長安 賢后伝-ちょうあん けんごうでん-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回、承が茗玉に対して「自分を愛しているのか?」と疑念を持ち始めるなか、雍臨で持病が悪化し体調を崩した承。
そして今回、承煦が西斉の司徒寅を捕虜にする一方で、茗玉が西斉に人質に取られてしまい…。

スポンサーリンク

【長安 賢后伝】(ネタバレあり)

19話

雍臨で茗玉と過ごす承の元に戦況を伝える知らせが舞い込む。
どうやら承煦が西斉の司徒寅を捕虜にしたのだとか。
それを聞いた承は喜んだ。
一方、司徒昆に嫁いだ茗玉の姉・綰音は援軍も送らずに西斉を見捨てたとして外に縛り付けられる。
しかし雍臨側の仲間に助けられ、綰音はこっそり西斉から逃走するのだった。
そんななから姉・綰音が危険な状態にあることを知った茗玉は、兄・克用と共に綰音を助けるべく西斉へと向かう。
そして茗玉は山の中で仲間と共に逃げて来た綰音を助けることに成功するも、茗玉は追って来た司徒成・司徒昆たちに捕まり、捕虜になってしまうのだった。

茗玉は馬で引きずられるなど酷い扱いです…

その後、人質として茗玉を捕らえられた司徒昆は、承睿に父・司徒寅の解放と盛州軍の撤退を要求。
茗玉を人質に取られた承が悩む中、司徒昆は1日の猶予を与えた。
そして翌日、承は司徒昆の要求には応じず、全面戦争するつもりでそれを承煦に話す。

どうやり周りから妻のために軍を撤退したダサイ王とは思われたく無いようです

それを聞いた承煦はそれに反対すると、承はどうすべきか頭を抱えるのだった。
そして翌日、承は考えた末、国王としてのメンツを優先し軍の撤退はしないことに。
それを知った司徒昆が茗玉を殺そうとするなか、承煦が馬車で司徒寅を連れてやって来る。
そして人質交換を行い茗玉を救出した承煦。
すると盛州軍と西斉軍は全面戦争を始め、盛州軍は西斉の主力をほぼ捕虜にし、承煦は司徒昆を殺すことに成功するのだった。
その後、承煦は承から司徒昆を殺した功績を称えられながらも、承の命令に従わなかったとして処罰を受けることになるのだった。

スポンサーリンク

20話

承煦が自分を助けたがゆえに罰を受けたことを知った茗玉は彼の見舞いに行く。
そして罰により負傷した承煦の姿を見て心を痛めるなか、承煦は茗玉を愛しているという気持ちと一緒になれない辛い心情を明かす。
それを聞いた茗玉は複雑な気持ちになり涙を流すのだった。
一方、綰音は家族や周りの人が茗玉のことばかり気に掛けていることに不満を抱き始める。
「祖父上も兄上も心の中にいるのは茗玉だけなのよ…」
綰音はそうつぶやくのだった。

茗玉・綰音姉妹の間にも溝ができ始めた感じでしょうか…?

その後、承煦が回復するなか、沐王妃の侍女で沐王妃が自殺した時に突然姿を消した素秋が承煦を訪ねて来る。
素秋は突然姿を消した理由について「沐王妃を見捨てたわけではありません」と説明。
そしてそこで承煦は父が国王を自分に継がせようとしていたこと、そしてそれを不服に思った承耀が沐王妃と自分たちを殺そうと企み、結果的に承が王位の座に就いたことが判明する。
それを聞いた承煦は「私は承に騙されていたのか…口だけの偽善者め…」と憤りを感じるのだった。

兄弟の絆が完全に壊れてしまいましたね…。これまで承のことを信じていただけにショックでしょうね…

一方、茗玉は蓁児と話していた。
そこで茗玉は人質に取られた際に、承が自分よりも国王としての面子を優先したことに傷つきながらも、国王だから仕方ないと思っていることを話す。
さらに承との間に隔たりがあること、そして承煦のことを今でも思い続けていることを明かした。
一方、承煦は司徒成の親戚の部下にある指示を送っていた。
それは司徒成に投降を促すよう働きかけるようにとの指示だった。
その働きかけによりにその後、西斉太后と西斉王・司徒成は投降を宣言、承煦は西斉の使者から投降の証として玉璽贈られるのだった。

この玉璽は手にしたものが皇帝になるという伝国の玉璽だそうです

その後、承軒はこの玉璽を利用し承たちに一矢報いようと提案。
そして承煦はその案に賛同し、自分を騙していた承や母を殺した者たちへの復讐を誓うのだった。
その後、承の指示で承煦の部下として行動を共にしていた承の啓翰は承の元へ報告にやって来る。
そこで、西斉が投降したという知らせ、さらには承煦が謀反を企んでいるということを報告するのだった。

スポンサーリンク

21話

承煦が西斉から帰服の証に玉璽を贈られたこと、さらに謀反を企んでいるかもしれないと告発した啓翰。
それを聞いた承は衝撃を受けるのだった。
その後、蓁児は啓翰と遭遇。
そこで啓翰は「承煦はもう終わりだ」と話していて、その言葉の意味が気になった蓁児は啓翰に探りを入れることにした。
その後、啓翰を食事に誘った蓁児は酒を飲ませ酔わせ、色々と情報を聞き出す。
そこで蓁児はこのままだと承煦が流刑になるかもしれないこと、さらにそれに伝国の玉璽が関係していることを知る。
蓁児はそのことについて詳しく聞き出そうとするも、啓翰は酔い潰れてしまい、聞き出せないのだった。

酒を飲ませすぎたようです…

その後、蓁児はそれを茗玉に報告。
すると茗玉は、承煦が伝国の玉璽を手に入れ、国王への謀反を企んでいるのかもしれないと悟るのだった。
その後、茗玉は承煦に宛てて「玉璽のことは国王に知られています。自ら網にかかるようなことはしないように」と忠告の手紙を送った。
そして承煦は茗玉に手紙を返信。
その内容を見た茗玉は承煦が沐王妃の侍女・素秋と再会し王位継承の真相を知ったこと、それにより謀反を企んでいることを知るのだった。
「計画を取りやめてくれればよいのだけれど…」
手紙を読み終えた茗玉は承煦のことを心配するのだった。
その後、承は承煦たちを集め、西斉との戦いの功績を讃えていた。
そこで「他に何か報告することはないか?」と詰め寄られた承から詰め寄られた承煦は、西斉から伝国の玉璽を手に入れたことを報告。
「非常に貴重なものゆえに報告が遅れました」
そう説明する承煦。
それを聞いた承は、承煦が謀反を企んでいるという疑念が少し薄まるのだった。

どうやら茗玉の手紙により玉璽を使った謀反計画を取りやめにしたようですね

その後、伝国の玉璽を手に入れた承は皇帝に。
「本日より盛州は”大晟国”と称し、“顕徳”を改元する」
承はそう宣言するのだった。
その後、茗玉と対面した承煦は、手紙で忠告してくれたから今回は助かったと感謝を伝える。
「皇帝のそばでゆっくりと主導権を握ることにした」
承煦はそう話すのだった。

スポンサーリンク

感想

19話では承煦が西斉の司徒寅を捕虜にする一方、茗玉が西斉に人質に取られてしまい西斉から人質同士の交換、そして軍の撤退を要求されるという事態に。
承は悩んだ末に国王としてのメンツを優先し、西斉の要求には応じませんでしたが、茗玉を守りたい承煦が独断で行動を起こし茗玉は助かるという展開でした。
自分の命よりも国王としてのメンツを優先された茗玉は少し可哀想でしたが承の気持ちも少し分かり、複雑な気持ちになりましたね。
20話では沐王妃の侍女・素秋の登場により、承煦が父が本当は自分に王位を継承しようと考えていたことを知り、承に憎しみを抱き始めるという内容でした。
さらに西斉側を投降させることに成功した承煦は自分を騙していた承への謀反を企みましたが、21話では承がその事実を知り、茗玉が承煦に警告したことで承煦の謀反計画はひとまずお預けとなりました。
承と承煦の関係性など大きな変化があり、今後どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

スポンサーリンク

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。