贅婿(ぜいせい)-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
董将軍が霖安に攻めて来て方天雷とバチバチするなか、仲間の耿直が死んだり、寧毅が鮑文翰を殺したりと衝撃の展開の連続だった前回。
そして今回、寧毅は董将軍と協力し霖安奪還に動き始めるなか、寧毅と劉西瓜が婚姻することとなり…。

スポンサーリンク

【贅婿(ぜいせい)】(ネタバレあり)

31話

寧毅や蘇檀児たちは亡くなった仲間・耿直のために墓を作り、彼の死を悼んでいた。
寧毅は彼が生前に書いていた小説を読む。
それは耿直が自身を主人公にして書いた事実に基づいた小説で、ずっと想いを寄せていた新門芸館の女将・楊秀紅への恋心などが書かれていた。
それを読んだ寧毅は涙を流し彼の死を惜しむのだった。
一方、劉西瓜から「寧毅のことが好きだ」と打ち明けられた叔父・方天雷はそれが本当かどうか、そして寧毅が潔白なのかどうか確かめるべく2人を結婚させることに決める。
その後、寧毅を呼び出した方天雷は、蘇檀児と離縁し劉西瓜と結婚するよう告げるのだった。

寧毅はどうするのでしょう…

その後、それを知った劉西瓜は「寧毅と結婚なんて考えていない彼を離縁させるのも嫌だ」と方天雷に訴える。
すると方天雷は「もし婚姻しなければ鮑文翰を殺したということで宣威営が寧毅に何をするか分からんぞ」と言うのだった。
その夜、寧毅は蘇檀児から劉西瓜との婚姻のことを問い詰められる。
寧毅は「芝居だ」と説明し今後の計画について蘇檀児に話すのだった。

どんな計画なんでしょう…

翌日、方天雷は陳凡を捕らえ牢に閉じ込める。
劉西瓜に惚れている陳凡が劉西瓜と寧毅の婚儀で騒ぎを起こしかねないと懸念しての投獄だった。
その後、町では劉西瓜と寧毅の婚礼の儀の準備が進んでいた。

スポンサーリンク

32話

寧毅は婚儀により警備が手薄になったところを董将軍に霖安に攻め込んでもらおうと画策していた。
一方の方天雷は婚儀の間に攻め込まれないよう各城門に火薬を仕掛けるよう指示を出すなど対策を講じていた。
その後、劉西瓜との婚儀を控える寧毅に蘇檀児は離縁状を手渡す。
そして寧毅は複雑な表情を浮かべながらそこにサインをするのだった。

芝居とはいえ辛いですよね…

一方、劉西瓜も「本当に寧毅と結婚しても良いのだろうか…」と複雑な気持ちに襲われるなか、方天雷の屋敷で2人の婚姻の儀が始まる。
そしてその後、夜遅くまで2人の結婚を祝う宴が行われ寧毅は会場を後にし劉西瓜と屋敷の部屋に帰る。
本来ならそこで初夜を迎えるのだが、2人は話をするだけでそのまま夜を明かすのだった。
一方、方天雷は部下たちと董将軍の襲来に備え城門の警備を固めていた。
しかし夜の間に董将軍は襲撃して来なかった。

これも作戦なんでしょうか…

翌朝、投獄されていた陳凡は解放される。
想いを寄せる劉西瓜と寧毅の婚儀が無事に行われたことを知った陳凡は憤り取り乱していた。
一方、方天雷たちが城門の警戒を解くなか、董将軍の軍勢が一気に霖安に攻め込んで来た。

ついに全面戦争ですね…

スポンサーリンク

33話

大雨が降るなか、早朝に董将軍の軍勢が一気に霖安に攻め込んで来る。
夜に襲撃して来るものと思い警戒を緩めていた方天雷は、慌てて兵を集め董将軍の軍勢と戦うため軍需庫へ。
すると軍需倉は屋根が壊されていて雨の水で浸水していて、そこに保管されていた火薬は全て使い物にならなくなってしまっていた。

恐らく寧毅の仕業なんでしょうね

その後、方天雷は董将軍と対峙。
激闘の末、方天雷は捕まり、武都の牢に護送されることに。
一方、劉西瓜は戦いの場に出ようとした。
しかし「劉西瓜を逃がせ!」と指示されていた陳凡により気絶させられ、陳凡と寧毅と一緒に霖安から脱出するのだった。
その後、劉西瓜と陳凡は寧毅が董将軍と協力していたことを知りショックを受け泣き崩れる。
寧毅はその姿を見ながら複雑な気持ちになりながらも、その場から立ち去るのだった。

何とも切ない別れですね…

その後、董将軍たちの襲撃により賊は壊滅し霖安は平和を取り戻した。
霖安に戻った寧毅は蘇檀児と再会。
さらに董将軍と会った寧毅はその活躍を称えられた。
そこで実は浸水した軍需庫の火薬は、予め防水の布を箱に敷いていたため使用不可になっていなかったことが判明した。

軍需倉が浸水したことから火薬が全て使えなくなったと方天雷に思わせていただけだったんですね…

その後、寧毅は投獄中の方天雷の元を訪ねる。
そこで劉西瓜が人里離れた場所にいることを伝えた寧毅は、方天雷に質問し、そもそも賊が霖安を襲った理由が大軍の北上を遅延させるためだったことを知る。
そしてその黒幕について方天雷に尋ねるも、方天雷は何も答えないのだった。

黒幕は一体誰なのか…

その後、寧毅や蘇檀児たちは久しぶりに江寧に帰って来た。

スポンサーリンク

感想

31話では寧毅が亡き耿直の死を惜しむなか、方天雷が寧毅の正体を突き止めるために寧毅と劉西瓜が結婚することとなりました。
寧毅が亡き耿直が残した小説を読む場面は、切なく胸が痛くなりましたね。
寧毅が劉西瓜との結婚を利用し霖安奪還に向けて動き始めるなか、32話では寧毅と方天雷の互いの思惑が行き交うなか、ラストに方天雷の意表を突く形で董将軍の軍勢が霖安に襲来し、33話では賊たちとの全面戦争に。
ここでも色々と寧毅の策士っぷりが発揮されていましたね。
そして結果的に方天雷は捕らえられ、さらには賊が霖安を襲い占拠したのには黒幕がいたという事実も判明。
黒幕の正体など今後の展開が気になるところです。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。