武則天-The Empress-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は徐慧の企みは文娘によって阻止され、なんとか魏徴の遺言は守られました。
しかし、このまま徐慧が黙ってるのかどうか気になりますね。
人を殺めてしまった徐慧の悪行が更にヒートアップしてしまうのではないかとヒヤヒヤさせられます。

候君集を牢に入れた事で、承乾は謀反を起こさずに済むのでしょうか?
文娘殺害の犯人に迫る端安の動きにも注目していきたい所です。

【武則天】(ネタバレあり)

34話

死を前にした魏徴は、皇太子を廃するか世民に聞いて亡くなった。
魏徴の死を悲しむ承乾は皇太子妃に、称心を寵愛する理由を話す。
称心は承乾の幼馴染に似ており、その幼馴染は殺害されている。
承乾は、幼馴染が殺されたのと世民が山で称心の首を切ったのを重ね合わせてます。友人思いな故に謀反の動機にならないか心配です。

白絹がかけられた魏徴の棺が運ばれる。
牢から出された候君集と承乾は謀反を決意。
本来は白絹は皇太子を廃さないという意味です。しかし、徐慧によってその意味は廃するという真逆の意味に書き換えられてしまいました。

兵を集めた承乾に、媚娘は止めに入り剣を向けて承乾を脅すが動じない承乾は媚娘を監禁させた。
承乾は世民の警備が緩いタイミングを狙い、兵を引き連れて承慶殿に向かう。

しかし、世民は謀反を見越して大勢の兵で承乾を包囲。
外にいる候君集も他の将軍によって降参させていた。
世民は抜かりないです。

承乾が承慶殿にいる間、東宮に誰もいないのを狙って端安は監禁されてる媚娘を救出。

35話

世民は承乾との一騎打ちを引き受け、承乾を倒す。
そこに媚娘が駆け付けると、世民は承乾に廃さなくても謀反する気だったのかと残念がる。
徐慧の仕業ですが、承乾は媚娘に騙されたと思い、媚娘は状況を飲み込めていない様子です。

世民は媚娘を連れて、なぜ皇太子と共謀して謀反したのか問う。
答えても無駄だと悟った媚娘は死を望むが、世民は媚娘と承乾を投獄した。
息子に裏切られ、立て続けに一番信頼していた女子が共謀してたと聞くと冷静じゃいられないでしょう。

掖庭に連れて行かれる媚娘を雉奴は助けようとする。
そこで雉奴は媚娘の言いつけ通り、世民の前に許しを得るまで跪く。
続いて魏王も世民に徳の高さをアピールしようと雉奴の隣で跪いた。
雨に打たれながらこのままでは熱をだしてしまいます。

世民は情の厚い兄弟を見て承乾を死罪にせず、別の場所に送るつもりでいる。
そして承乾の代わりの皇太子を考え、今までに見向きもしなかった雉奴が候補に挙がった。
雉奴なら慈悲深い上に他の兄弟と仲良く、揉め事が起こらない。

そのころ、媚娘には李牧というかつて謀反に加担した幼馴染がいると知った淑妃。
淑妃は恩人として李牧を救う芝居を打ち、引き入れようとする。

雨の中で雉奴が倒れてしまい、生まれつき体が弱い雉奴は癲癇を発症する恐れがあった。
癲癇は治らない病気とされ、全身が痙攣する発作が起きます。雉奴が発症するのは時間の問題です。

うなされながら媚娘の名を口にする雉奴の様子を見ていた世民は、媚娘について調べさせる。

36話

謀反という大罪で牢にいる媚娘だが、一足早く始末しようとする韋貴妃。
雉奴が媚娘を助けたいと淑妃に頼みに行くと、媚娘のいる掖庭に何者かが入ったとの知らせが。

世民は謀反を働きかねない他国についての議論を抜け、媚娘に尋問しに行く。
色んな人が掖庭に集結していきますね。

掖庭の牢獄を前にして、雉奴は門番に足止めされていたが、連れていたとある男が強引に侵入する。
そのまま大勢を相手にして倒していく男。
一人で何十人も倒していきます。何者でしょうか?

そのころ媚娘は、世民に殺害される夢から醒める。
すると、首を絞められ暗殺されようとしている最中だった。
そこに駆け付けた男が媚娘を救出。

続いて現れた世民が、負傷した男を治療される。
男の正体は李牧という媚娘の幼馴染だったと媚娘は徐慧に伝えた。
また徐慧に情報を漏らしてしまいましたね。李牧は謀反人の子供であり、招待を知られる訳にはいきません。

李牧は媚娘と再会すると、宮中での媚娘の生活を聞いていた李牧は共に逃げようと媚娘を誘う。
しかし、昔とは変わってしまったという媚娘は李牧の誘いを断った。
李牧は流刑になった173名の部隊唯一の生き残りで、死地を媚娘との思い出を糧に生きて来たと言います。結ばれてほしいですね。

その後、現れた雉奴に媚娘は兄弟同士の争いを止める為に雉奴を皇太子にさせようとする。

34話-36話の感想

結局、徐慧の策によって承乾が謀反を起こしてしまいましたね。
それを予期して食い止めた世民は流石ですけど、親子の仲は最悪でしょう。
本来なら和解してたのになと思うと残念です。

いなくなった皇太子の座を、意外にも一番近いのは雉奴なのかなと。
狙っていた魏王からすれば意外でしょうね。
魏王や韋貴妃の思い通りにならなかったのだけは良かったです。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です