独孤伽羅-どっこから-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
疑いのはれた伽羅は、曼陀の婚儀で李昞や李澄と顔をあわさないように、済慈院で、宇文邕と一緒に過ごす。

曼陀の婚儀が行われたのだが、来賓もなく、誰からも祝福されない、質素なものであった。見送りもしてもらえず、曼陀は、独孤信から冷たくあしらわれたのだった。

曼陀は、自分のやったことに反省のかけらも見られないですね。父親からもこんな風に冷たくされたら、また何かしそうでこわいですね!では、今回は、13話から15話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

13話 危険な噂

独孤信は、曼陀の態度にあきれはて、早く見送るように侍女に告げる。そこへ、楊堅が来て、自分に見送らせてほしいと願いでて、楊堅だけが見送るのだった。
楊堅のやさしさですね!

そのあと、外では悪い噂話がたつ。それは、伽羅の婚約解消は、輔城王(宇文邕)に嫁がせたいと言う独孤信の企てで、子のない皇帝が崩御したら、弟の輔城王を皇帝に推すだろうというものだった。

独孤信は、その噂の釈明のために参内する。皇帝は、表向きは平静を装うが、このまま世継ぎができないことを恐れていた。

独孤信は、噂話の出所が、曼陀とわかり、曼陀と侍女を問い詰める。すると、曼陀は、開き直り、伽羅と輔城王への仕返しだと言い、暴言を吐きまくる。
開き直り方がすごいですね!

それを聞いていた独孤信は、怒りのために卒倒してしまう。しかし、心配して駆けつけた般若と伽羅に、独孤信は、足をすべらせて倒れたと言って、曼陀をかばうのだった。
やはり父親ですね!かばうのですね!

曼陀は、独孤信は事実を明かさなかったのを幸いに夫と急いで帰ろうとするが、般若は、それを許さなかった。そして、曼陀がやったことをすべてお見通しである般若は、曼陀に今回は見逃したが、次はお前を消すといって脅す。

曼陀と李昞が隴西へ向かう途中で、伽羅が父上から頼まれたものを渡すために待っていた。

14話 疲弊した心

宇文邕がまた皇帝から責められ、丸半日ひざまづくという罰を受ける。そして、罰を終え、宮廷を出たばかりの宇文邕に、花園に行くので、すぐに参内し、同行するようにと皇帝から呼ばれる。

楊堅は、独孤信を訪ね、蒲阪に帰ることを告げる。
とうとう帰ってしまうのですね!

独孤信は、伽羅と宇文邕の仲を知り、一緒にしてやりたいが、悪い噂がたっているので、それはできないと伽羅に言う。皇帝は猜疑心が強いから、宇文邕が伽羅を娶り、独孤家の支持を得て、帝位を奪うつもりだと考えている。だから、宇文邕のことを考えるなら、距離を置いたほうがいいと告げる。

花園で、宇文邕は、皇帝から更に嫌がらせを受け、倒れてしまう。
ここまでひどいことをするなんて!

宇文邕が痛めつけられたことを聞き、伽羅が宇文邕のところに駆けつける。そして、そこで伽羅は宇文邕と愛を確かめ合う。しかし、自分の側にいると危険が増すので、遠くにいってほしいと告げた。
伽羅はまだ自分の心がわからないのですね!

そして、伽羅は、父親の看病と独孤家の切り盛りに明け暮れる。

伽羅が、周家の宴に行くと、曼陀のことで嫌味を言われる。しかし、独孤家の娘のことをあれこれと言うのは許さないと言って、宇文護に助けられる。

伽羅は、食事も睡眠もとれず、心の病にかかっていた。心配して来てくれた般若に、伽羅は、心の内をすべて話すのだった。
やはりお姉さんの存在は大きいですね!

15話 嬉しい客人

般若は、屋敷に帰る途中、宇文護と偶然会う。宇文護は、般若が趙貴を利用して、夫を皇帝の座につかせようとしていることを知っているのだった。

斉の女官・陸貞が独孤家に来る。陸貞は、うつになっている伽羅を癒してあげようと、磁器作りの窯場に案内する。伽羅は、陸貞がしてくれる話しを聞いて、元気を取り戻すのだった。
伽羅にとっていい話を聞かせてもらえました!

窯場で会った女子が、独孤家の屋敷にやってくる。とても利発なので、伽羅はこの女子を自分の侍女にした。そして、名を冬曲と名付けた。
とても賢そう!伽羅とぴったり!

独孤信は、10日ぶりに朝廷に行き、自分がもっていた権限がすべて趙貴に移っていることを知る。そして、趙貴が、宇文護に真向から対立しているのを憂えるのだった。

般若は、趙貴に宇文護の暗殺をけしかけていた。独孤信のことが気になる趙貴は、般若から父は隠居して、太師の位さえ得れば満足である、という言葉を聞き、安心する。

般若の策略を知った独孤信は、般若のところに行き、やめさせようとするが、般若は、独孤の天下のための犠牲は厭わないといって、考えを曲げなかった。それを聞いて、独孤信は、般若と親子の関係を断絶する。
般若も強引ですね!

13話から15話の感想

伽羅が心の病にかかるのも無理はないですよね。曼陀からあんなひどい目にあっているのですものね。自害までしようとしたり、宇文邕も遠くに行ってしまったり、いろいろなことが重なりましたよね。

でも、宇文邕とお互いの愛を確かめ合うことができたのに、伽羅はその先までは考えてないのですね。一緒にいると危険だから自分から離れていてなんて言われたら、かなりショックですよね。

般若は、皇后になるためには、親子の縁を切ってでも突き進むのですね。無理なことをするとどこかでつまづくことになるのではないかしら?と心配になります。独孤の天下に固執し過ぎのような気がします。乱世の時代では、こんな考えになってしまうのでしょうか?宇文護の存在もとても気になりますね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です