武則天-The Empress-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-武則天-The Empress-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

武則天


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
長孫に弁機を奪われた高陽は、決定権を持たない雉奴に朝政は長孫が牛耳っていると伝えました。
そのころ何者かによって根拠のない悪評を工作され、命をも狙われる呉王。

雉奴は呉王を信じ、長孫は呉王を警戒し、ちょっとした対立が生まれようとしてるように思えます。

【武則天】(ネタバレあり)

55話

雉奴は世民の残した遺詔を読むと、そこには媚娘との子ができたら男女問わず排除せよと書かれていた。
雉奴は無情な世民に呆れています。優しい雉奴ですから、自分の子を殺さないかもしれませんね。

そして、無力とみなされてる雉奴は、皇帝として失望させない事を亡き世民に誓う。
雉奴の補佐として長安に呼び出される呉王。
そんな呉王は刺客を率いて雉奴を殺す夢を見ていた。

その様子を見ていた間者は呉王は不忠の臣にあらず、楊青玄は未だ謀反を画策してるとして誅殺を、と記録。

楊青玄は世民への敵討ちを願う隋王朝の遺民を抱えている。
しかし、呉王に帝位を奪う気がないなら従わないという遺民。
そこで楊青玄は雉奴を殺す計画を遺民と共に練る。
呉王の悪夢と重なって本当にやりかねないのが不吉です。

羽林軍の空いた副統領には、大臣たちの意見によって呉王でなく顧慎行を据える事に。
雉奴が唯一信頼していた許敬宗は長孫に弱みを掴まれ左遷する。
呉王を長安に戻すのが厳しくなりましたね。

一方、皇后は雉奴に振り向いてもらえず、更には雉奴に寵愛されてる蕭淑妃の子に恥を晒されていた。
そこで皇后は雉奴が最も寵愛している媚娘を籠絡して蕭淑妃を憤慨させようとする。

一月後に雉奴を仕留めようとする隋の遺族。
その事を知っている長孫は呉王を捕えようとするが、既に呉王は長安に向かっていた。

皇后が媚娘に会いに行くと既に寺を抜けていた媚娘は長安からの脱出を図っている。
そこに雉奴が駆け付けて媚娘を呼び止めると、隋の遺族に見つかってしまった所、救援する呉王。

56話

呉王は雉奴と媚娘を助け、主犯である楊沫を楊青玄が尻尾を掴まれてるからと裏切り、刃物を突き刺した。
刺客の情報を呉王に伝えたのは楊青玄だという呉王。
元は組んでいた関係とはいえ、楊青玄は打算的に動く女で容赦ないですね。

雉奴向け最後に楊沫が放った矢を、身を挺して庇って気絶する媚娘。
そして雉奴は媚娘を皇宮に住まわせる事に。

長孫は最後に呉王に送った間者である李恭の死体を隈なく調べる。
すると李恭が背後から刺されているのが発覚。
乱闘に紛れて殺されたと解釈できます。これにより長孫は呉王への警戒を強めてしまいました。

長安に戻り、世民の子を宿した媚娘は太妃として封じられる。
端安と再会を果たすと、媚娘は後宮での話を聞く。
媚娘が長安に戻ったと聞いた蕭淑妃は媚娘を警戒し、見張りを付けた。
雉奴が媚娘を寵愛してる事を知ってる蕭淑妃は我儘な性格です。媚娘は面倒ごとを避けてますが、またややこしくなりそうな予感がします。

媚娘を訪ねる皇后と蕭淑妃はお互いに貶し合う。
長孫の後ろ盾のある皇后と雉奴に寵愛されてる蕭淑妃の関係は険悪さを増してきてますね。

57話

皇后に口答えする蕭淑妃をたしなめる媚娘。
媚娘は甘露殿に呼び出される。

そこでは雉奴らが人形劇で世民が媚娘という名を授ける様子を披露した。
世民は媚娘がいない間に思い出を語り、それを劇で見せよと言っていたという雉奴。
媚娘は世民の最期に立ち会えませんでしたが、大事にされてたと知って報われたのではないでしょうか。

しかし、それは雉奴の作り話だった。
その後、承慶殿に向かった媚娘は世民との思い出を回想する。

雉奴も承慶殿に訪れると、媚娘は長孫に対抗すべく案を話し、雉奴と考えが一致した。
朝廷で仕えてる重臣の大半は関隴集団で、唐ではなく家族や士族に忠義を尽くしている。

その中でさげすまれてる寒門の子弟を利用しようという。
さらに媚娘は、長孫の忠義を得る方法を考えていた。

かつて世民が左遷した李勣を左遷した後、雉奴に李勣を抜選させて信頼を得たように、長孫を従わせようとする。

一方媚娘の事で雉奴を籠絡して倫理に背かせるのではないかと心配する長孫。
雉奴は李義府にとある大臣の不正を働いた証拠を集め、奏上するよう命令する。

すると朝廷で李義府は褚遂良の悪事を暴き、雉奴は褚遂良を左遷。
続いて長孫を弾刻しようとする大臣が現れるが、雉奴はその大臣を即刻斬らせた。
長孫を味方にする為とはいえ、酷い案を媚娘は考えるようになりましたね。

権威を盾にする李素節にいじめられてる少年を助ける媚娘。

55話-57話の感想

長安に戻った媚娘ですが、気が向かないようで留まるつもりはなさそうですね。
それとは別に媚娘の存在を知った皇后と蕭淑妃は雉奴に寵愛されてる媚娘に近付こうとしてます。

また、媚娘の助言によってあの優しい雉奴が大臣を犠牲にしてまで長安を味方に付けようとしたのは驚きでした。
世民の残虐さに呆れてた雉奴ですが、皇帝という立場を強くするには仕方ないんですかね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です