海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-最終回(75話)-結末は!?

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-最終回(75話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
牧雲合戈が即位式を行っているときに、虞心忌率いる穆如鉄騎がなだれ込み、まず、薛或を殺し、そして、合戈をも殺す。合戈を殺された皇太后はその場で自害してしまう。

南枯月漓は、合戈から贈られた豪華な衣装をまとい、婚儀の準備を整え、迎えを待っていたのだが、穆如鉄騎が来たことで、裏切られたことに気づき、自害する。

碩風和葉は瀚州に戻ったが、穆如鉄騎の兵に追われ、崖から飛び降りて大けがをする。しかし、そこに馳狼が来て、黒い森に連れて行かれる。

牧雲の捕虜となっていた速沁紫炎のところに、”あの人“と名乗る謎の人物がやって来て、奴隷になることを告げられる。

さて、最終話となりました。黒い森の“あの人”と呼ばれる人物が現れ、戦いがまた始まるのでしょうか?では、75話をご紹介いたします。

75話 流浪者たち

”あの人”と名乗る謎の人物が現れ、捕虜となっていた速沁紫炎に、永遠の命と力を授けるが、その代償として、すべてを差し出せと言われる。それは、今後二度と善意を抱くことはなく、復讐心だけで生きていくというものだった。
永遠の命と引き換えに善意の心を奪われるのですね!

「お前や部族の者たちを傷つけた人間どもを罰してやる。奴らは子々孫々お前の子が振るうムチの前に叫ぶだろうが、許されることはないのだ」と告げられ、紫炎は、奴隷になることを望むのだった。

皇帝となった牧雲笙は、内なる魔を封じるべく、自ら天牢にこもる。

河洛族のところにいる哈斯聡が伝国玉璽の在りかを解いたと言って、地図を描く。ファラケス王は、玉璽が人族の皇宮にあることに気づく。

その頃、天牢にいる牧雲笙が玉璽の半分を見つける。そこに龍錦煥が現れ、魅族の楽土と引き換えに盼兮を探すという約束を果たしに来たと告げる。牧雲笙は信じなかったのだが、盼兮が復活する場所へ案内すると告げられると、龍袍を脱ぎ捨て、旅立ちを決意する。
決心したのですね!

流刑となった穆如一族は、氷雪の殤州への過酷な旅を続けていた。穆如寒江は、一族を追いかけ、同行する。しかし、穆如槊は、寒江についてくるなと告げ、携えてきた果物も薬も受け取ろうとせず、冷たくあしらい、突き放す。

それでも寒江は行動を共にした。そこに突然、蘇語凝が姿を現わす。蘇語凝はずっと待っていたのだった。しかし、寒江は本心を告げず、蘇語凝を突き放すのだった。
牢から出て待っていたのですね!

蘇語凝は待っていると大声で叫び、立ち去る。
寒江は何度も振り返り、後ろ髪を引かれていましたね!

九州客桟では、秦玉豊が南枯月漓の看病をしていた。靖王と慶王の軍が来て、帝都が籠城戦になることを知らされ、二人は逃げることになる。
月漓は生きていたのですね!

穆如一族は船に乗っていた。穆如槊が殤州に人族の城を築けば中州に帰れるのだと言うと、穆如寒江は、穆如に正々堂々と中州の土を踏ませてみせると誓うのだった。

氷雪の大地で、巨人が雄叫びをあげている。
また戦いが始まるのですね!

75話の感想

とうとう終わってしまいました。でも、なんだか何も解決していなくて、すっきりしないですね。予言の通りに、穆如寒江が天下をとって、蘇語凝が皇后になるものとばっかり思っていたので、あら!終わってしまったという感じですね。

でも、3人それぞれが思うところに向かっていっているので、新たな人生が始まるということなのでしょうか?

速沁紫炎が”あの人“から言われたことや南枯月漓が生きていたことに、何か含みがあるのでしょうね。戦いは永遠に終わらない。人間は戦いを終えることができないということなのかと思います。

でも、穆如一族が氷雪の地で苦しみ続けるのは、あまりにかわいそうですよね。牧雲家を守るために命を懸けて戦ってきたのに・・・でも、城を築けば戻れるという希望はありましたね。希望があれば生きていくことができますね♪最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です