贅婿(ぜいせい)-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
宣威営から食糧を放出させることに成功するなか、楼舒婉は家族の裏切りを知りショックを受けながらも何かを悟った様子で鮑文翰のもとへ向かった前回。
そして今回、寧毅は蘇檀児が賊に拉致されたということを知り…。

スポンサーリンク

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

25話

鮑文翰のもとにやって来た楼舒婉。
これにより楼家が助けられたと父と兄はひと安心した。
一方、寧毅たちを助けに行くという名目で江寧を出発するも、馬車や金などを盗まれた蘇仲堪・文興親子は何とか霖安に到着。
すると2人はそこで門番から寧毅が賊の一組織・覇刀営の軍師として働いていることを聞かされ驚く。
その後、蘇仲堪・文興親子は刺客と間違えられ、賊の者に捕らえられ、覇刀営の牢獄に入れられてしまうのだった。

あらら、踏んだり蹴ったりですね…

一方、劉西瓜は叔母からまたしても無理矢理お見合いをさせられていた。
気が乗らない劉西瓜はふてくされながらお見合い相手に終始冷たい態度を取るのだった。
その頃、寧毅と男徳学院の仲間たちは霖安から脱走を図ろうとしていた。
しかし寧毅は蘇檀児の侍女・小嬋を見つける。
「まだ蘇檀児が霖安にいるのかもしれない…」
そう思った寧毅は小嬋に声をかけ話を聞く。
そして寧毅は蘇檀児が何者かに捕まり連れて行かれ行方不明だと知る。
さらに話を聞くと、蘇檀児が行方不明になった経緯が明らかになる。
蘇檀児たちはある屋敷を拠点にし寧毅の行方を探していた。
そんなある日、蘇檀児は寧毅を見つけるも、声をかける寸前で賊の者に拉致されてしまったのだ。

一体誰に、そしてどこに連れて行かれてしまったのでしょう…

その話を聞いた寧毅たちは蘇檀児を拉致したのは覇刀営の人間の可能性があると推理し、仲間たちと共に捜索を始める。
その後、覇刀営に戻った寧毅たちは牢獄を確認するもそこに蘇檀児はいないのだった。

蘇檀児を拉致したのは覇刀営の人間ではないんですかね…

その後、陳凡に妻が拉致されたことを話す寧毅。
すると陳凡は「もしかしたら拉致したのは宣威営の人間なのでは?」と話すのだった。

スポンサーリンク

26話

蘇檀児が宣威営に拉致された可能性が浮上し、寧毅は居ても立っても居られなくなり宣威営に潜入。
しかし潜入がバレてしまい、ピンチに陥っているなか、寧毅は楼舒婉と遭遇。
そして部屋に匿ってもらい助けてもらう。
そこで寧毅は蘇檀児が拉致されたことを話し、楼舒婉に宣威営から逃がしてもらうのだった。
その後、寧毅は陸紅提が霖安にいることを知り彼女と対面。
そこで寧毅は妻・蘇檀児が拉致されたことを話し、「探してほしい」と陸紅提に頼む。
その後、早速陸紅提は蘇檀児を探すも見つけられないのだった。

一体どこに行ってしまったのでしょう…

一方、劉西瓜は寧毅が行方不明になった妻の捜索をしていることを知り複雑な気持ちになりながらも、それに協力することに決める。
そんななか、寧毅は妻を拉致した人物を炙り出すべく賊たちを集めて宴を開くことに。
宴には賊の8陣営が集まることとなり、寧毅は会場の受付で参加者たちを歓迎。
そして寧毅は蘇檀児を拉致した人間がいないか一人一人に歓迎の挨拶をしながらチェックした。

蘇檀児を拉致した犯人は腕に怪我を負っているみたいですからね…

するのそこに鮑文翰率いる宣威営の面々がやって来る。
宣威営の面々は寧毅の挨拶を拒否し、会場へと入って行ったため、寧毅は腕のチェックをできないのだった。
そして宴が始まると鮑文翰は寧毅へ酒を飲むよう強要するなど嫌がらせを始める。
すると寧毅はその嫌がらせに乗るように酒を飲みながら宣威営の一人一人の腕をチェックして回る。

吐きながら酒を飲み続ける寧毅、辛そうですね…

そして寧毅は腕に怪我を負っている人物を発見した。

スポンサーリンク

27話

宴の会場で蘇檀児を拉致したであろう犯人を特定した寧毅は、翌日、その男を捕らえ拷問し、蘇檀児の行方を問い詰める。
そして男は一度蘇檀児を連れ去ったが、2人の男が高値で買うということでその2人の男に売ったことが判明
しかしその後の行方は不明なのだとか。

結局、蘇檀児の行方についての情報が得られませんでしたね…

その後、寧毅は落ち込みながら雨が降る外を歩いていた。
すると自分が今着ている服の布に撥水加工がなされてあることに気が付く。
撥水加工は蘇檀児の布店の独自の技術、つまりこの服を作ったのは蘇檀児だと察した寧毅。
この服を買って来たのは劉西瓜なので寧毅は急いで彼女の元を訪ね「この服はどこで手に入れた?」と質問。
実は蘇檀児は賊に拉致された後、売り飛ばされ楼家の布店で働かされていたのだ。

蘇檀児を高値で買った男2人というのは楼書恒と彼の父だったんですね…

蘇檀児が楼家の布店にいることを知った寧毅は急いで現場に駆けつける。
すると蘇檀児は楼書恒から襲われそうになっていた。
楼書恒を突き飛ばした寧毅は、楼書恒を銃で撃ち殺す。
そして追いかけて来た楼書恒の父も殺すのだった。

殺し屋のような冷酷な寧毅の表情、怖っ…

そして蘇檀児を助け出した寧毅はひとまず蘇檀児の命が無事だったことにひと安心するのだった。
その後、寧毅の部屋に劉西瓜が訪ねて来て、寧毅は彼女に蘇檀児を紹介。
そして妻を救出するために楼氏布店の父子を殺してしまったことを明かし、「これにより覇刀営から恨みを買うことになるかも」と話す。
それを聞いた劉西瓜は「心配ない」と返すのだった。
数日後、方天雷は鮑文翰を呼び出す。
「お前の手下から聞いたが、お前は俺を裏切り私腹を肥やしているそうだな…」
方天雷はそう鮑文翰を問い詰めるのだった。

スポンサーリンク

感想

25話では蘇檀児が賊の人間に拉致されたという事実が判明し、これにより蘇檀児捜索が始まりました。
そして拉致した犯人が宣威営の人間の可能性が高まるなか、26話では寧毅が拉致犯を割り出すべく宴を開催。
そして宴が始まり寧毅が参加者を一人一人チェックした結果、27話でとうとう宣威営の1人が拉致犯だと特定することに成功。
しかしその拉致した宣威営の男も高値で別の男に売り飛ばしたということで、このまま迷宮入りかと思われましたが、その後、蘇檀児を買った人物が楼書恒で、楼家の布店に監禁されていることが判明。
激昂した寧毅が冷たい眼差しで楼書恒を容赦なく射殺する場面はなかなかショッキングでしたね…。
ラストには方天雷が鮑文翰に裏切り行為について問い詰める場面があり、賊が内部崩壊しそうな予感が少ししました。
次回以降、どんな展開になるのか楽しみです。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。