武則天-The Empress-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
世民の狩りに付いていき、置き去りにされた媚娘。
世民は、これからは媚娘を二度と長安に入れないように生活させるつもりでいる。
そんな世民の考えとは裏腹に、媚娘は命を狙われます。

媚娘のそばには護衛はいません。
このままでは媚娘の命が危険です。
承乾や呉王が媚娘を守ろうとしているはずですが、媚娘は助かるのでしょうか?

【武則天】(ネタバレあり)

25話

媚娘を置き去りにした世民だったが、引き返しに行く。
唐を大事にする世民も、それほどまでに媚娘を大事に思っているんですね。

そんな中、媚娘は刃物を払い、命を狙う男から逃げていた。
クロスボウの襲撃から逃げる様子を雉奴と世民が発見した所、矢をかすめた媚娘は倒れる。
絶体絶命のピンチに、身を挺して媚娘を守った承乾。

そして、世民は男を弓で撃退すると、男は口を割らずに自害した。
その後、話を聞いた魏王は承乾が媚娘に近付く事をよく思わない。
再び魏王は承乾を陥れようとする。
魏王は後継の座を狙っています。こそこそとずる賢いやつです。

長安に留まる事になった媚娘。
媚娘を殺させようとした疑いで長孫は世民に怒られる。
危険だったものの、そのおかげで媚娘は長安追放を逃れました。

唐の滅亡の噂は媚娘から皇太子へと向く。
国運を変える為に皇太子を廃するべきだと張元済から声が上がる。
張元済は捕らえられたものの、承乾は追い込まれます。

媚娘は殺すべきだったと取り乱す承乾に、魏徴は再び手を組むべきだと諭す。

26話

皇太子を陥れようとした張元済は拷問にかけられるが、誰の差し金か自白しない。
長孫は韋家にメリットがないと判断し、疑いの矛先は世民の息子に向かう事を世民に話す。
知恵と度胸があり、野心と欲望を秘めたある人物が思い浮かびます。

媚娘は皇太子妃を通じて助けてくれた承乾にお礼を言う。
さらに媚娘は、武氏を突き止めずに亡くなった李淳風の代わりに占いを行うよう魏徴に伝える。
他の誰かを武氏に仕立て上げるつもりです。媚娘にしては冷酷な案ですね。

その後、媚娘と世民は彭婆を訪れるも、途中で彭婆が世民を思い出して自暴自棄になる。
しかたなく世民は彭婆から離れ、取り乱した彭婆はそのまま体調が悪化。
世民を恨むと言ったきり、世民たち兄弟の思い出の場であるブランコの上で亡くなった。
彭婆の内心は世民を許せているのでしょうか?仲直りできずに終わってしまったのは悲しいです。

魏徴は郷里や官名、爵位まで武の付く、女帝武氏には媚娘よりうってつけの者を世民に伝える。
しかし、長孫は実力者である媚娘を跡継ぎに厄介になるのではないかと恐れ、心配は絶えない。
そこで世民は、媚娘の子を身ごもらないと納得させた。
媚娘としては一安心ですが、子供を作れないとなるとどういう心境になるのでしょうか。

27話

女帝武氏の噂が途絶え、媚娘を陥れられなかった魏王は新たな策を練っていた。
媚娘が長安に戻り、世民との距離が出来てしまう徐慧の隙を突く。
魏王は徐慧の悩みを利用して籠絡するつもりです。ずる賢いですね。

淑妃は優秀な媚娘を取り込もうとするも、媚娘は命を救われた承乾に傾く。
その一方で、媚娘と徐慧の間に溝が出来ている事を淑妃は見抜いていた。
徐慧は、世民を競うライバルとして媚娘を見ているのでしょうか?

その後、徐慧は媚娘がいる限りは世民にとって影の存在でしかないと思い、葛藤する。
挙句には、媚娘から貰った義姉妹の証である腕輪を割ってしまう徐慧。
媚娘は何も悪くないのですが。。。

そして徐慧は、魏王と手を組む事を決め、
皇太子を倒すのを条件に世民の寵愛を受ける援助受ける事に。
まさか媚娘の親友である徐慧が敵になってしまうとは。

承乾と世民の仲は良くなっていき、世民は皇太子を変える気はないと言う。
しかし、裏では称心を逃がそうとする承乾を狙った魏王が何やら企んでいる様子。
間もなく承乾が称心と男色に耽って唐が傾くという訴えが届く。
魏王は嫌らしい事をします。

世民は民を納得させるために称心を殺せと命じる。
称心を大事にしている承乾にとっては苦渋の決断になります。

蕭薔はお腹の子を失う夢を見ていた。

25話-27話の感想

媚娘は無事、長安に残る事ができましたね。
しかし、世民との子は望めなくなりました。
しかも、徐慧は密かに敵となっています。

せっかく良い流れだったのに後宮に安定はないのでしょうか?
承乾はというと魏王の策によって承乾を殺さなくてはならなくなりました。

蕭薔はというと、韋家の者に囲まれて子を宿そうとしてますが、
不吉な空気が漂っていますね。
新たな問題が次から次へと大変な回でした。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です