海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宮中では、皇家一族が集まり、牧雲笙の婚約の儀が行なわれることになった。しかし、牧雲笙は、蘇語凝への結納品にけちをつけ、婚約の儀を中断させてしまう。

そして、杯に手を伸ばし、酒を飲みほすと、突然、剣舞を舞い始め、皇帝一族を批難し、暴れまわる。

それを見ていた苓鶴清が、秘術を使って牧雲笙を殺そうとするが、そこに盼兮も現れ、戦いになる。しかし、ものすごい力が発せられ、皆が吹き飛ばされてしまう。

その中を牧雲笙は、盼兮を抱えて逃げ出すが、その途中で黒い影に包まれてしまう。

牧雲笙は、皇帝から怒りを買いそうですね。大丈夫かしら?そして、盼兮が心配になりますね。今回は、37話から39話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

37話 盼兮誅殺

居並ぶ廷臣たちに迫られ、銀容に続き、息子の愛する者をも皇帝は排除しなければならない立場に苦悩しながらも、ついに盼兮誅殺の勅令を発した。
廷臣たちに押し切られてしまったようですね!

観星閣では、苓鶴清が、皇帝からの誅殺の勅命を果たそうと、盼兮と対峙していた。
盼兮は捕まってしまったのですね!

苓鶴清は、盼兮を捕えた黒い影から預かった降魅の利器である寒氷刺を、盼兮に見せる。そして、黒い影は、名はないが、使命は大地の安寧の守護であることを話す。

最後にもう一度牧雲笙に会わせてほしいという願いがかない、盼兮は、牧雲笙の前に最後の姿を見せるのだが、苓鶴清に刺されて、命を失う。
あっけなく殺されてしまいました!

牧雲笙は、消えてしまった盼兮を探しに、観星閣に行くのだが、苓鶴清から、散り果てた魅は二度と戻らないと告げられる。牧雲笙は、これからは運命など信じぬ、やりたいことをやると言って、星軌を壊してしまう。
それがいいですね!

牧雲笙の騒ぎを聞いた穆如寒江は、宮中に急いで向かうと、鎖でつながれた牧雲笙を見つける。牧雲笙は、寒江に、蘇語凝と一緒にここから離れるように命令する。牧雲笙は、この先自分の生きる道は戦いのみだと告げる。

38話 八大部族の秘密

牧雲笙の命令に従って、穆如寒江は、蘇語凝を迎えに行く。蘇語凝は、失くしてしまったという鉄飾りの腕輪を探していたのだが、寒江は、時間がないと言って、蘇語凝をむりやり連れ出して、帝都から出奔する。
大きな問題になりそうですね!

一方、碩風和葉と碩風蘇赫は、幻視の中で見た巨人の祭壇にたどり着く。

蘇赫は、和葉から雪狼王の心臓を受け取ると、身に秘めた力で、今は亡き鉄沁王と部族の王たちを召喚する。

蘇赫は、300年前の冬の日の八大部族の結束が壊れた日を目の前に見せるのだった。
すごい力ですね!

かつて牧雲と穆如は碩風の小さな部族だったが、神が与えようとした馬を盗み、騎兵を組織し、晨朝を倒したのだった。八大部族はそれぞれの分野に卓越しており、その力を合わせて、穆如と戦おうと、鉄沁王と八大部族の王たちが立ち上がっていた。
牧雲と穆如は裏切り者だったのですね!

そこへ、天の使者という皇極経天派の祭司である苓羽烽がやってきて、穆如との戦いは負けると告げる。そして、鉄沁王は、真の鉄沁ではないことを明かす。

鉄沁王は自分が真の鉄沁であることを見せるために、鉄王剣を抜こうとするのだが、苓羽烽は、それを制止し、秘術を使って、鉄王剣に、八大部族の絆を失わせる相克の呪いをかける。

それによって、鉄沁が、鉄王剣を抜こうとすると、八大部族の王たちが剣をめぐって、熾烈な争いを始めてしまう。
壮絶な争いです!

39話 抜かれた鉄王剣

碩風蘇赫が、300年前の話の続きをする。呪いによって、八大部族の王たちは殺し合って果てた。鉄沁王は生き残ったのだが、穆如の大軍に敗北し、牧雲の銀羽矢で死んだ。以来、我々は穆如鉄騎の支配を受けてきた。そして、時が過ぎ、我らは、牧雲と穆如が同族だったことを忘れ、部族間の絆も忘れてしまったのだと。

それを知った碩風和葉は、新たな鉄沁王として牧雲王朝と戦うことを決意する。

碩風蘇赫は、和葉から夸父斧を受け取り、祝福の秘術を使い、血の呪いを解く。そして、和葉が鉄沁の証しである鉄王剣を火山から抜き、鉄沁王となった。
思いを遂げましたね!

しかし、蘇赫は、自分の命をかけて秘術を使ったことで、気を失ってしまう。
大丈夫かしら?

帝都では、観星閣を焼失させた牧雲笙に、皇帝から幽閉の命が下る。
仕方ないかも!

苓鶴清は、この炎上によって、先師の秘宝である「星雲球」を失い、終末が始まることを皇帝に予言する。しかし、苓鶴清は、祭司の職を解かれ、投獄される。

穆如槊は、寒江が蘇語凝をさらったことで、皇帝の信頼を損ねてしまったことに激怒し、自らの手で寒江の命を取ることを決心する。馬で出かけようとする穆如槊を、妻の牧雲嫣が行く手を阻むのだが、穆如槊は妻の話を取り合わず、牧雲嫣は自害する。
穆如槊は、本当に頑なな人ですね!

37話から39話の感想

牧雲笙が盼兮を失って、大胆な行動に出ましたね。予言のために人生をふりまわされている牧雲笙には、観星閣を消滅させたかったのでしょうね。その結果、幽閉ということになってしまったけど、元々幽閉とあまり変わらない生活ではありましたね。ただ、部屋が真っ暗でした。日の光がまったく入らないのはつらいですね!

そして、碩風和葉がずっと思い続けていた鉄沁になることができました。300年前の謎も解け、牧雲と穆如と戦うことに邁進しそうです。牧雲も穆如も元々は仲間だったのに、裏切りをしていたのですものね。恨みが一層募りますね。

穆如槊が、妻の牧雲嫣を自害させてしまったのはひどいですね。寒江が知ったら、どう思うかしら?やっと実母に会えたのに・・・牧雲嫣の思いが、穆如槊の心に変化をもたらしてくれればいいのですが。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です