開封府-かいほうふ-あらすじ-16話-17話-18話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-16話-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
雨柔を連れて故郷に戻った包拯。義姉や端午がどういった反応を見せるのでしょうか?そして二人はめでたく結婚できるのでしょうか??

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第16話

包拯の村では甥の勉や義姉、包拯の先生の三人が包拯が到着するのを今か今かと待っていました。しかし雨柔と現れた包拯を見て義姉は嫌な顔をします。家に戻って包拯はそのわけがわかります。義姉は包拯が戻ったら端午と結婚させようとしていたのでした。雨柔は包拯の家族にとって邪魔者なのでした。
端午は雨柔とは昔友達だったので、包拯と結婚できないことで気落ちしたものの二人のことをわかってくれます。しかし義姉はお嬢さんの雨柔はここでの生活は無理だと聞き入れません。そして雨柔の父親尹若朝もやってきて、皇太后や二人の重臣から睨まれている包拯と娘雨柔との結婚は迷惑な話で、果ては包拯の家族にまで害が及ぶと怒ります。包拯は納得し結婚はやめると言います。そして家に帰ると雨柔も義姉に諭されて出ていっていました。そして包拯は端午と結婚します。

マイペースの包拯と雨柔も周りにあまりに迷惑をかける結婚だと理解して、諦めましたね。包拯に手紙を残して一人去っていく雨柔。その後ろ姿はとても寂しそうです・・

そして年月が流れ包拯は端県の役人、知県になっています。しかし水害が起こり、被災民が役所に食べ物を求めて押しかけてきました。助けようにも役所は財源が不足しています。包拯は大地主の屋敷に行き、米を乞いますが前の役人にも貸していると聞き入れてもらえません。ところがその地主の息子が誘拐され包拯が疑われてしまいます・・。

開封府・第17話

包拯は地主に誘拐の捜査をする代わりに米を貸してくれと言います。地主は息子可愛さで同意します。そして包拯達は誘拐犯の指定した時刻に身代金を持っていく地主に同行します。現れた誘拐犯に包拯は見覚えがある、と思います。身代金を受け取り息子は屋敷の食糧庫にいると言って去ろうとする男に、包拯はあとで役所に来いと言うのでした。

記憶力の優れた包拯は男が劉復を襲った刺客だと気づいていました。でもこの刺客、展昭は正義感にあふれた真っ直ぐな男で、以前包拯を助けていましたよね!世の中を良くしたいと思うところは立場が違っても包拯と共通しているみたいです

役所にきた展昭。地主からとった金を被災民のためにと置きます。そして牢獄の中で何か公平かということを包拯と話し合うのでした。包拯は展昭が金を返し牢屋で話したことで、牢獄に入ったものとみなし、帰るように言うのでした。
一方朝廷では仁宗は青年へと成長していました。政をそろそろ仁宗がするべきだと言う声があがる中、皇太后・劉娥は仁宗の結婚相手を探し始めます。そして王延齢の孫娘と張徳林の娘のどちらかを仁宗に選ばせようと言うのでした。
そして農民らの訴えを聞く知県の包拯は、ある女の差し出した前掛けを見て驚きます。それは皇室の使うもので、女は仁宗の生母、李太妃だと言うのでした。

開封府・第18話

たまには皇宮を出て気晴らしをしようと劉娥達は仁宗と開封城で宴を催します。そこで琴弾き歌を歌った芸妓はなんと仁宗の幼馴染、周児でした。美しく成長した周児に仁宗はたちまち魅せられます。しかしこれは劉娥の仁宗の心を探る謀でした。仁宗は国を選ぶのか、愛を選ぶのかを劉娥は知りたがっているのです。
仁宗の相談相手、子栄は仁宗に劉娥の腹の内を説明します。周児は仁宗の翼を折るために劉娥が引き合わせたのだと子栄は言うのでした。王延齢の孫娘と張徳林の娘のどちらを選んでも仁宗が力を持ってしまう、劉娥はそれを恐れていると。そして仁宗に政を返上しろと言う臣下のものは名家の出の令嬢でない周児では仁宗を指示できないと。それでも周児を選びたいと仁宗は言います。

小さいころから権力争いの渦の中にいた仁宗。いい加減嫌気がさしている気持ちもわかりますね・・。でもあまり劉娥の言いなりになっているのもそろそろ周りが納得しないでしょう。強い皇帝になるならやはり王延齢か張徳林の娘を娶るべきなんでしょうね。身分の低い周児なら側室として迎えることも可能なんじゃないかな??

そして包拯は仁宗の生母、李太妃を家に匿います。ずっと家にこもるのに飽きた李太妃は外に出たいと言いますが、包拯は許しません。それではいつ母親と名乗れると詰め寄る李太妃に、政を皇太后から返され、仁宗が真の皇帝になった時に名乗れると包拯は言うのでした。

開封府・第16~18話の感想

相変わらず朝廷と包拯の人生、二足のわらじで進んでいくドラマですね。結婚話がでるほどに成長した仁宗、そして包拯も結婚して立派な役人になっています。まだ端県の役人ですが仁宗の生母、李太妃がやってくるなど、これからまた朝廷との関わりが深くなっていきそうな展開ですね!それにしても姿を消した雨柔はどうしたのでしょうか。このままドラマから消えてしまうのではなんだか寂しいですね。あのお転婆な弾けっぷりをまた見たいものです!!兄妹のように育った包拯と端午も曖昧に結婚して良い夫婦になっているのでしょうか?性格の良い端午だから真面目一辺倒の包拯を良く理解しているのかもしれませんね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です