武則天-The Empress-あらすじ-4話-5話-6話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、才人たちが世民の前で踊りを披露していました。

武如意が文徳皇后の仮面を付けていた事で問題になりましたね。

犯人は武如意をよく思ってない蕭薔がいつもの仮面からすり替えた為に起きました。

油断できないやつです。

武如意も宝の仮面を承慶殿から持ち出すとは破天荒だなと思いましたけど。

しかし、死罪に値する行為を武如意は認めてしまいましよね。

これからどうやって後宮で生き長らえていくのか気になる所です。

それでは、今回は続きの4話から紹介していきますね。

【武則天】(ネタバレあり)

4話

文徳皇后の仮面を持ち出し、死罪に値する行為が発覚した武如意。

文才に秀でていると名が知れている武如意は、韋貴妃から問題を出される。

7歩歩く間に文徳皇后の才徳兼備を表現する詩を作るというもの。

これができれば死罪は免れると伝えられる。

しかし、武如意は文徳皇后に哀れみを感じると言った。

武如意なら無理にでも詩を作る事は出来たかもしれません。正直な発言にしても世民の前では無礼です。

命がかかってるのに正直者過ぎですね。

文徳皇后の命日という事で、武如意は淑妃に庇われ、処分が下されるまで掖庭に留置されることになる。

淑妃は武如意に庇われた恩返しだと言っているので、後宮は嫌な人だけではなさそうです。

その後、武如意は世民からの呼び出しであっさりと牢屋から出され、世民から文徳皇后を哀れんだ理由を聞かれた。

牢に徳妃から贅沢な食事が運ばれるなど、一体どういう風の吹きまわしでしょうか?

さらに、武如意は四妃ですら近付けない承慶殿の管理という罰が決定する。

罰とは名ばかりのご褒美ですね。世民に気に入られたのでしょうか?

しかし、夜伽に呼ばれたのは蕭薔だった。

そして、文徳皇后と瓜二つという婉言が新人として後宮入りする。

四妃がおののくほど似ています。

婉言を送り込んだのは、殷宏智が徳妃の為に、遠くに配置された徳妃の息子を引き戻させる為でした。

5話

蕭薔は女官に晨脂を取らせようとするも、晨脂を知らないという女官をいじめていた。

蕭薔は物凄く我儘で短期なんですね。

そこに通りかかった武如意と徐慧が止めに入る。

すると、新人の婉言が代わりに集めてくると口を挟んだ。

武如意と徐慧と婉言は共に晨脂を取りに行き、恋バナをする。

この3人は仲はかなり良い感じです。物騒な後宮では心強いです。

そこに世民が通りかかり、婉言は夜伽に呼ばれた。

しかし、世民は婉言を間近で見ると、婉言を置いて武如意のいる承慶殿に向かう。

武如意と婉言の仲は良い感じだったのに、この展開から先の関係が怪しくなりそう。

世民はあまりにも文徳皇后と言動まで似ている婉言に、裏で手を引いている何者かがいるのではないかと疑っていた。

婉言は毎晩夜伽に呼ばれながらも相手にしない世民に不安を募らせる。

身近にいながら見向きもされないのは一番辛い境遇ですね。世民も文徳皇后への思いと、婉言への探りの両方で複雑な思いをしているでしょう。

そしてまた世民は、承慶殿へ武如意に会いに行く。

世民は武如意に対しても特別な思いがあるのかな?二人の関係は良好ですね。

世民は婉言に対して文徳皇后に似すぎて不安を感じて敬遠していたと武如意に言う。

毎晩夜伽に呼ばれる婉言を良く思わない蕭薔は、婉言に突っかかり、婉言を置いて世民が武如意に会いに行ってると吹き込む。

相変わらずの嫌なやつです。親友に裏切られたと思った婉言は気が気じゃありません。

婉言は承慶殿にいる武如意を訪れ、世民との関係を相談する体で探りに行った。

6話

承慶殿へ武如意と話をしに行った婉言は武如意の嘘を見抜き、武如意への信頼を捨てる。

後宮は世民を巡って誰も信頼できない厳しい世界ですね。

婉言は武如意に世民の寵愛を奪われる事を恐れ、徳妃へ武如意を殺害する相談をしに行った。

少し前まで友人だったのにおっかないです。

そして、婉言は徳妃から毒を仕込める酒壺を渡される。

婉言は武如意を呼び出して毒殺しようとするも、毒が仕込まれたのは婉言の方だった。

結果的に婉言殺害を武如意に着せて世民に最も近い2人を潰せます。徳妃にとって婉言は力強い協力関係だったはずです。どういうつもりでしょうか?

婉言殺害の疑いがある武如意は、韋貴妃によって尋問にかけられる。

何度も気絶しながら婉言を殺害してないと主張する武如意の意志の強さは凄いです。

徐慧は親友の武如意を助けようと、淑妃に助けを求めに行く。

淑妃は了承し、武如意を助けに世民へ報告する。

世民が直々に様子を伺いに尋問する韋貴妃を訪れた。

そこにいたのは衰弱した武如意。

蕭薔に夜伽させたい韋貴妃としては、厄介な武如意を消したい思いがあるのでしょう。

武如意の命を奪う勢いで拷問していた韋貴妃だったが、傷が残らないようにしている。

世民は大理寺に任せたらどうだと伝え、武如意を置いて去っていった。

世民は武如意に関心がないように見せて、武如意を庇っているんですね。

武如意は放免されるも世民が自分に無関心だと思い、ショックを受ける。

1人になりたいと承慶殿に向かう武如意に、怪しい影が…!?

4-6話の感想

徐慧に婉言と、幸先良く心強い友人を味方に付けた武如意。

でしたが、あっという間に武如意と婉言の仲に亀裂が入り、毒殺されかけるとは(;´Д`)。

気付けば世民に最も近付いてるのが武如意で、韋貴妃という恐ろしい四妃に命を狙われる始末です。

不幸中の幸いは、淑妃が武如意を庇った事ですね。

韋貴妃という最大の敵を前にして対抗できる唯一の四妃ではないでしょうか。

とはいえ最後に武如意を追う人物は何なのでしょうか?

物騒に思えてなりません。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です