贅婿(ぜいせい)-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
霖安に到着した寧毅、蘇檀児たちが楽しい時間を過ごすなか、霖安が賊の集団による襲撃を受け大変なことになり、寧毅は賊と戦うことになり蘇檀児たちは霖安から逃げることになった前回。
そして今回、寧毅は賊たちと戦うも意識を失い、賊の一組織・覇刀営の拠点に連れて行かれてしまい…。

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

19話

寧毅はやって来た賊の大軍と対峙。
その場所には寧毅により大量の爆薬が仕掛けられていて、それを知った賊たちは怯むも、寧毅は隙をつき逃走。
それがハッタリだとわかると賊たちは寧毅を追いかけるも、寧毅は身を隠す。
しかしすぐに居場所がバレてしまい追い詰められる寧毅だったが、袁定奇に助けられるなどし何とか逃げ延び埠頭に到着。
そして一足先に到着していた蘇檀児たちと再会し、船に乗り込もうとするも、賊たちと戦う袁定奇たちを置いて逃げることはできないと霖安の街に戻る。
そしてボウガンで火薬を爆発させ、賊に襲われピンチだった袁定奇を助けるも自分も爆発に巻き込まれ意識を失うのだった。
一方、霖安に賊のリーダー・方天雷がやって来る。
方天雷は軍需庫に到着すると拘束した武器商人たちに「ここにある大砲を改造して拳銃を1000丁作れ」と命令するのだった。
一方、軍需庫が賊に支配されたことを知った皇帝は、早急にこの状況に対処すべく禁軍を霖安に派遣する命令を出した。
一方、意識を失い目を覚ました寧毅。
するとそこは賊・覇刀営を率いる劉西瓜の拠点で、寧毅は「軍師となり私を助けろ」と言われるのだった。

寧毅はどうなってしまうのでしょう…

一方、霖安が賊に侵略されたという知らせは江寧にまで届いていた。
蘇檀児と寧毅が無事か心配する蘇家の面々。
すると蘇仲堪・文興親子は「私たちが蘇檀児と寧毅を助けに行きます」と提案し、霖安に向かうこととなった。

蘇仲堪・文興親子には何か裏の狙いがありそうですね…

20話

蘇檀児と寧毅を助けるため、霖安へと向かうこととなった蘇仲堪・文興親子。
2人は江寧を出発するも、2人は蘇檀児と寧毅を助ける気がなく、旅行を楽しみながら2人を見つけようと話すのだった。

やはり本気で助ける気はなかったんですね…

一方、霖安では賊が捕らえた霖安の士農工商さまざまな名家の面々を集め街の復興に協力するよう命じていた。
名家の人間たちは初めは拒んでいたが、従わなければ殺すと脅され、名家の面々は仕方なく協力することとなった。
一方、覇刀営で劉西瓜から軍師になるよう言われた寧毅は、監視の隙をつき脱出する時を伺いながら蘇檀児たちの無事を祈っていた。
そしてひとまず軍師として仕事をするフリをする寧毅。
その夜、寧毅は監視する護衛たちに酒を飲ませ、翌朝護衛たちが皆眠った隙に脱走を図る。
すると水浴びをする陳凡と遭遇し、脱走がバレて連れ戻されてしまった。

陳凡、細マッチョでめちゃくちゃいい体ですね…

一方、賊たちはリーダーの方天雷を中心に集まり今後の計画について話し合っていた。
そこで歯向かうものを次々と殺して行く方針の宣勢営の統領・鮑文翰とそうでは無い覇刀営の統領・劉西瓜は意見が対立。
その様子を見た方天雷は「今後むやみに殺す者は罰する!」と鮑文翰を叱りつけるのだった。

21話

覇刀営では寧毅が統領・劉西瓜に取り入り気に入られるなか、劉西瓜は前に寧毅が「私は烏啓豪だ!」と名乗っていたのを目撃していたため寧毅のことを烏啓豪だと勘違いしていた。
その後、劉西瓜の令碑がなければ拠点の外に出られないと知った寧毅はそれを劉西瓜から奪おうとしたところ、劉西瓜は自分にセクハラして来たと勘違いして寧毅に一撃をくらわし肩を脱臼させた。
その後、寧毅は自分が烏啓豪でも色魔でもないこと、そして外に出るために令牌を奪おうとしていたことを説明。
それを聞いた劉西瓜は寧毅に令牌を手渡し、自由に外を歩き回ることを認めるのだった。

寧毅は相当気に入られているようですね

その後、寧毅は軍師として熱心に仕事を行う。
その姿を見た寧毅を監視していた護衛たちは「もう監視しなくて大丈夫だろう」と寧毅の監視をやめた。
実はこれは寧毅による作戦で、監視がつかなくなった寧毅は覇刀営からの脱走を図る。
するとそこで賊に捕らえられ脱走しようとしていた男徳学院の仲間たちと再会し一緒に脱走することに。
しかしまたしても陳凡にバレてしまうのだった。

神出鬼没ですね…

その後、寧毅は陳凡により劉西瓜の元に突き出されるも熱心な軍師を演じたことでお咎めなしに。
その様子を見ていた陳凡は、不服そうな表情を浮かべるのだった。
一方、陸紅提は「霖安の方天雷を殺せ」という手紙を受け取り霖安に向かっていた。
その道中、馬車を見つけた陸紅提はそれを盗む。
実はその馬車は、蘇仲堪・文興親子のものだった。

蘇仲堪・文興親子は馬車を盗まれ大慌てですね…

その後、劉西瓜は叔母から無理矢理お見合いに参加させられることに。
お見合いが嫌な劉西瓜は、その場に寧毅を参加させる。
すると寧毅は以前占術で命運を占っていたと嘘をつき、見よう見まねで劉西瓜とお見合い相手の相性を占い始める。
そして「劉西瓜はお見合い相手の男とは合わない」と告げそのお見合いを破断させるのだった。
これにより劉西瓜はより一層寧毅の事を気に入るのだった。

その内、劉西瓜は寧毅のことを好きになりそうですね

感想

19話では寧毅が賊たちと戦うも爆発に巻き込まれ気絶し、賊の一組織・覇刀営の拠点に連れて行かれ、軍師として組織で働くことになるという展開でした。
また霖安に賊のリーダー・方天雷がやって来たり、寧毅がどうなってしまうのか気になるなか、20話では寧毅が隙をつき覇刀営の拠点から脱走しようとするも失敗するという展開でした。
寧毅が脱走を試みる場面は、コミカルで笑ってしまいました。
そして21話では、序盤で寧毅が劉西瓜に色々と勘違いされながらもその誤解が解け、終盤にはどんどん気に入られて行くという展開でした。
このままいけば劉西瓜が寧毅のことを好きになり、三角関係が展開されるのでは?という予感も少しした回でした。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。