瓔珞-エイラク-22話-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-瓔珞-エイラク-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

エイラク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
嘉貴人の次は、舒貴人が・・次から次へと権力争いの負の連鎖は途切れることを知りませんね。瓔珞は皇后を守り、舒貴人に仕返しすることが出来るのでしょうか?

今回は22話からお伝えしていきますね♪

【瓔珞-エイラク】(ネタバレあり)

22話

女官の墜落死は計画的で、高貴妃と舒貴人が裏で関わっているに違いないと推測する瓔珞たち。
一方、儲秀宮では高貴妃がいつも使用していた舞台を取り壊しや台本などが運び出されていた。どうやら「芝居を演じ、君主を惑わすなどもっての外」と皇太后が指示した様子。
燃やされていく衣装・・悔しそうに取り乱す高貴妃。
高貴妃はますます瓔珞への怒りを爆発させそう・・

その頃、皇后は自分が皇后としての品位を保てず、舞ったせいで惨事を招いてしまったと、自分を責めている様子。
「後宮をおさめ、陛下の悩みを取り除くことが国と民のために、私が出来る事。その責任を果たすことは寵愛を受けるよりも皇后にとって重要な事」と自分に言い聞かせるように瓔珞たちに話す皇后・・。
皇后も本当は女としての幸せだけを夢見たい時もあるはずなのに・・皇后という地位にいると諦めなければいけないことも多いんですね・・

ある夜、高貴妃の侍女、芝蘭が「阿満の死の真相を知りたければ儲秀宮へ」と瓔珞を呼び出す。
・・高貴妃の元へ行く瓔珞。すると、そこには御花園の掃除担当、小章子がいた。舒貴人に促され、小章子が話し始める。
高貴妃たちは瓔珞を味方につけ、手名付けた方がいいと考えたようですね・・

「1月10日乾清宮では宴があり、物音がしたので見に行くと、一人の女官が男に襲われている所を見た」「襲っていたのは、傅恒。間違いない」と証言する小章子。
それを聞いた瓔珞は「作り話だ」と笑い飛ばし、「私を引き入れるために張女官を尋問したでしょう?」と話すと、現場に帯も落ちていたと証拠を出してくる小章子。

そして「傅恒は阿満を汚し、皇后は弟の名誉を守るためにその罪を隠している。そうとも知らず、あなたは皇后に仕えている」とけしかける舒貴人。
続けて「腹黒い者から離れ、私のために力を尽くしなさい」と皇后の食事に毒を混ぜるよう指示する高貴妃。
瓔珞は高貴妃側のついてしまうのでしょうか?

ある日、皇后を訪ねてきた傅恒。
そこでお茶を出そうと運んでいる瓔珞・・そんな瓔珞から高貴妃と同じ香りを感じた純妃は、瓔珞の様子がおかしいことに気付き、傅恒が飲もうとした瞬間、湯飲みを取り上げる。
高貴妃は乾隆帝の気をひくためにかなり強い香りをまとっていたようですね

純妃は「どうして高貴妃と同じ香りがするの?」「儲秀宮で何をしていたの?」と問い詰め、侍女の部屋から毒の入っていた包紙を証拠として出す。
「誰が何を言おうと信じない」と瓔珞が自分を殺そうとしたことを信じていない様子の傅恒・・。

23話

「私を殺そうとしたのか?」と聞く傅恒・・瓔珞を見る皇后と純妃。
すると瓔珞は皇后のお茶を飲み干し、無実を証明する・・そして「確かに高貴妃様に呼ばれ、皇后様の毒殺を命じられました」と話し始める。

高貴妃や舒貴人に言われた言葉をそのまま話す瓔珞。
すると「馬鹿げている。傅恒もそんな卑怯な人間ではない」と怒る皇后・・瓔珞は皇后の前に跪き「皇后様は奴婢の私に書写を教えてくださるほど優しいお方。高貴妃様の話を鵜呑みにしていません」と毒は庭に捨てたと。
疑ったことを謝罪する純妃に、犯人捜しに協力すると話す皇后・・しかし「自分の手で見つけます」と頑なな瓔珞。
瓔珞は高貴妃の言葉を信じていなかったのですね!良かった!

瓔珞を追いかける傅恒。
そんな傅恒に帯を投げつけ「あなたなら皇族はおろか、怡親王すら怖くないはず。あなたが守っているのはどのお方か」と問い詰める瓔珞。
すると「私が守っているのは君だ。追及を続ければ、君の身が危険だ」と言うも、核心は伏せる傅恒。
傅恒は何か隠していることがあるようですね・・

ある日、乾隆帝は皇族や親族を集め、茶会を開くことに。
そこには乾隆帝の弟で、かなり冗談と言えないほどのドッキリを仕掛けたりする変わり者、弘昼も来ていた。
かなり破天荒なようですね

その夜、雷雨の中、弘昼は髪が乱れた女性の霊を目撃する。
「あっちに行け!来るな・・助けてくれ」と叫ぶ弘昼・・そこに傅恒が声を掛ける。
すると「乱れ髪の女官の亡霊を見た!・・そうだ、あの女だ!」と言い出す弘昼・・。
傅恒は瓔珞の仕業だと気付き、問い詰め「弘昼は陛下に最も近い親族だ。よほどのこと以外、陛下は寛容するはず」と忠告する。
瓔珞は姉に乱暴したものが皇族の中にいると考え、罠を仕掛けたようですね・・まんまとひっかかる弘昼

・・傅恒は事件当日の1月10日、母の急病の知らせを受け、当直を交代してもらい、衣も帯も王佩も侍衛所に残したままだった様子。そんな傅恒は弘昼に「あの晩、君は侍衛所で私の衣に着替えたのではないか?」と聞くと、何かを打ち明けようとする弘昼。
「言うな」と言って、弘昼を連れてどこかへ向かう傅恒。
瓔珞の姉を襲ったのは弘昼・・友人である傅恒はそれを分かっていたようですね

連れていかれた先は長春宮だった。
瓔珞の前に出される大量の金子・・すると傅恒が「弘昼は酒で自制心を失い、過ちを犯してしまった」と・・。
お金で解決する気でしょうか?

「申し訳ない。泥酔してお前の姉を・・後悔して探しに戻ったがもういなかった。侍衛たちがいたから、置いてあった傅恒の衣を着たんだ」と謝罪するも、殺してはいないと話す弘昼。
そんな弘昼に「純潔を奪うことは殺したも同じ。姉は死んだ今も先祖の墓に入れてもらえない」と怒りをぶつける瓔珞。
瓔珞からすれば、お金や謝罪では許せない出来事ですよね!

そこに瓔珞の父、清泰がやってきて皇后に挨拶をする。どうやら弘昼が清泰に内菅領という役職をつけ、昇進させた様子。
そして姉を弘昼が娶る形にし、側室にすれば汚名を晴らすことができ、墓に入れることが出来ると・・。
瓔珞を守るために傅恒が考えたようですね

納得できない瓔珞は皇后に「ここは寛容になるべきでしょうか?」と問うと、戸惑いながら「許すべきか否か、私には決められない」と答える皇后。
立ち上がった瓔珞は「姉を安らかに眠らせてあげたい」と弘昼の提案を渋々、受け入れることにした様子・・。

24話

渋々受け入れ、感謝を述べる瓔珞・・すると「永遠の敵などいない。誠心誠意詫びれば、何事も上手くいく」と言う弘昼。
その後、傅恒に「利で釣るなんて感心しない」と注意する皇后・・しかし「どれほど恨まれようと瓔珞を守りたい」と話す傅恒。
弘昼の最後の言葉、イラッとしますね!

ある日、宮中で偶然出くわした弘昼と瓔珞。
そこでいたずらを改めさせようと、毎日乾隆帝のもとで囲碁や書写を行わっている様子の弘昼は、参っていると瓔珞に伝える。
「毎日、いらっしゃるのなら、会う機会も多いですね」と言い、去る瓔珞を見ながら「姉にも勝る美しさだ」とつぶやく弘昼。
そんな弘昼の下心に気付いた傅恒は瓔珞に、弘昼に注意するよう伝える。
弘昼は全く反省していない!

ある夜、瓔珞が姉の供養をしていると、そこに弘昼がやってくる。
基本、供養は乾隆帝や皇太后しか行えないもの・・しかし親王府に入ることになったことを伝えなければと話す瓔珞。

瓔珞は持ってきていたロウソクに火をつけ「和親王は深く反省している。お姉さんを屋敷に迎え、お墓を建ててくださる」と手巾で手元を覆い、泣く。
弘昼はその煙を吸うと眠くなり、そのまま倒れてしまう・・「お姉さん、見ていて。私が懲らしめてやる」と弘昼を見ながらつぶやく瓔珞。
瓔珞は何やら薬品を嗅がせたようですね

殴りかかろうとする瓔珞・・しかし弘昼が目を覚まし、追いかけてくる。
逃げながら「母を亡くしている私には、姉が母代わりだった。あなたの一時のおふざけで姉は死んだ」と弘昼を殺す勢いの瓔珞。
瓔珞はやはり弘昼を許すことが出来なかったようですね

すると弘昼は「助けて」逃げ出してしまう・・その声は乾隆帝に届き、李玉たちに騒ぎを見に行くよう指示する。
それに気付いた瓔珞は衣をわざと乱れさせ、乾隆帝に「私を襲おうとしました」と弘昼に襲われそうになったと訴える。
瓔珞の頭の回転の速さにびっくり!

しかし弘昼は「でたらめです。あの女が私を殺そうとした」と反論する。
泣いて信じて欲しいと訴える瓔珞の元へ行こうとする弘昼・・すると乾隆帝は弘昼の頬をぶち「恥を知れ!」と叱責し、弘昼を養心殿に拘束するよう命令する。

皇后も「瓔珞の言葉に偽りないと命を持って証明します。弘昼が許されぬ罪を犯したのです」と瓔珞をかばう。
一方、弘昼の元に母、裕太妃がやってきて「日頃の行いが悪いからこうなる。覚悟しなさい」と鞭で弘昼を打つ裕太妃。

その頃、長春宮に戻った皇后たち。
皇后は瓔珞は弘昼を罠にはめたことをお見通しの様子・・それでもなお、かばった様子。
しかし「陛下は弘昼を可愛がっている。私の到着が遅ければ、弘昼を守るためにあなたは陛下に殺されていたわ。二度と弘昼に手を出してはいけない」と忠告する皇后。
皇后は瓔珞を信頼しているし、姉の事件も知っていたからこそ、かばったのでしょう

弘昼の元へ傅恒がやってくる。
「瓔珞を見かけたら、姿を現わすな。近づけばその都度殴る。拾った命を大切にしろ」と怖い顔で脅し、去って行く傅恒・・。

瓔珞〈エイラク〉~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~ 22話・23話・24話 感想

瓔珞の姉を襲ったのは皇族で乾隆帝が溺愛している弘昼だったとは!しかも泥酔していた時の過ちだと・・こんな男は絶対に許しておけないですよね!私が瓔珞だったら、同じように殺そうと企んだかもしれないと思うくらい憎いはずです。しかし、姉を殺してはいないと話す弘昼・・ということは本当の黒幕は別にいるということでしょうか。一体、誰が何のために殺したのでしょう。
瓔珞は弘昼に罰を与えることが出来たけれど、この程度では気が済んでいなさそう・・また危険なことをしでかしそうで心配ですね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です