海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
帝都に戻り参内した牧雲陸は、皇帝から禁足を命じられる。蘇語凝は、牧雲笙との婚儀の準備が早速行われることになっていた。一方、穆如寒江は、穆如槊によって、穆如家の屋敷に囚われていた。

宛州から牧雲欒が帝都にやってくる。牧雲欒は、伝国玉璽の偽造の件で、皇帝に疑心をもたれており、その釈明のために、息子の牧雲徳を連れて、皇宮へ行く。そして、皇帝の前で、息子をうらぎり、罪を着せるのだった。

蘇語凝の婚儀が行われることになりそうですね。寒江は何か行動を起こすのかしら?今回は、31話から33話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

31話 唯一の友

穆如寒江は、侍女たちの話から、蘇語凝が牧雲笙に嫁ぐことを知る。
寒江の耳にも届いてしまいました!

穆如寒江が、兄の穆如寒山と共に先祖の墓参りに行くと、牧雲笙が会いに来る。しかし、寒江は、目を合わせようともせず、冷たくあしらう。

穆如槊がそんな態度の寒江を批難すると、寒江は、大切なものを友に奪われたらどうすべきか考えていたと言い返すのだった。
ショックが大きいのですね!

そして、穆如槊は、寒江の手足にまた、鎖をはめる。牧雲笙が皇帝になり、蘇語凝が皇后になるという2つの予言が、予言通りとなり、寒江が帝位を奪うというもうひとつの予言を絶対に的中させないためであった。
鎖をはめたくらいで防げる?

牧雲笙は、寒江から冷たくされ、落胆していた。盼兮に許嫁の意味を聞かれ、牧雲笙は、ふと寒江が自分を避けた理由に気づく。

再度会いに来た牧雲笙は、寒江に、友はお前一人だけであることを告げ、寒江にとっての英雄は誰かと尋ねる。寒江は、穆如槊と答えるのだが、穆如槊は皇帝を妄信するので、くずであり、牧雲笙は皇帝になるべきじゃないと言い放つ。
寒江の言葉を聞いて、穆如槊が喜んでいましたね♪
すると、牧雲笙が、自分にとっての英雄は、お前だと寒江に告げる。

牧雲笙は、寒江に、いつの日か自分が予言の通りに、天下に災いをもたらしたら、お前はどうすると、問いを投げる。それを聞いて穆如槊は答えるなと叫ぶのだった。

32話 動き出す陰謀

牧雲笙は、穆如槊に、穆如寒江を解放するように命じ、鎖がはずされた。
よかった!

牧雲笙は、寒江と二人きりになったときに、もし、自分が天下に災いをもたらしたら、その時には自分を殺すようにと寒江に頼んでいた。
すごいことを頼みますね!

皇后は、牧雲欒に促され、こっそり皇宮を出て、終身蟄居の身である息子の牧雲合戈に会いに行く。皇后は、息子のやつれた姿を見て、牧雲欒に合戈を自由にしてほしいとお願いをする。

牧雲笙は、寒江を蘇語凝に会わせるために皇宮へ連れていく。

蘇語凝が、婚儀の礼服を着ることを拒んでいるところに、牧雲笙が部屋に入ってくる。蘇語凝は、牧雲笙に、自分には想い人がいるので、結婚できないことを告げる。

二人が話しているところにふらっと入って来た寒江に、蘇語凝がなぜ会いに来たのかとたずねる。牧雲笙が素直に想いを伝えるように促すが、寒江は、意地を張り、二人のお祝いを言うために来たと答える。その返事に蘇語凝は深く傷つく。
寒江は素直じゃないですね!

妓楼送りとなった南枯月漓のところに、父の南枯棋に恨みをもつ男が客としてやってくる。その男から、未来の皇后が、かつて皇宮で、疎ましく思って、崖から突き落とした蘇語凝であることを知る。南枯月漓は、その男が自分のことを見下すことばかり言うので、殺してしまうのだった。
恐ろしい人間になっていますね!

33話 永遠の誓い

牧雲徳は、蘭鈺児の買い物に付き合い、町に出る。そして、蘭鈺児に頼み事をする。それは、牧雲笙に宴に出ないように伝えることだった。どうしても出るなら酒を飲まないようにと。飲めば正気を失うというのだった。
父への裏切り行為をするのですね!

妓楼から逃げ出した女を見かけ、牧雲徳は、屋敷に連れ帰る。
大きな問題が起こりそうですね!

盼兮が婚儀のことで心を痛めていることを知った牧雲笙は、私の心は君のものだと告げ、結婚を父上に取り消してもらうと約束をする。
結婚を取り消してもらえるのかしら?

牧雲欒は、牧雲徳が町から連れ帰った女は、皇帝暗殺を企てた罪で皇宮を追われた南枯月漓であることを牧雲徳に告げる。南枯月漓を口封じの秘術を使って、早く殺すように命じる。

牧雲笙が、皇帝のところに行き、蘇語凝との結婚を取り消してほしいとお願いをするが、皇帝は、まったく聞き入れなかった。牧雲笙の大切な者の命を盾にしてでも従わせると言って、牧雲笙に脅しまでかけるのだった。

皇帝は、牧雲笙がもし皇帝になれなければ、皇宮で生き延びることができないと考え、牧雲笙を守るために言っていたのだった。
父の子を思う心なのですね!

牧雲欒は、牧雲徳が手に入れた星の巡りが読める星典を持って、星読みの苓鶴清のところに行く。星典をほしがっている苓鶴清に、牧雲欒は、代々伝わる秘術の力を貸してくれと告げる。

31話から33話の感想

牧雲笙の覚悟が凄かったですね。もし、自分が天下に災いをもたらしたら殺すようにと寒江に頼むなんて!唯一の友だちだけど、いい関係ですね!

その友だちが愛する女性と結婚することになってしまうなんて・・・牧雲笙も盼兮という愛する女性がいるのですから、この結婚の話はなくなってしまえばいいのですが、皇帝はそんなに簡単には聞いてくれないでしょうね。

でも、寒江は蘇語凝に素直じゃないですね。せっかく牧雲笙が蘇語凝と会う機会を作ってくれたのに・・・

そして、宴に向けて、牧雲笙を取り巻く人たちの間には、いろいろな思惑があるようで、一波乱がありそうですね。牧雲笙が宴に出なければいいのですが、そういう訳にはいかないでしょうね。お酒を飲むようにすすめられたら、どう切り抜けるのかしら?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です