贅婿(ぜいせい)-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
秦嗣源により歳幣が中止になるなか、寧毅と蘇檀児が霖安に旅行に出掛けることになった前回。
そして今回、寄り道をしながら霖安へと到着した寧毅と蘇檀児だったがそこで新たな事件が発生し…。

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

16話

霖安への旅行の準備を進める蘇檀児と寧毅。
そして準備が整い、2人は旅行に出発した。
一方、仕事がなくなってしまった蘇仲堪・文興は、寧毅に頼み聶雲竹の店で働かせてもらうことになる。
しかしその仕事は店外の雑用で2人は不服な表情を浮かべながらも仕方なくその仕事をするのだった。
一方、旅行に出発した蘇檀児と寧毅はまずは酸梅湯という温泉に立ち寄ることに。
そして到着するもそこは厠で、肝心の温泉も水溜りサイズで人が入れるようなものではなく、寧毅たちはガッカリするのだった。
その後、霖安に向かった寧毅たち。
しばらくして霖安に到着するも門が閉まっていて入れず、この日は近くの家に泊めてもらうのだった。
夜中、近くで何やら騒ぎ声が聞こえた寧毅は様子を見に行くと、そこで官兵が賊と戦っていた。
それを見た寧毅は銃を手に「私は江寧の烏啓豪だ」と名乗り、その戦いを止めに入り官兵を助けた。
その官兵は霖安の武徳営金軍の指揮官・袁定奇で、助けてくれた寧毅に感謝する。
そして袁定奇は襲って来た男たちが緑林の山賊で、統領の名前は徐方といい、二つの刀を操る男で、組織の頭は”覇刀”の異名を持つ劉大彪という人物だと説明した。

この出会いが後のストーリーに影響を与えそうですね…

一方、王宮では賀元常が朝議で「秦嗣源を君主を欺いた罪で弾劾したい」と話す。
賀元常は秦嗣源が皇帝の知らないところでこっそり軍需庫を建てていたことが皇帝を欺いた罪に値すると主張。
それを聞いた皇帝が悩んでいると、秦嗣源は「罪を認めます」と自ら申し出るのだった。

どうやら賀元常は秦嗣源のことが気に入らないようですね…

17話

密かに軍需庫建設していたのを賀元常から「陛下を欺いた罪に問われるべきだ」と糾弾された秦嗣源は罪を認める。

どうやら秦嗣源はこの朝議でこのような展開になることを予想していたようです

しかしながら秦嗣源が建てた軍需倉は武王朝の繁栄のためのものということもあり、皇帝は軽い処分で済ませた。
一方、寧毅と蘇檀児は霖安の街で楽しい時間を過ごしていた。
その後、蘇檀児はかつて霖安に住んでいた頃の友人に会いに行くと言い出掛けていく。
「男と会うのか?」と少し心配になった寧毅は、蘇檀児を尾行。
すると蘇檀児は競合の布店へと入って行く。
競合店に情報を渡すのかと憤った寧毅だったが、実は
蘇檀児が会いに来たのはその布店の楼舒婉という女性だった。

楼舒婉は蘇檀児とは幼い頃からの知り合いで蘇檀児にとって姉のような存在のようです

その後、寧毅は楼家の布店が蘇家の布店と作りが似ていることなどから「まさか楼舒婉も未来から転生してきたのでは…?」と疑い始めるのだった。

もしそうなら衝撃的な展開ですけどね…

その後、蘇檀児は楼舒婉の兄・楼書恒とも対面。
久しぶりの再会に喜ぶ楼書恒だったが、蘇檀児は複雑な表情を浮かべる。

どうやら彼とはわだかまりがありそうですね…

楼書恒が強引に蘇檀児を酒の席に誘うなか、そこに寧毅がやって来る。
すると寧毅は楼書恒に向かって銃を発砲。
銃弾は楼書恒のちょんまげに当たり、楼書恒が驚くなか、寧毅は蘇檀児を連れて行くのだった。
その夜、寧毅は蘇檀児を連れてある場所へ。
そこは寧毅が蘇檀児のために購入した屋敷で、思わぬプレゼントに蘇檀児は喜ぶのだった。

妻へのプレゼントに屋敷を買うとはなかなかのセレブっぷりですね

その後、寧毅は霖安に店を出すと宣言。
そんななか、霖安の街に賊たちが攻め込んで来ていた。

18話

寧毅たちが霖安の街に店を出す計画を話し合うなか、霖安の街には賊の集団が現れ官兵たちは襲われ、放火や略奪など多大な被害が出るのだった。
翌朝、目を覚まし街に出た寧毅は、街が死体だらけで、賊の集団が住人たちを次々と襲っていることを知り衝撃を受ける。
すぐに屋敷に身を隠す寧毅たちだったが、しばらくして賊の集団は屋敷の中にまで侵入してくる。
寧毅たちは身を隠しながらも、侵入してきた賊を撃退する。
しかし賊はまだまだいてどうすべきか悩んでいると、そこに前に霖安に行く道中に賊から助けた霖安の武徳営金軍の指揮官・袁定奇たちがやって来てひとまずは助かるのだった。

袁定奇、再登場ですね

その後、寧毅たちは袁定奇から霖安の状況を聞く。
賊は悪名高き方天雷の一味で、手強く霖安は陥落の危機にあるのだとか。
さらに賊から逃れる方法として北郊にある埠頭から出る船に乗るよう教えてもらった寧毅たちは急いで脱出の準備をすることに。
その後、寧毅が秦嗣源からもらった短刀を持っていることを知ると、袁定奇は寧毅に兵を指揮してもらいたいと頼むのだった。

どうやら秦嗣源からもらった短刀は総指揮使の証だったようです

そんななか、賊の1人が花火で合図を送る。
それにより寧毅たちがいる屋敷に賊が集まって来ることを悟った袁定奇は蘇檀児たちに急いで逃げるよう伝える。
そして蘇檀児たちは屋敷から逃げ、寧毅は袁定奇たちと共に賊たちと戦うことを決めるのだった。
一方、王宮では賊の襲撃により北征を中断しようとしている皇帝に秦嗣源が「禁軍を南下させ霖安の兵と一緒に賊を制圧させれば北征への影響も出ません」と提案していた。

感想

16話は旅行に出かけた寧毅と蘇檀児の様子がコミカルに描かれた回でした。
寧毅が賊に襲われそうになっていた霖安の官兵の指揮官・袁定奇を助けるなか、17話では寧毅が霖安に到着。
楽しい時間を過ごしたのも束の間、夜に霖安に賊の集団が襲ってくるという暗雲立ち込める展開になりました。
霖安の街はそして寧毅たちの身の安全が心配になるなか、18話では賊たちの霖安襲撃が激化し、蘇檀児たちは逃げることとなり、寧毅は袁定奇たちと共に賊と戦うことに。
寧毅は賊との戦いに勝てるのか、そして蘇檀児たちは無事霖安から脱出できるのか、次回の展開が楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。