海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-67話-68話-69話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
牧雲合戈は、南枯月漓が鮫族の湄音を殺してくれたことを喜び、お互いに愛を確かめ合うのだが、合戈は薛或の娘を皇后にするという約束を密かにしていたのだった。

軍馬をすべて失った穆如鉄騎は、窮地に陥るが、穆如寒山は、穆如家のために命を捨てる覚悟で戦うことを決め、穆如槊は、帝都に戻って孤立無援の皇帝を助けることを選ぶ。

穆如寒江は、牧雲徳から、皇帝が牧雲笙を殺そうとしているのを知り、牧雲笙を守るために牧雲笙のもとを訪れる。

皇帝が何かを覚悟しているようです。どうする気なのでしょうか?今回は、67話から69話までをご紹介いたします。

67話 決戦の時

赫蘭鉄轅の「戦え」の声で、赫蘭軍が一斉に立ち向かう。それを見て、穆如軍は矢を放ち、攻防が始まる。
戦いが始まりました!

皇帝のもとへ、牧雲笙が穆如寒江と一緒に向かう。皇帝は、親王たちからの奏書を牧雲笙に見せ、牧雲笙と寒江にどうすべきであるか意見を聞く。

赫蘭鉄轅は、穆如の攻撃を封じる切り札として、人質にした牧雲厳霜を前線に連れ出し、穆如寒山を挑発する。
ずるいことをしますね!

公主を傷つけるわけにはいかない寒山は、攻撃をためらい、弓を引けという命令を出すことができなくなる。

厳霜は、弓を引けと命じるが、寒山は、部隊に下がれと命じる。
厳霜も勇敢ですね!

そこへ碩風和葉が前に進み、女を盾にして戦うなど、瀚州の男として恥ずかしくないのかと訴える。それを聞いて、奮い立った男たちが、一斉に穆如に襲いかかり、決戦が始まった。
和葉はさらに立派ですね!

穆如槊は一人皇帝のもとへ向かっていた。
馬もなく荒涼とした大地をひたすら歩いているのですね!

穆如が優勢に戦いを進め、赫蘭は多数の死者を出していた。

長い間、牢に入れられていた苓鶴清を墨禹辰が牢から出すが、墨禹辰は、皇極経天派の時代は終わり、今の主流は羽族墨算であることを告げる。

68話 皇帝の死

牧雲徳は、苓鶴清に皇極経天派の名誉回復を約束するかわりに、秘術を使って、ある人物を惑わしてほしいと頼む。しかし、苓鶴清から断られると、墨禹辰が苓鶴清に自分の奴隷になるという秘術をかける。
恐ろしい秘術ですね!

牢にいる皇后のところに乳母の阿善が訪ね、牧雲合戈が無事に都に戻ったことを告げ、何とか合戈に会えるようにすると約束をするが、皇后は信じなかった。

苓鶴清が、穆如寒江の前に現れる。蘇語凝から連れてくるように頼まれたと言われ、寒江は不審に思うのだが、苓鶴清について行くことにする。
大丈夫かしら?

阿善は、皇后が今までに皇帝あてに贈った詩文をたくさん携えて、皇后が合戈に会えるように直訴しに皇帝のもとへ行く。

牧雲笙が皇帝を訪ねようと寝殿へ向かうと、門前の見張りの兵士たちが血を流して倒れていた。そして、寒江も血に染まった剣を手にし、倒れこむのだった。
何があったのでしょう?

急いで皇帝の寝殿に入っていくと、そこにはすでに事切れた父の姿があるのだった。

牧雲笙はかつてのように父を生き返らせようと秘術を使うが、秘術は効かなかった。
今度は生き返らせることができなかったのですね!

呉如意が、皇帝と阿善を殺したのは、穆如寒江であると告げるが、牧雲笙は信じなかった。

呉如意が、寒江が陛下を殺したと言って触れまわっているところに、牧雲合戈が来て、呉如意を剣で一突きして、殺してしまう。
有無をも言わせず殺してしまいましたね!

69話 真犯人

穆如寒江は、皇帝殺害の罪で囚われの身となってしまう。

穆如は、赫蘭と対峙し、すでに11日が経っており、穆如寒山は、戦いを挑むことを決心する。そして、穆如軍が靖公主を守ろうと取り囲んで戦うのだが、穆如軍は全滅してしまう。
厳しい戦いでしたね!

穆如寒川は、先祖の墓前の前で、穆如の血脈を守り、寒江の冤罪を晴らすことを誓う。

牧雲笙は、寒江の無実を信じていた。真相を知るため、秘術を使って当時の情景を見ると、皇帝のもとを訪れていたのは、皇后の乳母の阿善で、皇后を釈放し、牧雲合戈との面会を許してほしいと懇願していた。
阿善は皇后のために必死ですね!

しかし、皇帝から冷たくあしらわれた阿善が、皇帝の胸に剣を突き立てたのだった。そこに寒江が入って来て、寒江が阿善を殺したことを牧雲笙が知るのだが、墨禹辰が姿を現わし、牧雲笙を操ることになる。

牧雲合戈は皇后と一緒に牧雲笙を訪ねる。そして、牧雲合戈は、牧雲笙に2通の詔書に署名をさせる。1通は、寒江に皇帝殺害の罪を宣告するもので、穆如一族全員を有罪とし、死罪に処すというものだった。もう1通は、穆如と牧雲との盟約を壊した自らの罪を認めるもので、太子の座を自ら廃するというものだった。

檻に入れられ、城壁から吊り下げられていた寒江は、同じように檻に入れられた牧雲笙と再会する。
目立つところから吊り下げられているようです!

赫蘭たちが、勝利の喜びで沸いている中、赫蘭鉄朶が戻って来る。

67話から69話の感想

今回は、大きな展開がありましたね。穆如鉄騎が負けてしまいました!馬を逃がされてしまったことは大きな痛手でしたよね。穆如寒山がなんとか踏ん張っていたようですが、穆如鉄騎に馬がなければ厳しいですよね。穆如寒山が殺されるシーンはなかったので、捕えられたのかしら?

そして、あっけなく皇帝が殺されてしまったこともびっくりでした。まさか阿善に殺されるなんて皇帝が考えもしなかったのでしょうね。無防備でしたね。でも、何度も剣で刺されるなんて、かなり情けない死に方ですね。

それから、穆如寒江ですよね。冤罪で捕まってしまいました。あんなところから吊り下げられて、あれでは逃げることもできないですね。牧雲笙も墨禹辰に操られていて、厳しい状況です。いよいよドラマも終盤が近づいてきましたが、どんな結末を迎えるのかしら?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です