贅婿(ぜいせい)-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
寧毅を敵視している烏啓豪と蘇文興が手を組むなか、秦嗣源が都に戻り朝廷での右宰相の仕事に復帰した前回。
そして今回、秦嗣源は周辺国へ絹などを贈る歳幣の中止を進言し北征を求めたことで、歳幣が中止となり烏啓豪は窮地に追いやられることに…。

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

13話

朝廷復帰した秦嗣源は周辺国へ絹などを贈る歳幣の中止を進言し北征を求めた。
そして歳幣は中止となる。
その知らせを受けた烏啓豪は「あり得ない…」衝撃を受け戸惑うのだった。

歳幣のために絹の買い占めなどをしていたので大損害を負うことになりますからね…

一方、寧毅の元にも歳幣中止の知らせが届く。
すると寧毅はこれまで店舗数を拡大してきた皮蛋屋台の看板を全て蘇氏布店に入れ替え、全ての屋台を蘇氏布店に模様替え。
これにより町中に蘇氏布店の屋台が町中に存在するという状態になった。
さらに寧毅はデリバリーサービスを展開し、他の布店ともフランチャイズ契約を結ぶなど大繁盛。
さらには客からレビューを集めてサービス向上も試みるのだった。
一方、歳幣の中止により買い取った絹の支払いの目処が立たなくなり戸惑う烏啓豪の元に闇銭壮からの取り立てが来る。
闇銭壮に借金返済を迫られた烏啓豪は、3日以内に金を返すと約束した。

どうやって借金返済をするつもりなんでしょう…

その後、烏啓豪は宋都尉に助けを求めるも宋都尉は冷たく突き放し立ち去った。
宋都尉はその後、新門芸館に来ていた。
どうやら元錦児を娶りに来たようで、無理矢理嫁がされそうになった元錦児は建物の外にある川に飛び込み、死を装い宋都尉との婚姻を回避するのだった。
その夜、新門芸館の部屋に籠る宋都尉のもとに烏啓豪が訪ねて来る。
するとそこには何者かに殺され遺体となった宋都尉の姿が。
遺体には「仁に背く役人に天誅を下す」と書かれた紙が貼られていた。

恐らくずっと彼の命を狙っていた陸紅提の仕業でしょうね

その後、寧毅は町で身を隠す陸紅提を発見し、馬車に乗せ町から逃すことに成功。
すると陸紅提は「前に話していた弟子になりたいという件に応じよう」と寧毅に話すのだった。
一方、烏啓豪と手を組んだ蘇文興も損害を受けていた。
そして烏啓豪に渡したお金を返すよう訴えるも烏啓豪は返せない状況にある。
すると烏啓豪は「1人だけ金が出せる人がいる…」と切り出すのだった。

14話

烏啓豪にお金を渡したことで損失を被った蘇文興は蘇檀児たちのもとへやって来て助けを求める。
しかし蘇檀児と寧毅は「金はあるが渡すつもりはない。背後にいるやつに自分で頭を下げに来いと伝えろ…」と告げるのだった。
その後、烏家の屋敷には「金を返せ!」と多くの人たちが詰めかけていた。
そしてその人々は屋敷の中まで入って来て「金がないなら家財をいただく!」と言い次々と屋敷内のものを持ち出した。
その後、他に助けてもらう方法がなくなった烏啓豪は仕方なく寧毅の要求通り頭を下げに行くことに。
そして蘇文興に連れられ寧毅の元を訪ねた烏啓豪は「烏氏布店の絹を定価で買ってもらえないか…」と頼む。
それを聞いた寧毅は「数が多すぎて保管できない。とりあえず妻に新しい衣を仕立てたいから数疋買おう。そしてこれまでの態度を改めろ」と話す。

前に烏啓豪が妻・蘇檀児を監禁したことをどうやら寧毅はまだ許していないようです

すると烏啓豪は「力を貸して欲しい」と正座をし誠心誠意頼む。
それの様子を見た寧毅は「絹を全部買い取るがその買取額は1割しか払わない」と条件をつけ、他に方法がない烏啓豪は仕方なくその条件を飲むのだった。

どうやらこうなるのも全ては寧毅の計算通りだったようです

その後、蘇氏布店の店舗数も増え売上もどんどん伸び、蘇家は江寧の商家の筆頭に。
蘇愈は「檀児と寧毅のおかげだ。やはり後継者は檀児で間違いなかった」と喜ぶ。
さらに蘇檀児と父・蘇伯庸の仲も寧毅によりわだかまりが解け、仲良くなるのだった。
そんなある日、寧毅と蘇檀児童が外を歩いていると席番頭率いる刺客に襲われる。
しかしそこに陸紅提が現れ、2人は助かった。

15話

寧毅は陸紅提の元で修行を受けることなる。
早速修行が始まると、その指導はスパルタだった。
一方、蘇檀児の母・姚氏は世間体などを気にして早く孫の顔が見たいと思っていた。
そして蘇檀児と寧毅が別々に寝ていることを知ると、蘇檀児に「どういうことなの!」と寧毅と一緒に寝るよう説教するのだった。
その後、蘇檀児は寧毅と同じ寝室で寝るために寧毅が寝ている部屋を壊し、自分の寝室で寝ざるを得ない状況を作るために色々と画策。
そして寧毅の部屋を燃やして使えなくする方法を思いついた蘇檀児は寧毅の部屋を燃やした。

なかなか大胆な作戦ですね…

その後、寧毅の部屋は無事消火されたが、寧毅の部屋は使えなくなり、寧毅は蘇檀児の部屋で寝ることになった。

蘇檀児の作戦成功ですね

その夜、2人で同じ寝所で寝ることになった寧毅と蘇檀児は少し緊張した面持ちでソワソワ。
すると突然、蘇檀児が寧毅を押し倒し、2人は結ばれ一夜を共にするのだった。
翌日、寧毅と蘇檀児は旅行に行くことに。
行き先は武王朝有数の豊饒の地で多くの商人が行き交い風流人が集う観光名所・霖安。
早速、2人は旅行に出掛ける準備を進めるのだった。

感想

13話では歳幣が中止となり、歳幣のために絹の買い占めなどをしていた烏啓豪は大損害。
その一方で寧毅はこれまで店舗数を拡大してきた皮蛋屋台を全て蘇氏布店にチェンジし大繁盛するという明暗がはっきり分かれる結果になりました。
寧毅の策士っぷりがまたしても発揮された回でしたね。
14話では、窮地に追い込まれた烏啓豪が寧毅に助けを求めるという展開でした。
さらに寧毅はこのような展開になることを予め予想していたことが判明しましたね。
そして15話では寧毅と蘇檀児の恋模様がメインで描かれました。
寧毅と同じ寝所で寝るために色々と画策する蘇檀児は可愛らしかったですね。
2人が結ばれ一夜を共にした場面は胸キュンでしたね。
ラストには寧毅と蘇檀児が旅行に出掛けることに。
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。