開封府-かいほうふ-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-開封府-かいほうふ-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

開封府



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
科挙の替え玉受験をした張子雍。その首謀者の韋文卿を探そうと包拯達は奔走します。しかし試験の発表の日が迫ってきても行方は分からず、包拯は途方に暮れるのでした。

【開封府】(ネタバレあり)

開封府・第34話

王延齢の牢から韋文卿だと思って救ったのは、張子雍の護衛、張東でした。毒を飲まされ虫の息の張東を、捕吏の王朝達は開封府で解毒剤を飲ませて回復させます。しかし張徳林の配下の俘将軍が王朝達を吹き矢で眠らせて、元気になった張東を連れ去るのでした。

天無為の拷問から解放され、開封府に捕らえられたと思ったら、また張家に連れ戻されてしまった張東。あちこちで捕まって忙しいですね!でもこれで韋文卿が何処にいるのか聞くつもりだった相手がいなくなってしまいました。どうする包拯??

開封府に張子雍の弟の子栄がやってきます。子栄の目的は兄から替え玉受験をした者の行方を教えて貰うことでした。しかし子雍は取り合いません。子栄は包拯に兄から情報を得ようとしても無駄だと言い、張東を拷問すべきだと言います。しかし張東はすでに連れていかれていないのでした。包拯は張東が毒で苦しんでいる芝居をして、子雍から韋文卿の居場所を明かさせようとします。
.一方国庫の窮乏に苦しむ仁宗は、自分たち皇族の食費を減らして財源に充てたりしていますが追いつきません。しかし母親の李太妃はそんな息子の苦労も知らず浪費三昧です。
そして牢の子雍は隣の牢の陳世美という男が実は自分の替え玉だったと知って驚くのでした・・。

開封府・第35話

子雍から韋文卿の居所を聞き出したい包拯は、毒に苦しんでいる張東の声を聞かせて、居所を教えれば張東に解毒剤を与えると脅します。実は捕吏達が張東の声を出していたのですが、子雍は騙されて韋文卿は自分の別荘にいると教えるのでした。
牢に戻された子雍は陳世美のために酒と料理を用意させます。そして陳世美が自分の替え玉だと知っている子雍は、包拯の処から盗ってきた毒を酒に混ぜ邪魔な存在の陳世美に飲ませるのでした。しかし毒を盗られたことに気づいた包拯がやってきて陳世美を助けます。

皆が探している替え玉が子雍の隣の牢にいたとは!皮肉な偶然ですね。陳世美も頭脳明晰さが災いして、悪の道に引きずり込まれてしまって気の毒です。おまけに何もわからないまま殺されかけてしまうとは・・。不正に受験して合格した者たちは、包拯にしっかり裁いて貰いたいですね!

包拯は捕らえた韋文卿にこれまで不正受験したものの名前を紙に列記させます。それを仁宗に見せる包拯。仁宗はこれだけの人数が官吏に・・と頭を抱えるのでした。
そして李太妃は子栄の嫁となって張家にいった周児と仁宗が二人で会っているという事を青女から聞き、皇后の燕燕に子供を作るよう催促するのでした。

開封府・第36話

周児は舅の張徳林から仁宗と会うことは勝手だが、皇后の父親として燕燕が子供を産まないまま廃されるのは許せない、と言われます。周児は仁宗の気持ちが自分にあるのはわかっているものの、仁宗に燕燕との子を持つよう勧めます。しかし仁宗はそんな周児に苛立つのでした。

張子栄とは形ばかりの結婚でいずれは仁宗のもとへ行くのが決まっている周児ですが、それでも張家で嫁として大事にされていることを考えて、張徳林の気持ちを尊重するのですね。賢い周児はそれが一番波風を立たせないやり方だと思って仁宗に話したのですが、純粋な仁宗はそんなことを言う周児を許せなかったようです・・

包拯は子雍に毒殺されかかった陳世美を助けて、追試を受けさせるよう図らいます。そして陳世美は科挙に合格して官吏として登用されるのでした。しかし包拯は悪事を働いたことが明白な子雍が国舅の身であることから罪とならず、科挙の主席となり禁軍統領となったことに納得できません。おまけに范仲淹は科挙の不正の責任をとって辺境の地へ流刑となってしまいます。納得のいかない包拯は朝廷に失望して都を離れようとします。しかし雨柔が追ってきて引き戻されるのでした。
そして仁宗は自分の義姉、青女の婚姻を考え始めていました・・。

開封府・第34~36話の感想

張徳林の長男子雍は冷静沈着な次男の子栄と比べて本当にやんちゃ者ですね!情に厚いところもありますが、事情を知らない陳世美を毒殺しようとする非情さもあります。やはり張徳林の息子ですね。張徳林も殺人など気にもしない冷酷な武将ですが、父親なのであくまで子雍を守ります。子雍の処遇は最終的には少人数の密室で決まってしまったようで公平な裁きを願う包拯には残念な結果でした。
親友の范仲淹は辺境の地へと送られてしまい失望した包拯は家族を連れて都と離れようとしますが、雨柔に引き戻されます。結局この二人はつかず離れずの関係なんですね!!悪口を叩きながらも包拯が好きでたまらない感じの雨柔。なんとかならないのでしょうか??


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です