武則天-The Empress-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は武如意が尋問によって命の危機でしたよね。
後宮で最も力を持ってる韋貴妃が敵になるのは、後先もドキドキする展開になりそうです。

そんな事より解放された武如意は、陛下からなんとも思われてないと思ってショックみたいで。
急接近した世民との関係がどうなっていくのか気になりますね。

さらに、承慶殿に向かう武如意の周辺を怪しく忍び寄る正体は何なのか(;´Д`)。
これまた波乱を起こしそうです。

では、7話からお伝えしていきます。

【武則天】(ネタバレあり)

7話

承慶殿で、文徳皇后の仮面に話しかける武如意に2人の黒装束を着た男が襲い掛かる。
殺し屋を振りほどき、何とか逃げようとする武如意に世民が現れ、殺し屋は去っていく。
武如意のたくましさはともかく、世民登場のタイミングが良い流れですね)

そして、暗殺されかけた武如意と亡くなった婉言が関係あるのではないかと、世民は調査を命じる。

一方で韋貴妃から目をつけられた武如意に徐慧が、淑妃を味方に付けようと提案する。
韋貴妃はそのころ、武如意を襲わせたのは韋貴妃に見せかけた淑妃ではないかと疑う。
あの人が良さそうな淑妃がやってたなんて考えるとゾッとします。

武如意は淑妃と相談する。

韋貴妃はかつて天真爛漫で、毒を盛られて流産を繰り返している。
世民との子を成さないまま性格も変わってしまったと淑気は言う。
あの悪魔のような韋貴妃にもそんな過去があったとは。

淑妃は韋貴妃を陥れる為に武如意を襲わせていた
生存した武如意を試して今度は良い駒にする模様
温厚に見える淑妃さえこうでは、後宮は誰も油断できませんね。

皇太子の承乾が馬で東宮に向かう途中、何者かが軍鶏を乗せた荷台で横から突撃。
落馬した承乾は更に馬に片足を踏まれ、一生治らない負傷をしてしまう。
物凄く痛そうです。

承乾を落馬させた行商人は、承乾を乗せてる馬が軍鶏を怖がる事を知るはずもない。
宮中は一枚岩ではないみたいです。

命を狙われてると感じた承乾は、兄弟を疑い、警戒する。

8話

承乾と皇太子妃は、仲むつまじい夫婦だった。
3年前に奴婢の称心が来てから承乾は称心を離さないようになり、男色の噂が出るようになる。
皇太子妃としては複雑な気分でしょうね

牢にいる武如意に世民が訪れる。
武如意は弁解せず、掖庭にて労役に就く事になると告げられた。
世民は武如意を信じているんですね。

皇太子妃は承乾の男色の噂を払拭しようと子を成そうとしるも、承乾は断る。
承乾は皇太子妃に心を打ち明けず、理解してないと言うばかり。
承乾と皇太子妃の距離が離れていってます。痴情のもつれから悪い事が起こらないと良いのですが。

掖庭では韋貴妃の手のかかった羅玉珊がいる。
武如意の美貌を、どさくさに塗れて傷つけよう企む。
世民の目がない場所なので、武如意にとって後宮より危険です。

掖庭で彭婆が倒れ、薬を飲もうとする。
それを羅玉珊は妨害し、彭婆を息絶えさせようとした。
ひどいやつですね。羅玉珊は彭婆に何か因縁でもあるのでしょうか?

武如意が止めようとすると、羅玉珊はカミソリで武如意の顔を傷つけようとする。
それを受け止めた武如意は羅玉珊らを追い払い、彭婆を助ける。
武如意は力が強いんですね。

しかし、彭婆は様子がおかしく、武如意に気を許さない。
武如意を何かの命令で来ていると勘違いしてますね。

武如意が追い払った羅玉珊に関わったここ数年で亡くなっている。
それでも羅玉珊は彭婆には唯一手出しできないとの事。
彭婆とはいったい何者でしょうか?

その夜、武如意は羅玉珊達に囲まれ、顔を傷つけられるピンチに。
そこへ現れた彭婆は、ナタで自分の腕を出血させ、羅玉珊は逃げていく。
意外と人情深い所があるんですね。

そのころ後宮では、徐慧が世民に見初められていた。

9話

承乾を襲った行商人は、承乾の命に従った張文良に父を殺害されていたと恨んでいたという。
承乾にとってはいいがかりで、しかも張文良は自害していた。
問題児の張文良を放置していた承乾を、何者かが陥れようとしているんですかね。

掖庭にいる武如意は、食事に徐慧から特別に豪華な食べ物が渡される。
機嫌よく猫にも食べ物を分け与える武如意だったが、食べた猫は突然倒れてしまう。
またもや命を狙われる武如意。最近の武如意は試練ばかりですね。

犯人は劉蘭萱という徳妃の侍女の独断です。
未だに武如意は脅威として、よく思わない人が多い様子です。

夜になると、壁を隔てて武如意は親友の徐慧に会いに行く。
そこで2人は義姉妹の誓いをした。

そして通りかかった彭婆は、武如意がとある男の回し者でないと誤解を解く。
彭婆は名家の乳母で、3人の子を育て、その中の一人の坊ちゃんに大切に面倒を見て貰っていた。

しかし坊ちゃんの一家は、彭婆が可愛がっていた子の一人に皆殺しにされたという。
それで恨むなら、彭婆の気持ちも分かる気がしますね。

羅玉珊は呼び出され、投獄されてる鄭子章が亡くなったと伝えられる。
愛した男を亡くして放心する。

そんな羅玉珊を武如意が励ましに行き、文字を読めない羅玉珊が韋貴妃に騙されていたと判明。
羅玉珊は鄭子章を恨んでいたが、誤解だったと気付く。
誤解したまま愛した男が亡くなるなんて悲しいです。

その後、羅玉珊は顔を傷つけたと春盈に報告し、同時に真相を知って取り乱す。
春盈を殺し損ねた羅玉珊は掖庭の獄に入れられる。

武如意の傷はフェイクだった。

6話~9話の感想

後宮の血なまぐささが判明していく話ばかり。
世民ですら手出しできない韋貴妃は後宮ではやりたい放題です。

元は天真爛漫だったそうですが、後宮って人の人格すら変えてしまうんですね。
皇帝になっていく武如意にもそういった変化があったりするのでしょうか?
負傷した承乾や、騙されていた羅玉珊といい、後宮の周辺も厳しい世界観です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です