独孤皇后-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回までのあらすじは、楊麗華にそそのかされて宇文贇は大量に薬を飲み突然亡くなってしまい地位争いが始まってしまう。
趙越一派は阿史那頌達ににナイフを突きつけ、逆上して襲ってきたところを高穎がかばい剣で一突きするが針でさされ亡くなってしまう。

では、40話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【独孤皇后】(ネタバレあり)

40話

尉遅容は墓の前で文姫と再会、彼女が修道女の生活に慣れ帰ることをやめたと聞く、そして父はあなたを探すために家を出でからまだ見つかっていないという。
そんな尉遅容に文姫は側にある名もなき墓に父が眠っていることを今まで言えなかったと話すと尉遅容は墓に近づき何年も探していた、さよならも言わないでと泣き崩れた。
過去の過ちを思い出し亡くなった父のシーンがあったけど、どんな気持ちで見送ったのか…母も父もとなると伽羅への逆恨みの気持ちが強くなっていくのでは?

楊麗華は宇文闡から楊堅へと禅譲されることを防ぐため、禅譲を提言した阿史那頌を殺そうとするが伽羅にいさめられ皇帝であることは簡単ではないと言われる。
そして、禅譲を受け皇帝に即位した楊堅は新しい国号を隋と定め、伽羅は皇后となり、長男楊勇は太子に冊封されることとなる。
楊麗華の行動に驚きましたが、結局結論は変えられませんでしたねー。ただこの状況をよく思わない人たちがまた邪魔をするのではないかと…。

伽羅は皇帝に即位したに、陛下の妻であることを人生最大の栄光といい私の望みはあなたのために安定した国にすることそして灰になるまで手を繋ぎ合い…と伝えた。

41話

謀反の旗頭になることに対する懸念から臣下に自決を求められた阿史那頌と宇文闡、二人を守るため伽羅は阿史那頌に我々は反対していると伝え突厥へと逃がす。
その頃、巡行中の楊勇は朝廷が送った物資を横領していた官吏を処刑し、その一報を受けた楊堅と伽羅は楊勇の成長を喜ぶ。
伽羅は苦渋の決断だったと思うけどこうでもしなければ二人の命を守れなかったんだろうなー。立場が変わっても芯のぶれない伽羅は皇后にふさわしい。

楊勇は散策中に一人の少女と出会い一目ぼれをしてしまう、名前を聞くと雲若霞といい楊勇も名前を伝え彼女が靴屋の娘だということを知る。
食事会で楊堅は家族で決意に満ちた会話が交わされ、伽羅は彼らがあなたの負担を分かち合うことができると話す、そして楊勇は結婚相手は自分で決めたいと言う。
楊勇いよいよ将来の花嫁見つけましたね。反対されるかもしれないけれどこの両親ならわかってくれると信じたいですねー。

楊堅が立場を考え平民とは結婚できないというが、伽羅は反対せず彼女に会ってみたいと伝え楊勇はとても喜んでいた。

42話

伽羅は楊勇が結婚したい相手だと語る平民の娘、雲若霞と会うが、家族の背景、不分別な人間性に失望し結婚を許そうとしない。
楊勇は納得がいかないため伽羅に話し合いをするが何を話してもあなたにはふさわしくないと言って突き放すが楊勇はあきらめなかった。
かわいそうだけどそう簡単には認めてもらえないですよね…二人の本気度を試しているのか?本当に反対しているのか?どっちなんだろう。

その頃、梁が反乱を企てている可能性が朝議で論じられ、楊勇は梁に使臣を送り忠告するよう楊堅に求めるが楊堅の考えは異なっていた。
寺院で誰かが経を唱えている声が聞こえ中に入ってみると文姫達が…伽羅は何かを察しなぜあたながここで経を読んでいるのかと尋ねると陛下のためだと文姫は言う。
何か企んでいますねー。怪しすぎます。横にいる尉遅容の目線が物語っています。また一波乱ありそうな予感がします。
 
その頃雲若霞は楊勇と一緒にいたが、宮殿にあなたを隠さなくてはいけない暗くて絶望的で気の毒に思うと話すと私は気にしない耐えることを学ばなくてはという。

40-42話感想

皇帝に即位した楊堅、そして伽羅は皇后いよいよ楊家の時代が始まりましたね。ここから順調にと行きたいところだろうけどまた邪魔をする者が現れそう。
すでに尉遅容と文姫が何かする感じが漂っているし、争いは避けられなさそうですね。阿史那頌と宇文闡無事に逃げられてよかったー。
伽羅の判断のおかげです。楊勇の一目惚れ、結婚話少しとほっこりするシーンもありましたね。後半もお楽しみに♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。