開封府-かいほうふ-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
刺客を放たれた包拯は自分の身を守るために開封府に泊まりたいと王守忠に頼みます。そして牢にいる尹若朝とこれからの動きを探るのでした。果たして王守忠はどう出るのでしょうか?

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第25話

包拯から刺客に襲われたという話を聞いた王守忠は張徳林の息子の子雍に会います。やはり包拯を襲った刺客は子雍でした。子雍は王守忠に金塊を差し出します。子雍が言うには、子雍と関わりのある王守忠を危険に感じて父親の張徳林が殺そうとしているし、王守忠が張徳林に毒矢のことを教えたことで夏懐敏も王守忠を殺そうとしているらしいのです。それで金塊をもって都を離れろと子雍は王守忠に言うのでした。

二心も三心もありそうな人間たちの中で、子雍だけはわかりやすい人物ですね!王守忠が皇宮に入る手引きをした仲間だったので、その仲間を最後まで裏切りません。けれど王守忠には禁軍の統領になるという野心があるので簡単には従わないでしょう

王守忠が開封府に戻ると禁軍統領の夏懐敏が待っていました。兵士に囲まれた王守忠は皇宮の火事が張子雍の仕業であることを白状します。そして夏懐敏達に連れ去られるのでした。開封府での郭槐の死と王守忠の失踪で、事件はますます複雑になります。
一方仁宗の結婚が思うようにならなかった皇太后・劉娥は周児を自分の親戚の家に嫁がせようとします。結婚を望まない周児は子栄と結婚すると言い出すのでした・・。

開封府・第26話

周児から偽装結婚を頼まれた子栄。周児に王霊児の屋敷に火を放ったことを見破られた子栄は同意します。そして皇太后・劉娥に周児との結婚を願い出ますが劉娥は頷きません。そして周児に嫁入り道具を見せて、明日にも親戚の家に連れていくと言うのでした。周児は仁宗にお別れの挨拶にいきますが、仁宗は周児を帰そうとしません。三人で策略を練るのでした。仁宗たちは子栄と周児が男女の仲になったことにして劉娥が強行する結婚をやめさせようとします。しかし劉娥は嘲笑って自分の言う親戚とは子栄のことだったのだと言い放ちます。皇宮での淫行は重罪です。またも皇太后にしてやられた仁宗たちなのでした。

そして重症の王霊児のところへ祖父の王延齢が訪れます。もう元の容姿に戻ることが出来ず、火傷に苦しむ霊児に王延齢はある決断をしていました。それは霊児を薬で楽にしてあげることでした。家に帰りたいと言って息を引き取った霊児を抱き上げて王延齢は家に連れていくのでした・・。

15歳になったばかりで悲惨な火事に遭い死んでいった可哀想な王霊児!宮廷の陰謀の中で若い命が散ってしまいました。王延齢も自分の孫を殺した犯人を絶対に許さないでしょう・・犯人が張子栄だとわかったら、王家と張家の間でどんな争いが起こるんでしょうか

開封府・第27話

包拯はやっと仁宗から話を聞くことが出来ました。仁宗は包拯に意外な告白をします。それは明月小築の火事は自分が起こしたというものでした。仁宗ははじめは霊児の屋敷を焼くつもりでしたが幼い霊児が気の毒になって張燕燕のところに移ったと言うのでした。
しかし驚いたことに燕燕は宮中に来る前に弟の子雍とある計画を立てていました。それは燕燕の屋敷を焼いてその罪を王延齢になすりつけ、邪魔な王霊児を除いて自分が皇后になるというものでした。偶然にも仁宗と燕燕は同じことをやるつもりだったのです。しかし郭槐が扉に鍵をかけたとも知らずに仁宗が火をつけ、その日に忍び込んだ子雍たちに助けられたのです。

仁宗が火をつけた張本人だったとは!包拯は皇太后の前で真相をどう説明するのでしょうか?仁宗の目的は皇太后、張徳林、王延齢の築いてきたバランスを崩すことでした。しかし子栄が第二の火事を起こしたことで張徳林が追い詰められています。真実をそのまま暴くことは朝廷に爆弾を落とすようなものですね!!

そして包拯は仁宗に加えて、周児と張子栄からも話を聞きます。子栄は仁宗に跪いて、自分の兄を救うために霊児の屋敷に火を放ったと告白するのでした。放火事件の全容を知った包拯を子栄は陳林の住む荒れ果てた家に連れていきます。陳林は包拯に今回のことは仁宗が真の皇帝になるための最大の機会だと言うのでした。

開封府・第25話~27話の感想

なんだかとんでもない事態になってきましたね!皇帝である仁宗が放火事件に関わっていたとは!!他のことは些細なことに思えてきました。でもこの事件の真相を皇太后の前で話してしまうと朝廷は大混乱です!王家と張家の衝突も避けられないことでしょう。包拯の判断が宋の国を揺るがしかねないのです。一体これはどうすればうまく収まるのでしょうか??混乱に陥れば包拯の命もありませんね。自分の命を危機にさらしながらも冷静さを失わない包拯はたいしたものですが、危機を乗り越える材料は見つかるのでしょうか。唯一雨柔が重要な場所へと案内してくれそうですが・・江湖の南侠、展昭は何を見せてくれるのでしょうか。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です