隋唐演義 -あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

中国ドラマ-隋唐演義-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

隋唐演義


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
舞台は楊堅によって隋が建国され、残る敵国は陳のみとなった時代。
そんな時、陳の国主であるはのんきに女色にふけっていた。
このタイミングを逃すまいと、陳の討伐に隋の全軍が出兵する!

【隋唐演義】(ネタバレあり)

1話

隋の50万の大軍が押し寄せても関わらず、援軍が駆けつけると余裕でいる叔宝。
そこに隋の兵が侵入し、あっけなく叔宝は降参する。
李淵は、叔宝と共に捉えた妖婦を献上するという晋王の軍令を、無視して処刑しようとした。
そこに晋王が直接止めに入った。
李淵は国を乱さないために妖婦を殺させようとしました。そして現れた晋王 は精力絶倫だというので先が思いやられます。

晋王が探していた蕭美娘が自ら訪れると、晋王は蕭美娘の度胸が気に入った様子。
晋王は叔宝を殺すつもりでしたが、生かした方が得だという蕭美娘の入れ知恵によって生かされた。
蕭美娘は賢くてしたたかですね。そんな蕭美娘は皇后の座を狙ってるといいます。

天下を統一した隋を祝って剣舞する陽玉児に、混ざった晋王は乱暴に髪飾りを落としてしまう。

一方、密売で捕まっていた程咬金は大赦で免罪になり母に会いに行く。
その帰り道に父を葬れずに物乞いをする少女に同情した程咬金は僅かな銭を渡す。
程咬金は看守から銀をカツアゲしていていましたが、憎めない男です。

母の元に戻った程咬金だったが、力が強いだけで何も取り柄がなかった。
そして市に出て、繁盛する店前で熊手を強引に売りつける程咬金。

すると豪傑を探していた万老財の目に留まった程咬金。
万老財は程咬金をぼったくりをする店まで案内する。

程咬金は客を騙す店に怒りを感じて暴れ始めた。
そこに店の主人の尤俊達が現れ、英雄好きな尤俊達は程咬金と兄弟の契りを結ぶ。

宇文成都を父の宇文化及が訪ね、靠山王の貢ぎ物を奪えと命令する。
地下宮殿で陽広は女色にふけっていた。

2話

楊広は巨大な兵力を持っている楊林を味方にしたいという。
そこで蕭美娘は楊堅の娘である玉群主を娶るのだと提案する。
楊広は権力を握って何かを企んでいるのかな?徳のなさそうな楊広と賢い蕭美娘はなんだか嫌な組み合わせですね。

捕り手の頭として盗賊を捕えようとしていた秦瓊は拘束され、大勢の盗賊の前で今にも処刑されようとしていた。
その時秦瓊は愛馬の黄鏢を呼び、黄鏢が持ってきた剣で縄を解いてしまう。

すると駆けつけた役人が盗賊たちを包囲する。
秦瓊は囮になっていました。すごい度胸ですね。

楊林の元には楊広から結納品が届き、何も知らない玉児に楊林は婚姻が決まったという。
楊広は皇帝の父、楊堅の前で自分を疑う兄のが即位したら殺されてしまうと嘆く。
父と母の前で楊広は質素で慎ましく振舞っているようです。ますます怪しいですね。

そこに楊勇が訪ね、楊広と入れ替わると皇后は遊んでばかりで父を見舞わない楊勇を咎めた。
楊勇は善人ぶる楊広が気に食わないからだという。

ある日文帝は悪夢にうなされ、夢の内容を知った楊広。
悪夢の内容を利用した楊広は、楊勇に数多く付く李家の重臣を左遷させた。

そして楊勇一派の要となる李淵を排除したい楊広は、金蛇衛に李淵を襲わせる。
道中に襲われた李淵だが、駆けつけた秦瓊たちに救われた。
秦瓊は名前も名乗らず去っていきます。カッコい良いです。

秦瓊は金蛇衛の身分証を拾う。
暗殺の失敗を隠そうと、宇文化及は司馬欣を向かわせる。

金蛇衛から逃げようと秦瓊は黄鏢を放ち、身を潜めた。
戦闘で毒にやられた秦瓊だが、治療してなんとか生き長らえる。

3話

北平王府に楊林が武奎と武奎を羅芸の監視に送る。
武安福は北平の出迎えが気に入らず、市民にも見境なく暴れ始めた。
すると武安福の鞭を受け止めた羅成は武安福を吹き飛ばし、槍を向ける。
白金色の鎧を着た羅成は美少年という設定ですが、迫力のある槍と相まって存在感があります。

羅成は乱暴をした武安福らを捕まえた事を羅芸に報告すると、
怒り心頭の羅芸は首を斬らせようとした。
そこに事を荒立てないようにと止めた妻の秦勝珠。

一方、程咬金は母と飲み食いに明け暮れていたが、母はただで面倒を見てくれる尤俊達に疑問を感じていた。
尤俊達は程咬金に武芸を教えようとし、程咬金は一番重い斧を受け取る。

司馬欣から逃げていた秦瓊は毒の回復に宿に一人で泊まり、樊虎を先に行かせた。
そこに戻ってくる黄鏢。
秦瓊に対して黄鏢はかなり忠実ですね。

その後、宿屋は秦瓊を厩に留めてる隙に秦瓊から銀子を奪ってしまう。
毒で衰弱してる秦瓊にたいして酷いやつらです。

楊広との縁談を免れようと北平へ逃れていた玉児に、匿っている秦勝珠は断れば良いという。
秦勝珠は包容力があります。

銀子がなくなった秦瓊は体調が悪化する中、銀子を作るために黄鏢を売りに出す。

1話~3話の感想

父と母を騙し、兄の楊勇までも陥れようとする楊広。
楊勇はどうやら楊広の二面性に気付いてるようですが、弱腰ですね。
楊広に悪知恵を授ける蕭美娘も合わさって不気味な状態です。

一方で尤俊達に飲み食いさせてもらいながら気ままに行動する程咬金。
コミカルな役をしている程咬金は一体どういう立ち位置なのか。
人間らしくてどこか愛嬌がある程咬金が気になりますね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です