贅婿(ぜいせい)-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
寧毅が拉致され行方不明だった蘇檀児を見つけ、監禁していた楼書恒を銃殺するなど衝撃的な展開を迎えた前回。
そして今回、寧毅は安全のために蘇檀児たちと霖安の街から出ようと準備を進めるも…。

スポンサーリンク

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

28話

方天雷にお金をくすね私腹を肥やしていたという裏切り行為を疑われ問い詰められた鮑文翰。
しかしこの件を調査しても証拠は出てこず不問となる。
そしてこれを告発した部下は誤った情報を告発したとして方天雷に殺されてしまうのだった。

実際のところ鮑文翰が裏切り行為を行なってる可能性が高そうですね…

その後、実は楼舒婉が鮑文翰の裏切り行為の証拠となる帳簿を書き換え、鮑文翰の悪事がバレないよう証拠を隠滅していたことが判明。
それを知った鮑文翰は楼舒婉に感謝を伝え、楼舒婉は帳簿の管理を任されるのだった。

楼舒婉には隠れた目的がありそうです

その後、寧毅と蘇檀児が蘇仲堪・文興親子と再会。
そして蘇仲堪・文興親子は霖安に来ることになった経緯や道中で起きた辛い出来事について話すのだった。
その後、寧毅は蘇仲堪・文興親子を劉西瓜や陳凡に紹介し、男徳学院の仲間たちも呼びみんなで食事をしたりゲームをしたりして楽しむのだった。

食事をしながらゲームをしたりとまるて合コンみたいな雰囲気ですw

そんななか、寧毅の元に楼舒婉が訪ねて来る。
寧毅は父と兄が死んだ件について謝ろうとするも、「あれも報いよ…檀児のことを頼んだわ」と言い、蘇檀児に別れを告げて立ち去るのだった。
その後、寧毅は方天雷から呼び出される。
「明日妻たちと霖安の街を出ていくらしいな…。街を出られるかどうか決めるのは俺だ。街を出る許可を出す代わりにある頼みを聞いて欲しい」
方天雷はそう話すと、「もしそれが成功すればお前は俺の軍師に、そして失敗すれば家族の命はない…」と寧毅を脅すのだった。

スポンサーリンク

29話

方天雷から頼み事をされた寧毅。
その頼み事とは以前から方天雷を悩ませていた銭希文を投降させることだった。
その後、早速寧毅は銭希文の元へ。
そして筆談で寧毅は銭希文に投降するよう説得するフリをして、筆談で方天雷の命で来たこと、今の霖安の状況を伝えるのだった。
その後、寧毅は「銭希文が投降すると応じた」と方天雷に報告。
それを受けた方天雷は寧毅に軍師になるよう言うも、寧毅は「これまで通り覇刀営で軍師として働きます」と方天雷の軍師になることを断るのだった。
翌日、銭希文が霖安の民たちの前で投降するということで方天雷はそれを見守っていた。
しかしそこで銭希文は「敵に屈するな!」と投降しないことを宣言。
それを聞いた方天雷は憤り、銭希文を斬り殺すのだった。

あらら…

その後、董将軍率いる軍勢が霖安を攻めて来る。
これにより、寧毅たちは霖安から出られなくなり覇刀営の拠点に避難することに。
一方、方天雷は霖安の近くに拠点を構えている董将軍の元を1人で訪ねていた。
「武王朝最大の軍需庫は俺が握ってる」
方天雷はそう告げ、董将軍の元から立ち去るのだった。

2人、バチバチですね…

一方、都では賀元常が朝廷を裏切っていたことを秦嗣源は知る。
そしてそれを知った李左宰相は賀元常に抗議しにいくも、彼の策略により投獄されてしまう。
この状況に秦嗣源は、霖安にいる寧毅に賊たちから霖安を取り戻して欲しいという仕事を頼むのだった。
その後、寧毅は蘇檀児たちと楼氏布店を新装開店させ、困窮している霖安の民に衣を配る。
しばらくすると、蘇檀児たちが楼氏布店を開店させたことを知った楼舒婉が楼氏布店にやって来た。

スポンサーリンク

30話

蘇檀児たちが楼氏布店を新装開店させたことを知り店にやって来た楼舒婉。
そこで楼舒婉は「今の宣威営での暮らしに満足してるから戻るつもりはない。店はあなたに任せるわ…」と告げ、立ち去る。
幼い頃に楼舒婉と「お互い大きな布店を持とう」と約束していた蘇檀児は複雑で悲しい気持ちになるのだった。
一方、劉西瓜は寧毅たちを霖安から出して助けてあげようとするも、寧毅はそれを断る。

秦嗣源から霖安での仕事を頼まれてますからね

不審に感じた劉西瓜は寧毅がなぜ霖安を出ようとしないのか探るも、寧毅の仲間から「占いでまだ街を出る時ではないと分かったから」と説明された劉西瓜は納得するのだった。
一方、寧毅は都の密偵司の者たちを招集し、そこで霖安の軍需庫を占拠するという危険な作戦を説明。
そして数日後、その作戦を実行に移し軍需庫を占拠するも、中身は空。
実はこの作戦は事前に読まれていて、中身は別の場所に移されていたのだ。
「罠に嵌められた…」
寧毅がそう思った矢先、鮑文翰たちが寧毅たちを包囲。
仲間を殺されながらも、寧毅は鮑文翰を銃で殺し、なんとか捕まらずに済むのだった。

これにより護衛としてずっと寧毅のそばにいた耿直が殺されてしまいました…

翌日、鮑文翰の死に宣威営の部下たちが憤り「殺したのは寧毅だ」と訴えるもその明確な証拠がないため方天雷はひとまずこの件は保留に。
さらに方天雷は姪である劉西瓜が寧毅のことが好きだという事実を知るのだった。
一方、楼舒婉のもとにも鮑文翰が死んだという知らせが入る。
すると楼舒婉は鮑文翰の屋敷に囚われていた女性たちを解放するのだった。

スポンサーリンク

感想

28話では鮑文翰の不正が方天雷にバレそうになるも、楼舒婉が証拠となる帳簿を改竄。
これにより助かった鮑文翰は楼舒婉に帳簿の管理を任せるなど、鮑文翰から信頼され宣威営での楼舒婉の地位がどんどん高くなっていく様子が伺えました。
一方、蘇檀児たちと霖安から立ち去ろうと考えていた寧毅ですが方天雷に認めてもらえずその計画は失敗するなか、29話では董将軍が霖安を賊から奪還すべく攻めて来るという展開でした。
方天雷と董将軍のバチバチな様子も描かれ、さらに都では賀元常による朝廷への謀反疑惑が浮上するなど、ヒリヒリする展開が続くなか、30話では秦嗣源から霖安を守るよう任務を頼まれた寧毅が軍需庫を占拠しようとするも先読みされていて失敗。
仲間の耿直が死んだり、寧毅が鮑文翰を殺したりと衝撃的な展開の連続でした。
寧毅の賊との戦い、そして朝廷での争いなど今後どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。