狼殿下-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

迄貚で人質になっていた煬国第四皇子・勲王有禎が帰国しました。彼が第一皇子・有裕の死の経緯について渤王に恨みを抱いていたことから、摘星がその誤解を解こうと画策しますが、その中で渤王が狼仔ではないかと気付くことに。

渤王が狼仔だと確認出来たら、二人の仲は元通りになるのでしょうか。それによって摘星の一番になりたい疾沖はどうなっていくのでしょう。しかしそれ以上に渤王の一番になりたい皇帝の独占欲が爆発することになります。摘星を守るためまたハードルが一段高くなっていく渤王の苦難は、どこまで続いていくのでしょうか?

スポンサーリンク

【狼殿下-Fate of Love-】(ネタバレあり)

第19話「星と狼の再会」

馬摘星からの「郊外の断崖で命を懸ける」との文を見た渤王は、摘星の鈴の音を頼りに探して馬を走らせる。摘星は狼仔だろうと確認しようとするが渤王は否定を繰り返し、とうとう摘星は崖から身を投じ、渤王は助けて受け止める。密かに見ていた疾沖はその場を去る…
渤王が狼仔だと名乗らないのは、皇帝から口外を禁じられたのだと語る。民から恐れられる自分の姿に摘星が失望するのではと案じるが、摘星はかつての自分の姿に重ねて理解を見せる。渤王は王府に摘星を送り、「二度と離さぬ」と匂い袋を返す。
とうとう渤王が狼仔だと判明!それにしても摘星は危険な賭けをしましたね~

渤王府では疾沖が摘星を待ち構えて「借りを返せ」と迫り、借用書を書いた思い出の場所へ連れ出す。疾沖は渤王が狼仔なのだろうと、崖での様子を見ていたと明かす。摘星からは友達としか見られないことから疾沖は別れを告げ、摘星に三つの要求をする。「記念になる物を」と鈴の中の石玉を求める。二つ目は「憎らしい男への仕返しの協力」だという。
たかが鈴の石玉一個でも、疾沖は相手への爪痕の残し方を心得ていますね

渤王は疾沖が残した「狼守山に星がいる」という文を見て、王府を飛び出していく。馬婧は渤王の取り越し苦労だと思うが、文衍は疾沖が渤王をわざと挑発するため摘星を攫ったのだと考える。文衍ですら渤王が狼仔だと初めて知り、皇帝が渤王にどんな罰を下すのかと案じる。そこに勲王が父帝からの呼び出しを知らせるが、一同渤王の行方を言えず困惑する。
文衍たちも狼仔の過去を知らなかったとは…

狼守山に向かった渤王は摘星の鈴を発見するが、それは疾沖の仕掛けた罠だった。疾沖は渤王を「狼殿下」と呼び、三つ目の要求だとして摘星を抱きしめようとする。激怒した渤王は罠を逃れて疾沖と争いになるが、摘星が何とか止める。疾沖はいつか必ず摘星から借りを返してもらうと言って去っていく。渤王と摘星は互いの想いを確かめ合うように抱き合う。
ここで初めて「狼殿下」という言葉が!疾沖が去る時の、失恋の表情がいいですね♪

狼守山で摘星と渤王は一泊することに。摘星はこれまでの疑問を様々に尋ねるが、渤王は「狼仔にしろ渤王にしろ、星のそばにいれば幸せだ」と言う。狼仔は皇帝に拾われ、皇宮の地下に飼われていた異端児たちと共に戦の訓練を受け、渤王だけが養子にされるが、その際に傷跡も消されたのだと語る。二人は8年間の苦しみや誤解を打ち明け合う。
渤王はかなりサラッと語りましたが、なかなか闇の深い8年間ですよね

渤王府に突然皇帝が来訪する。馬婧が出していた影絵人形に目を留めた皇帝は、渤王と摘星が旧知の仲だったことを知り、二人が示し合わせて自分を欺いていたのではないかと考えたまま皇宮へ戻る。莫霄が渤王に皇帝の怒りを知らせるため、奎州城へと急ぐ。
そうとは知らず、渤王は一晩中腕枕をしていて眠れずに夜を明かす。摘星は昔のように外套で顔を隠して山査子飴を食べに行こうと誘う…
腕枕がきつかった~という表情の渤王はカワイイです!でもこれからどうなるやら…

スポンサーリンク

第20話「あの頃のように」

摘星は渤王に「街に行って、昔のように外套をすっぽりかぶって山査子飴を食べに行こう」と唆す。二人が奎州城の街に出かけると、門衛に左遷された李城主が男と歩く摘星を発見し、返り咲きの好機だと考えて摘星を咎める。李城主は男が渤王とは知らずに渤王の悪口を語り、摘星を役所につきだそうとするが、渤王だとわかって困惑する。
李城主は摘星がいたおかげで今以上の左遷にならず、命拾いしましたね♪

二人は、万安酒楼の娘・紅児が客に「化け物」と言われて荒れ、父の方店主がなだめているのを見かける。紅児の変化は、渤王が「狼と星」を作り話だと言ったためで、摘星は紅児の得意な投壺遊びで友達を作る手伝いをする。渤王は外して罰を受け、その顔を見た紅児は、かつて酒楼で出会った男だと気付く。
ほのぼのしたいい話なのに、紅児が渤王に気付いたことで不穏な空気に…

摘星は紅児に「この傷が善人と悪人を見分けてくれる」と言い聞かせる。方店主は紅児の好転に喜ぶが、紅児から摘星と一緒にいる男がかつて酒楼を貸し切った男だと聞く。莫霄が皇帝の怒りを報告したため、渤王らは急いで都に戻ることに。一方、方店主は馬峰程に「郡主が危険な男と一緒にいた」と知らせ、その男が馬府襲撃犯ではないかと訴える。馬峰程はまさかと思うが、店主を安心させるため渤王の絵姿で確認することに。
方店主のカンの良さが不幸を招いてしまうことになるのではと心配です

都に帰還した渤王は、皇帝に摘星とはどんな間柄だと問いただされる。渤王は正直に告白し、勅命であれば摘星を殺す覚悟だと訴えて皇帝の警戒心を解く。しかし間者により馬峰程と方店主の話が伝わっており、皇帝は渤王に方店主と紅児を殺せと命じる。皇帝は命令を受け入れた渤王の本心を疑い、渤王を知り尽くしている「あの者」を使って確かめることに。
このところよき父風味だった皇帝が久々に本性出してきました!「あの者」とは?

摘星は渤王を案じていてもたってもいられず皇宮に向かおうとしていたが、そこに渤王が帰宅する。皇帝が許したというので、摘星は安堵して馬婧と方店主と紅児について語り合う。しかし渤王はその二人の殺害を命じられており、夜煞隊と共に奎州城へ向かうことに。
摘星は、殺気を帯びながら刀の手入れをする渤王を見て怯え、どうか正義の剣をふるってと懇願するが、渤王は「朝廷では狼仔はおらず、渤王しか生き残れない」と答える。
皇帝によって作られた渤王の闇の部分が、どんどん摘星へ秘密を作っていきますね…

スポンサーリンク

皇帝は皇宮地下に密かに捕らえられている遥姫を訪ねる。彼女は5年前、夜煞隊隊長の座を巡り渤王と争った挙句、渤王の暗殺を企んで地下牢に幽閉されていたのだ。渤王と遥姫は同じ地下室で鍛えられ、同類にして好敵手として皇帝には手放せない存在だった。遥姫は「自分の知る渤王なら、たかが女のために己を見失わない」と答える。
鳥籠風の檻、巨大すぎる髪飾り… どこからつっこんだらいいのか困惑のキャラ登場♪

馬婧から「狼仔じゃない渤王のことは受け入れられないのか」と指摘され、摘星は自分が狼仔の方が好きなのかと困惑する。そこに、皇帝が摘星と渤王を引き離した罪滅ぼしに脚を治す名医を紹介するからと、摘星に単身での参内を急遽命じられる…
名医って、「彼女」のことなのでしょうね。嫌な予感しかしません…

スポンサーリンク

第21話「美しき宿敵」

摘星が皇帝に紹介された脚を治す名医は遥姫で、五日間で完治させると約束して治療を始める。薬湯の足湯の中で蠢く何かに触れて、摘星は絶叫する。渤王は摘星の恐怖を察知するが、摘星の旧知に関する勅命へのためらいは、自分の弱さだと思いなおす。
渤王と遥姫の捩じれた確執が、皇帝によって間接的に摘星に向けられているようです

摘星は王府に帰ろうとするが、遥姫は勅命を盾に五日間の皇宮滞在を強要する。遥姫は、自分は渤王のよき理解者だが、恨みあう不仲だと語る。遥姫は摘星に狼仔と渤王について語らせ、摘星に渤王への不審を植え付けていく。
遥姫は着々と仕事をしていきますね… これは後々じわじわと効いてきそうですね

方店主は馬峰程が渤王の絵姿を持って訪れるのを待っていたが、そこに現れたのは馬峰程ではなく渤王だった。ほどなく万安酒楼から出火し、遅れてやってきた馬峰程は、紅児が父娘喧嘩の果てに放火したという話を聞かされる。皇帝はやり遂げた渤王を誉め称え、摘星を皇宮で治療させているが医師の指示で会わせられないと語る。さらに初任務で北寮河に出向いている勲王に兵糧を届けるよう命じ、渤王と摘星と遠ざける。渤王は皇宮に皇帝の嫌う椿が飾られているのに気付き、皇帝は名医が遥姫だと明かして、渤王の反対を封じる。
渤王が密かに父娘をどこかに逃がしている、とかいう結末ではないのでしょうか…

渤王から話を聞いた夜煞隊は、遥姫が渤王に復讐するため治療を利用して摘星に毒を盛るのではないかと心配する。夜煞隊はかつての渤王と遥姫を知るだけに、摘星という渤王の最大の弱点を遥姫が手中におさめた現在、渤王が遥姫に勝てるか不安を抱く。
一方、摘星は遥姫の言葉に不安を掻き立てられ、眠れずにいた。渤王も狼仔も自分にとっては大事と語る摘星の純粋さに、遥姫は内心苛立ちを感じるが、明日渤王に面会させるという。
夜煞隊にとっては、遥姫へのボス交代は高レベルでの死活問題ですよね!

渤王府の隠し部屋に人の気配を感じ、夜煞隊の三人が調べに行くと、遥姫がいて三人に毒を発する。渤王は摘星に会わせるよう迫るが、遥姫は渤王が苦しむ狼骨花の秘密や摘星の父の敵は皇帝だということを挙げて翻弄する。皇帝は渤王が摘星のために自分を裏切るのではないかと疑い、遥姫に命じて摘星に遅効性の毒を仕込ませ、渤王を操ろうとしたのだ。遥姫は夜煞隊長の座を譲らせるためにそのことを渤王に打ち明けたのだと言う。
遥姫は「渤王を知り尽くしている」ので、かつて渤王が勝てたことが奇跡な感じです

渤王は北寮河への出発を一日早め、摘星に会って出立することに。それを聞いた皇帝は背信するかどうかを見定めようとするが、張錦から「渤王が女子を密かに連れ出した」との報告を受けるが、摘星の部屋を訪れると連れ出されていなかった。皇帝は「摘星には毒を盛っていない」と言い、渤王の忠誠に釘をさして摘星を返す。
皇帝は毒を盛っていないつもりでも、遥姫はやってると思いますよ…

遥姫は渤王に「皇帝の策を見破ったのか」と尋ねるが、渤王は白を切る。その冷淡さを見て渤王は昔と変わっておらず、摘星でも本質は変えられなかったと遥姫は笑う。渤王は摘星に「治療法を変えてもらった」と言って連れ帰ろうとし、「二度と独りにしない」と抱きしめる。摘星は渤王が何かを隠していると感じていたが、渤王や夜煞隊と祝いの席を囲む。しかし莫霄が「渤王と百花楼という妓楼に行った時」と失言してしまう。
莫霄もあんなに考え無しでよく夜煞隊がつとまりますよね!

遥姫は太卜殿に任じられ、太卜宮を与えられる。渤王は莫霄に聞かれ、遥姫が摘星の治療との取引を持ちかけた時、宿敵の遥姫が皇帝を裏切って自分に手を貸すはずがないと、怪しいと思い罠を疑ったのだと語る…
皇帝は遥姫の手腕を高く買ったということになりますね。これから皇帝と渤王と遥姫の三者の戦いが中心に話が展開していくのでしょうか?

19~21話の感想

疾沖は失恋して退場して行きましたが、彼がこのままただで引き下がるとは思えないので、多分すぐ再登場してきますよ♪ 次にどんな登場をしてくるのか、楽しみですね!

しかし前回、勲王を傷つけまいとして真相を伏せた、皇帝の悩める父親の一面を見て「陛下ったら実はちょっと優しいかも?」と思ったりしたのですが、その気持ちを軽く打ち砕いて、再び闇の帝王・楚馗が帰ってきました!皇帝の猜疑心は、渤王が秘密を持つことや、皇帝よりも大事な存在を持つことを許さないという、非常に厄介な思考のようです。
そして皇帝の最終兵器?として登場してきた遥姫は、渤王の宿敵であり、渤王を誰よりもよく知る人物ということで、ビジュアルからキャラクター設定から、色々面倒くさそうです。
あの髪飾りは鳥籠から出られないようにするための枷?と思うくらい、超巨大ですよね!あれをはずしたノーマルモードもかなりのメガ盛りで、遥姫のキャラクター設定は一体どうなっているのかとツッコミどころ満載です。あの盛った髪の中に色んな毒を隠し持っているのではないでしょうか。

夜煞隊の面々からしてみたら、まだしも冗談が通じるし人として付き合いやすい渤王は上司として信頼できますが、それに比べたら遥姫は食事に何を盛られるかわからないですからね…。服従と忠誠のために毒を使ってきそうで、皇帝が彼女を解き放ったことは彼らにとってリアルな危機感となったのではないでしょうか。しかし摘星とほのぼのした日々を送ってきた夜煞隊ですが、摘星が父の死の真相を知ってしまったら、そしてそこに方店主の死の真相を知ったら、すべてが崩れ去ってしまいかねないのです。まさに皇帝は、自分の猜疑心のために、放ってはいけない危険なモンスターを解き放ってしまったように思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする