狼殿下-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

摘星の愛情によって人間らしさを取り戻した渤王を元に戻そうと、遥姫は摘星が皇帝に馬府襲撃の再調査を願い出るよう画策します。摘星と渤王二人の危機は文衍が背負うことで回避しますが、皇帝は摘星の賢さに危険を感じ、渤王に摘星の処分を命じることに…

今回はとうとう摘星が馬府襲撃の真相を知ることになり、幸福の絶頂から不幸のどん底までジェットコースター風に落下していきます。突き落とす前の優しさが逆に残酷だと思い知らされる、振り幅の大きな展開に覚悟が必要ですよ!

スポンサーリンク

【狼殿下-Fate of Love-】(ネタバレあり)

第25話「婚礼の予行」

馬瑛が第一皇子・有裕を死に追いやった敵だと知らされ、馬摘星と馬家軍に復讐するよう皇帝から迫られた渤王は、掃討前に摘星へ有裕の件を打ち明けたいと願い出る。危険な前線に出征するのに、狼仔が守ってくれると信じている摘星を突き放せない渤王は、出征前の一日で摘星に戦略を教え込むことに。
最後の優しさが、自分の攻撃から生き残る術を教えるレッスンとは、なんとも残酷です

溍の魏王は、疾沖と摘星が友人で、疾沖が彼女のために馬府襲撃の真相を探っていると知り、それを使って馬家軍を溍に寝返らせようと考える。以前、溍側は馬瑛懐柔を試みるが断念しており、馬府襲撃は溍ではなく黒幕は楚馗だとわかる。疾沖との友情関係を使って摘星の危機を知らせるしかないとわかり、疾沖は摘星のもとへ急ぐ。
この二人の関係は一体何なのか、まだその謎は明かされないのでしょうか

渤王は泰保営の地図を使い、摘星に用兵術を一日で叩きこむことになるが、摘星は将軍の娘として戦略的な知見があり戦略をすぐに理解する。渤王は例え話として「用済みになった馬家軍と摘星を自分が皆殺しにする」という状況を摘星に考えさせ、「戦場では敵を信じるな」と言い聞かせ、いざとなれば逃げて死ぬなと教え込む。
摘星は、渤王がそんな例を挙げた理由に気付いてしまう時が来るのでしょうか…

疾沖は先に馬家軍へと旅立った馬婧に出会い、摘星の出立を聞いて馬婧に同行することに。疾沖から馬府襲撃犯は溍ではなく煬だと聞かされ、馬婧は愕然とする。一方、何も知らない摘星は、出征を前に渤王に花嫁姿を見せようと、海蝶に手伝ってもらう。花嫁衣裳の摘星は、本番の予行だと二人で拝礼を行おうとするが、渤王は辛い思いを押し隠して、拝礼は本番までお預けだとそらし、誓いの杯を交わして離れがたく抱きしめ合う…
摘星以外全員がどんよりしていて、気付かせないように気を使っているのがつらいです

馬婧が連れてきた疾沖から馬府襲撃の真相を聞かされ、馬峰程は信用に値しないと思う。疾沖は、自身はかつて溍の将軍で、真相を語ったのは魏王李炬祺だと語り、摘星との友情の証だと鈴の玉石を見せる。さらに馬府にあった溍の虎符が襲撃の一年前に全滅した申皇軍のものだと、虎符の隠し文字を見せて証明し、渤王が襲撃の真犯人であり、方店主も口封じで殺されたと説く。衝撃を受ける馬婧に、疾沖は「摘星に真相を告げるべき」と諭す。
誰も見たことのない鈴の玉石を証拠にして納得させるとか、詐欺師の才能ありますね

スポンサーリンク

第26話「悲しき人質」

馬府襲撃の真相を知った馬峰程は、吐血して憤死する。そうとは知らない摘星は、酒に酔って渤王に抱き上げられて寝室に運ばれる。その寝顔に、渤王は「戦場で会おう」と言い残す。
馬峰程の悔しさと恨みが、この先正しく報われるといいのですが

馬邪韓は馬家軍に馬峰程の死を発表するが、鳩文を飛ばそうとする兵が、皇帝に訃報を報告しようとしているのを発見する。彼によって馬府襲撃の真相を知った文も皇帝に飛ばされたとわかり、疾沖は文が届く前に先手を打とうと考え、馬婧と共に摘星の保護に走る。
翌朝、摘星の出立なのに渤王は姿を見せず、海蝶と莫霄が出発を見送る。隠れていた渤王は「この時より馬摘星と袂を分かち、情を断ち切る」と宣言し、敵となる覚悟を固める。
袂は分けても、本当の意味で情を断ち切るのは渤王には無理なのでは…

渤王は皇宮に参殿していたが、そこで子神の姿を見かけ不審に思う。子神は遥姫に「摘星に毒を盛らせる」と報告していた。渤王は遥姫が無断で摘星に毒を盛ろうとしていたと皇帝に伝えようとするが、皇帝は馬家軍が馬府襲撃の真相により謀反の動きがあるとの知らせに激高していた。皇帝は渤王に、今すぐ摘星を無事で連れ戻すよう命じる。
摘星を殺したい勢、守りたい勢、利用したい勢の三すくみですね

摘星一行の入った茶店の店主は遥姫の刺客で、摘星に毒入りの茶を飲ませる。馬婧はそこで摘星と出会い、兄の死を告げて摘星を軍営へと連れていこうとするが、護衛兵に阻まれる。彼らが渤王の刺客だという馬婧に摘星は困惑するが、馬府襲撃と同じやり方で自分を捕らえようとしたのが渤王だったことから、摘星は馬府襲撃の真犯人が渤王だと理解し、激しく慟哭する。摘星と馬婧は都へと護送されることに。
摘星は以前心の傷で放心状態になったことがあるのに、こんなに傷ついて大丈夫?

子神は遥姫と同じ牢に投獄され、馬家軍の謀反と渤王による摘星の捕縛を知らせる。遥姫は「渤王が目を覚ます日も近い」と喜び、近いうちに地上へ出られそうだと目論む。
渤王が目覚めたら皇帝が遥姫を必要とする、みたいな流れを期待してのことでしょうか

疾沖は倒されている馬家軍兵士を発見し、摘星が渤王に連れ去られたと知る。馬邪韓は摘星を取り戻すため都に攻め上がろうとするが、「摘星は皇帝にとって馬家軍を抑えるのに有用な駒だから」として止め、いったん軍営に戻って対応を協議することに。
完全に馬家軍が疾沖配下の軍隊になっている状態なのですが…

スポンサーリンク

摘星と馬婧は天牢に入れられ、馬婧は莫霄と海蝶に対して非難の声を浴びせる。摘星は莫霄に馬府襲撃の真犯人が渤王か確かめるが、莫霄は黙ってうなずく。皇帝は馬家軍が溍に寝返ったことで激怒し、遥姫から取り上げて置いた解毒薬で摘星の解毒を渤王に命じる。
莫霄と海蝶がかわいそうです。少し前までは最高の仲間だったのに

渤王は密かに摘星に解毒剤を飲ませるよう指示するが、摘星は解毒剤入りとは知らずに食事をひっくり返し、食器の破片を自らに突き付け「渤王に会わせて」と脅す。渤王はそれでも会おうとせず、自分を摘星に殺させることで、自分にできる唯一の罪滅ぼしをしたいと考えていた。海蝶たちは渤王の覚悟に心を痛める。
文衍がすっかり回復していましたね!思い出の長恨歌が切ないです…

摘星の手の傷の治療のため、馬婧は同じ牢に移されるが、痛みを表さない摘星の様子を見て泣き崩れ、逆に摘星に慰められてしまう。一方、馬邪韓と疾沖は摘星の奪取を計画するが、居場所の特定は困難を極める。そこで疾沖は、あちらから摘星を送り返させようと考える。
摘星の心の傷が心配です。かつてのように魂が抜けた風になってしまうのでは

勲王は突然泰保営の攻撃中止と都への帰還を命じられ、楊厚に不安を漏らしながら帰途についていた。それでも任務遂行で、渤王に見直してもらえるだろうかと期待する…
勲王はすっかりお兄ちゃん子に戻ったようで、無邪気でかわいいですね…

スポンサーリンク

第27話「明かされた正体」

勲王は泰保営で任務を果たしたことで、渤王に見直されることを期待しながら都へ向かっていたが、途中で疾沖に出会う。疾沖は「摘星を助け出したい」と、突然勲王に剣を突き付け、煬と溍の国境で摘星と馬婧を勲王と交換だと、皇帝と渤王に伝えさせる。
勲王の、飼い主に急に捨てられた子犬のような瞳がなんともいえませんね

摘星は渤王に王府の隠し部屋へと呼び出され、渤王の真の姿を見せてやると言われる。そこで莫霄たちも夜煞の者で、婚約は摘星を見張るためだったと知る。摘星は渤王に、楚馗の手先の渤王か、星の狼仔のどちらでいたいのかと返答を迫るが、渤王はすべてを教えてくれた皇帝への恩から、渤王であることを選ぶという。渤王は狼の牙の首飾りと影絵の人形を燃やし、星と狼仔の思い出をすべて消し去られ、摘星は泣き崩れて気を失う。
そこまでしなくても、というくらい徹底して摘星を追い込んできますね

渤王は隠し部屋に解毒剤を香として焚き、摘星から遥姫の毒を抜こうと試みたが、それよりも狼仔を失った心の傷が大きく、毒が残ったまま意識を失ったため解毒薬を受け付けず、渤王が口移しで飲ませて回復させる。渤王は摘星が落とした匂い袋をも火にくべ、想いを断ち切る。馬婧は戻された摘星を見て拷問を疑うが、莫霄は絶食のためだと説明する。目を覚ました摘星は「狼仔はもういない」と絶望に打ちひしがれる。
匂い袋まで… 助けたいのに虐げるという難しいやりとりが切なすぎます

勲王誘拐の報が届き、楊厚が人質交換を懇願するものの皇帝は激怒する。しかし亡き皇后との唯一の実子である勲王を守るため、皇帝は渤王に摘星と勲王の交換に向かわせるが、その際に摘星を殺せと厳命する。一方勲王は、疾沖から馬府襲撃の真相を聞くが信じられない。
摘星殺害を即答で承諾する渤王を、皇帝はやっぱり全然信じていませんね

人質交換のため溍との国境に向かっている摘星は、丸二日飲食を拒んでいた。渤王は摘星に食事をさせるため、敵討ちの復讐心を煽り、摘星の生への執着心をよみがえらせる。
出征前夜までの笑顔にあふれた摘星を思うと、この摘星の表情が苦しい…

摘星を連れた渤王軍と、勲王を連れた疾沖と馬家軍は対峙し、中間地点で交換することに。勲王は摘星に詫びながら交換が完了する。そこに溍の魏王率いる軍が現れて渤王らを取り囲み、疾沖の正体が魏王の弟で、馬瑛もかつて評価していた川王・李炬嶢だと明かす。疾沖は渤王を殺し馬瑛の敵を討とうとするが、馬婧がまだ渤王側に捕らえられており、さらに海蝶の伏兵が潜んでいたため、摘星の制止に従って手を引くことに…
勲王の詫びを知ったら、父帝大激怒では? 疾沖の正体はやっぱり、ですね♪

25~27話の感想

摘星の感情が天国から地獄へと真っ逆さまに落下する展開でした。ドラマの最初から狼仔と摘星の接近と拒絶が繰り返しループとなって巡っていましたが、二人が仇同士となってしまったからにはもう、二人の距離が近づくことはないように思われて切ないです。
そもそも皇帝楚馗の私怨の尻拭いを渤王がする羽目になった感のある馬府襲撃問題ですが、楚馗の性格からすると「馬瑛が援軍を断って有裕を見捨てた」という説明に何か裏があるように思えます。ぜひ渤王には思い切って皇帝を裏切って欲しいのですが、彼の義理堅さから難しそうですね。

そして疾沖に導かれるように馬家軍ごと溍に持っていかれそうな摘星ですが… 疾沖が溍の皇子だというのは予想の範囲として、ここで摘星の初期設定「溍の屛芫公主の娘」というのをそろそろ思い出しておきたいところです。摘星の母が溍の王家・李氏出身ということは、今後の行方に色々影響しそうですよね。
そういえば渤王が「夏侯義が死んでいなければ」と言っていましたが、夏侯義の死もまた摘星を守ろうとしての李氏残党の行動だったことを思うと、事の発端は煬と溍の争い自体ということになり、星と狼仔の運命は出会う前から決定づけられていたように思われます。

渤王と摘星を取り巻く人々の苦しみも、今回は切なくて胸が痛くなるほどでした。渤王の本音がわかっていながら、摘星を見守るしかできない夜煞の三人も、馬家軍の最後の砦である摘星を守ろうとして必死な馬婧も、ただただ一生懸命なだけに悲しく、苦しむ必要のない人たちの痛みに何度も涙があふれるシーンが続きました。もう渤王府の皆が投壺でキャッキャするような日々は訪れることはないとわかっていても、あの幸せをもう一度、と願わずにはいられません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする