独孤皇后-あらすじ-46話-47話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回までのあらすじは、楊広は、みずからが太子となるため楊素を味方に付ける、その頃、陳の難民が隋に押し寄せ、楊堅は陳の民を救い南北統一を果たすために出征を決意する。
そして楊堅の不在中、朝廷を取りしきることになった楊勇だったが政務を雲若霞に邪魔されてしまい…。
では、46話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【独孤皇后】(ネタバレあり)

46話

楊広の企みにより王誼に耿康を殺させてしまった楊勇は、楊堅の逆鱗に触れてしまい、経緯を懸命に伝えるが自粛生活を余儀なくされてしまう。
楊素達は民の暮らしが豊かになり長期にわたる南北紛争を終わらせた皇帝と皇后を称えるべきだと、そして公の場で聖人として称えその働きかけが楊広だと強調しようと提案する。
楊広とそれを取り囲む人達の企みにまんまと乗せられてしまった楊勇、今度こそ危うくなりそう。やり方は嫌いですがこんなズル賢さがなければのし上がれないのかも?

国を失い隋で暮らすことになった陳の皇帝だった陳叔宝は楊堅達の計らいに閑職につくこととなり、楊勇と親交を深め陳の公主だった陳婉宜は伽羅に仕えたいと申し出る。
その頃、巨下は別の問題を提起し伽羅が法をねじ曲げ側室を迎えさせずにいると訴えたのだが、楊堅は伽羅にそなただけで十分だといい訴えを却下した。
この国なら…と思うような判断を下せる皇帝と皇后ですね。しかもこの時代に一夫一妻制とは簡単に真似出来る事ではなかったはず。反対も多かっただろうし。

そんな状況に納得がいかない尉遅容は文姫を呼び出して、楊堅をそそのかし伽羅に復讐することを提案するが文姫はとても困っていた。

47話

反乱軍の拠点で王誼が麟趾館から持ち出した資料が見つかり楊広は楊堅に資料を渡す、王誼にが耿康を殺した理由が…極悪非道だ反乱軍もろとも斬首せよと楊広に伝え大儀だったと褒め称える。
楊勇は無関係の自分まで反乱軍との結託を疑われるのではと恐れていて、不審に思った楊爽はそれを探るため王誼を牢から連れ出し楊堅と伽羅に事のてんまつを説明させようとするが、尉遅容に妨害される。
あと少しで誤解が解けるところだったのにー尉遅容また登場してきた…。個人的な意見ですがみんな尉遅容の事を信じすぎではないかと思ってしまいます。

真実を知っている王誼はそれを語る前に尉遅容によって毒殺されてしまう、死の間際に楊広に与していたと言い残し楊爽は不審に思い徹底的に調べると伽羅に伝えた。
楊広に疑いをもった楊爽は彼の後を着けていく全てを聞いた楊爽は太子の座を諦めるならこの話を黙っていると約束するがその言葉も耳に入らず楊爽を刺し殺してしまう。
太子の座を奪うためだけではなく兄への嫉妬や両親への恨みたいな気持ちも込められていますよね…。楊広の野望は素晴らしいですがこれでは周りの人がついて行けませんよね。

楊爽の死に尉遅容も心を痛めていたが、伽羅がむせび泣く姿を見た時は快感だったと文姫に話し、これは楊家への恨みを晴らすための第一歩だと文姫は言った。

46-47話感想

人の恨みって本当に怖いと思ってしまうストーリーが続きました。太子の座を狙う楊広は自分私欲のために人を殺すそして兄である楊勇を恨みさらに両親までとは…。
尉遅容達も同じですよね。楊家への恨みを果たすため何度も被害を…と思うと物凄い情熱です。この情熱を他にまわすことができる人だったらどんなに素晴らしいか。
それじゃストーリー的に面白くないのかもー悪役は絶対に必要?いよいよ後半どんな結末になるのか楽しみです♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。