃 Lady Of The Dynasty」「X-MEN: フューチャー&パスト」などに出演、日本でも数々のCMに起用されてました。日中合作映画の「墨攻」に出演し、日本でも広く知られるように。艶やかで、他の綺麗な女優さんの中でも飛びぬけて存在感があります。日本からも、遣隋使の物部天守役で一話限りちらっと登場するのが、仮面ライダードライブにも出演した松島庄汰さんです。中国の反応では、その美貌が作中一かっこ良かったと好評でした。このドラマの見どころは、後宮内の綺麗な女優さんの数々や豪華に飾られた衣装などの華やかさです。見ているだけでもうっとりとしてしまう美しい世界観に引き込まれます。次から次へと切り替わる贅沢なビジュアルに、見ていて飽きません。

武則天 キャスト・登場人物

<武則天・武如意・武媚娘役・ファン・ビンビン>
才人として入宮したばかりの頃の武如意時代は天真爛漫な少女でしたが、皇帝の世民と良い関係になっていきます。それから数々の敵ができて対峙していく中で逞しくなっていく後の武則天をファン・ビンビンは演じました。
主な出演作には「ロスト・イン・北京」「X-MEN: フューチャー&パスト」「還珠格格」などがあります。

<世民役・チャン・フォン・イー>
寛大でありながらかつては兄弟を手にかけて皇帝として唐を築いた世民からは、皇帝としての威厳を感じられました。優しそうな風貌からは想像のつかない弓の達人であったり、人格と才能共にドンと構えられる器の大きさを感じられます。
他にも「レッドクリフ」「運命の子」「始皇帝暗殺」に出演していました。

<徐慧役・チャン・チュンニン>
入宮したての武如意とは親友関係にあった徐慧を、賢くて穏やかな人物として演じています。おかげでそんな徐慧が様変わりしてしまうなんて思いもしませんでした。作中で最も変化した人柄を演じています。
主な出演作は、「Girls 2」「一分間だけ」「ハーバー・クライシス 都市壊滅」です。

<韋貴妃役・チャン・ティン>
後宮で最も力を持っている韋貴妃は、世民に近寄る武如意を処分しようとします。立ち振る舞いや行動からは、何をするのか分からない底知れない残忍さにドキドキさせられました。迫力のある顔は正に後宮を牛耳る悪女にピッタリな女優さんです。
「則天武后~美しき謀りの妃」「少林七傑」「孔子」といった作品にも出演していました。

<蕭薔役・スンジアチー>
蕭薔は韋貴妃に贔屓されてる武如意とは同期の人物です。権力を盾にする自分勝手な性格で、世民に近付く武如意を陥れようと意地悪する小憎らしい人物として演じられていました。
子供っぽい振る舞いと風貌はどこか憎めない感じでもあったんですよね。

<李治役・アーリフ・リー>
武如意とは後宮で仲良くなった李治は世民の息子でもありました。とても優しい性格なのはパッと見て分かるほどです。武如意にとって敵だらけの後宮では強い味方になってくれます。優しさ故に踏み切れない性格ですが、武如意の為なら動いてくれる頼もしさがありましたね!
その他の俳優、女優さんたちの演技力も役柄になり切っていて素晴らしかったです!!

武則天 評価レビュー・感想

全82話もある超大作でしたが、最初から最後まで繁栄していた唐の華やかさに目を奪われて、思い返せばあっと言う間でした!

主人公の武則天役をしているファン・ビンビンはキリっとした端正なビジュアルで目の保養になります。気の強い後の武則天という役ともピッタリイメージが合っていました。事前に武則天という人物が中国を代表する悪女だと知って、とんでもない作品なのではないかと覚悟していました。ですが実際の武則天はとても人情味のある人物として登場しています。勝手にイメージしていた悪女とは程遠いのかもしれないと考え直しました。後宮というのは1人の皇帝を巡って醜い争いや謀が絶えないとても見てられない世界なんです。その中で純粋な武則天の優しい性格に何とか見る事ができましたね。

残念なのは、武則天の親友がことごとく裏切ってしまうんです。入宮した時から協力して敵を退けていた徐慧が、まさか裏で武則天を陥れようとしていたとか誰も信じられない世界なんだと何度も思い知らされます。

内容は厳しい世界観で見るのが辛いんですけど、国中から綺麗な女性が集まる後宮という事でとにかく女優さんがみんな綺麗でした。これほどまで美女が集まる作品はなかなかないのではないでしょうか。

あとは後宮中の女性が狙う皇帝の世民ですが、最初見た時はパッとしませんでした。実際に好きでもない男に気に入られないといけない後宮行きが気の毒だという話もありましたけど、武則天は世民に本気です。その世民も第一印象と違って唐を築いただけの勇ましさと人柄、実力共に素晴らしい人物なんだと良さに気付いていきます。

そして役者さんの一人一人は良い意味で本当に嫌なやつばっかりだったんです。だからこそより武則天に感情移入できて後宮はなんて酷い所なんだろうと臨場感を感じられました。

ギスギスとした空気に反して次から次へと豪華な衣装や小道具を役者さんはありふれた物のように扱います。これでこそ栄華を極めた唐なんだなって凄さが演出されていました。女性向けの時代劇として最大の製作費をかけてるだけあります。これだけ力を入れた時代劇ならいくらでも見てみたいなと思いますね!

武則天 基本情報

監督 ガオ・イージュン/芸術監督 ルー・ハオジジ 「太子妃 狂想曲<ラプソディ>」
脚本 パン・プー
話数 全82話
放送期間 2015年
衣装 ワダエミ「乱」「英雄~HERO~」
美術指導 小澤秀高 「失楽園」
音楽 岩代太郎 「レッドクリフ」シリーズ「あゝ、荒野」




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です