花様衛士-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

林菱が楊程万と共に姪を捜していると聞いた厳世蕃は二人より早く姪を手に入れれば、自ずと林菱も手に入ると考えていた。
行方不明になった林菱は董斉盛に捕まっており、陸繹たちは厳世蕃の策略かと厳世蕃を問い詰めるが厳世蕃もそのことを知らずに居た。

では、今回は46話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【花様衛士】(ネタバレあり)

46話

夜に庭で悩んでいた林菱を見つけた陸大堅、林菱は厳世蕃が姪の居場所を知っていると言ってきていると打ち明けるが陸大堅は騙されるなと忠告する。
林菱はそうかもしれないが厳世蕃ほどの力があれば居場所を探し出せるのかもしれないと言うが、楓林坳に長年いたのに見つからなかったではないかと陸大堅は言う。
悩んでいる林菱にあんなおとぼけな感じで近寄ってはいけませんよ、空気を読んで。でも実際一番権力を持ってるのは厳世蕃であるのは間違いないからね

陸繹は岑港での戦いが行き詰まっており、厳嵩は呉守緒と共に于大勇将軍を糾弾するつもりだという文が届き于大勇と倭寇の繋がりを陛下も疑い始めているとわかる。
朝廷の中では珍しく于大勇将軍は派閥などに属していなかったが、呉守緒と共に戦ったので配下とみなされてしまい朝廷も権力争いで支援は無いと言う。
宮廷云々になるといつもの時代劇ドラマになってきますよねー、権力争いや後宮のやりとりとかはもうどのパターンも見たので見飽きた感ありますよね

陸繹は淳于敏を呼び出すと于大勇将軍の岑港攻略で物資が行き詰まっており助けて欲しいと願うと淳于敏は家財を全て献納すると言う。

47話

岑港へ向かう楊程万たちだったが倭寇に襲われてしまい楊岳と謝霄に助けられ傷を負ってしまい自分も老いたと言うと林菱はもう戦場には出ないでと言う。
久々に会った楊岳と上官曦、楊岳は手を取って離れに連れて行くと話があると言うがなかなか言えない楊岳に上官曦は戻ろうとするが楊岳は後ろから抱きしめる。
ついに想いを伝える感じになりましたねー良かった!変に謝霄と復縁しなくて本当に良かった。謝霄が二人見て微笑むけど、あなたのせいでややこしくなったのよ

楊岳は上官曦の好意を無視して「もう会わない」と言ったことを後悔していると打ち明け、二度と側を離れずに守りたいと宣言すると上官曦も喜ぶ。
二人で楊程万の元に戻ってくると楊岳は上官曦と一緒になりたいと言って、この件が落ち着いたら求婚するつもりだと楊程万に宣言する。
抱きしめられてる上官曦さん可愛いですねーこの二人が幸せになってくれるならもう何でも良いですよ、楊岳は後半で死なないですよね?

陸繹は岑港攻略の状況を調べていると思ったより悪く、毛海峰を追い詰めているように見えるが逆に此方側が不利になっていた。

48話

なにかに慌てている今夏に尋ねる楊岳、今夏は街で倭寇の王麻子を見かけたと言って呉守緒の養子を調べる際に村にもいたと言ってここにいるのは怪しいと言う。
呉守緒に報告しようと提案する楊岳、しかし証拠が無いから信じてもらえないかもしれないと言って杭州にいる目的を把握するのが先だと告げる。
思った以上に傷が薄くなった楊岳、あそこまで薄くなるなら傷を負う演出いらなかったですよねー普通にピンチの状況作るだけで良かったんじゃないかな

林菱は陸大堅が本当に変わったと言うと、陸大堅もあの時に真剣に取り組まなかったのは自分の若さと林菱への対抗心だと打ち明ける。
陸大堅は林菱が無事であればそれだけで良いと言って、厳世蕃に捕らわれてしまうのが心配だと言うと陸大堅は戦が終わったら必ず探し出すと約束する。
これは林菱が捕まってしまう展開になりそうですね、ここも早くくっつけば良いと思うんですけどくっつかない理由は何なんですかねー

その夜、今夏は王麻子の居場所に忍び込むと子供たちが寝ている箱に銃が隠されておりタンスの中に隠し部屋を見つけ、大量の銃器を見つける。

46-48話感想

ついに楊岳は上官曦さんがくっつきましたねー長かった!それにしても謝霄は何様であんな表情浮かべていたのか…相当ひどいことしているのに。
林菱と陸大堅もいい感じではありますが、林菱は後半に捕まってしまいそうなのでくっつくとしても最終話近いのかな?おばさんって呼ばれるほど歳食ってないよね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。