霜花の姫-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-霜花の姫-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

霜花の姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
引き続き、錦覓は人間界で歴劫中です。人間界で名君・熠王として君臨している旭鳳は、謀反を企む南平侯によって命を狙われる羽目に。「聖医族の聖女」に転生している錦覓は、熠王を救う使命と、南平侯の圧力との板挟みになってしまいます。そんなこんなで、天界の人々の思惑とは逆に、どんどん接近していく錦覓と旭鳳。もう見てられないということで潤玉が密かに介入し始めますが… 天界は人間界に手出ししすぎ!

そして歴劫を利用して、天后が錦覓を、魔界が旭鳳を亡き者にしようと企んでいるわけですが、そのために、仙人を元神から消し去ることができる「滅霊箭」という危険な武器を、各方面が奪い合いに。それを作った魔界の謎の男「慕辞」について、次第に明らかになって行きます。鎏英と慕辞の切ない恋の行方が、メインのはずの錦覓と旭鳳より断然力を入れて描写されていますよ!それでいいのか!助けて月下仙人~♪

【霜花の姫】(ネタバレあり)

25話

熠王は体調を案じる南平侯と傅相に「風邪にすぎない」と説明する。しかし退出後、南平侯は傅相に対して王が吐血していたと言う。ただの風邪ではなく宿病であり、今熠王に事あれば世継ぎはおろか妃もいないという現状への不安を傅相に植え付ける。南平侯は熠王のもとに郡主をやって様子を伺わせることにする。
南平侯は着々と布石を打ってきますね。ワルだけど無能ではないだけに脅威ですね…

鎏英は慕辞の気配を感じるが、慕辞は隠れていて出てこない。そこで鎏英は「ならこの命を返す」と崖から飛び降りてみせる。たまらず慕辞は鎏英を助けるものの「公主の言う慕辞は死んだ」と突き放す。「幽冥の怒り」出現後姿を消した慕辞、「あの時忘川で何があったの」と鎏英は問いかける…
…かつて「幽冥の怒り」が出現した時、それを解いた慕辞の瞳が黒く光るが、それは滅霊族の成人だけに見られる希少な現象だった。魔尊や固城王にそのことを知られ、慕辞は鎏英を傷つけたとの罪を着せられて日没の地に落とされたのだった。だから慕辞は「魔界へ帰ろう」と言う鎏英の手を振り払い、ひとり去っていくしかない…
固城王にかかると、過去の滅霊族の謀反自体も怪しい気が。慕辞の孤独が切ない…

翌日、南平郡主は父・南平侯の指示で熠王の様子を見に来ていた。元気に鍛錬を行う熠王の様子に安堵していたところに、錦覓が薬湯を運んでくる。郡主は錦覓の口覆いの下をしつこく見たがり、それを止めようとした熠王は吐血して倒れる。やはり病は本当だったのかと落ち込む郡主に、錦覓は「必ず治します」と約束して帰らせるが、熠王の吐血は錦覓が協力しての芝居だった。しかし錦覓が「腎機能の病」と言ったことで、熠王は面目を失ったと迫り「いつか必ず君に口覆いを外させてみせる」と急接近して錦覓をどぎまぎさせる。しかし錦覓は聖医族の聖女なので、掟は裏切れないと逃げ出してしまう。
郡主も錦覓も、天界より人間界での方が断然人柄に好感が持てるのはどうしてかな?

実は秦潼の進言で、「男女の仲は戦と同じ」だと、熠王は詩経を読んで錦覓の口説き方を対策していたのだった。秦潼は「聖女の身持ちが固いなら通常の陣地戦ではなく攻城戦を」と言うが、兵法の書はすべて郡主に貸し出していた。「では、腎機能が治る日を待とう」という熠王に、秦潼は大笑いする。
…そんな人間界での旭鳳と錦覓のやり取りを、月下仙人と縁機仙女は「旭鳳の意気地なし~!」などとヤジを飛ばしながら見ていた。月下仙人は「聖医族などに送り込むから」と縁機仙女に八つ当たりするが、縁機仙女もその設定を望んだのは旭鳳だとやり返す。
月下仙人と縁機仙女と一緒にパブリックビューイングしたいですね、楽しそう~

帰宅して郡主が泣いて「陛下が喀血して気を失った」と泣き伏すのを見て、南平侯は「お前の婚約は必ず解消するから大丈夫」と言う。しかし郡主は12歳の頃から密かに作らせていた花嫁衣装と喪着を見せ、「命ある限り私達を引き離すことはできない」と固い決意を見せるのだった。
そこで南平侯は錦覓を呼び出し、「一年の余命をあと十日にしてもらう」と命じる。十日後に百官大会があり、文官武官が揃う中で熠王を廃すから、大会のさなかに殺せ、と…
南平侯は聖医族全員を人質に取っており、王を助ければ聖医族は滅ぼされるが、王が死ねばより多くが犠牲になる。悩んだ錦覓と羌活は、長老に相談するため、鳩に文をつけて飛ばすことに…
穂禾は、思い込みの強いのはそのままなのですが、なぜか一途な感じでかわいげありますよね。そして錦覓も、人間界の方がデキる医女!という感じで、人間界の方が楽しい…

26話

聖医族村の長老から鳩が戻ってきた。「聖医族のことは構わずに、熠王をお救いして」との文に、羌活は泣きだし、錦覓は自分達に課せられた重い使命を感じる…
翌日、錦覓は南平侯を訪れ、余命に正確を期すため、熠王が食べていた過去の品書きと、服用していた薬を知りたいと申し出る。南平侯は快諾するが、錦覓は「本心がわからない人だ」と思う。
錦覓が落ち着いて知的に頭脳戦を戦っている… 水神、見ていますか!娘の雄姿を! 

帰途、錦覓は郡主に止められ、泗濱浮石を使った砭石の用具を差し出される。錦覓は遠慮するが、「父への忠誠心への感謝のしるし」と穏やかに微笑む郡主の真意を測りかねる。郡主は人払いをして錦覓と二人になると態度が変わり「あなたも父の手先だったのね」と問い詰める。しかし錦覓は南平侯が郡主を使って探りを入れているのかもしれない、と手の内は隠したまま慎重にふるまう。
錦覓が郡主の前から去ろうとしたところ、郡主が足元の毒蛇に絶叫したため、錦覓は雄黄粉をかけて蛇を追い払う。蛇を酒の材料にしたいと言う錦覓に、郡主は呆れる…
絶対人間界の方が、錦覓も穂禾もいい人ですよね… 旭鳳はあまり変わらないのに…

錦覓は蛇を追って雄黄粉を辿っていくと、彦佑が倒れているのを見つけ驚く。彦佑はふらつき粉にまみれていたが、脈を診ようとする錦覓にどさくさで抱きつこうとする。そこにやってきた郡主が天界の記憶がないと見て、「自分は南平侯の食客で撲哧君」と名乗る。
郡主たちと別れて鴻昌酒楼にやってきた彦佑は、錦覓から撲哧君という名を「変な名前」と言われ、「妻が付けた名前」だと説明する。
錦覓は南平侯のことを考えて暗くなるが、彦佑も同じくお互い「望まないことをさせられる」同士だった。しかし彦佑は「明日の悩みはその時悩めばいい」と酒を酌み交わす…
彦佑は前のかわいそうな設定で同情しましたが、やっぱりこいつは危険です~!

傅相の上申を受けている熠王は、わざと血を吐いてみせる。それを見て傅相はおろおろしたものの、気を取り直して「納妃の献言」を上奏する。熠王は、自分は病の身だから、納妃は治ってからにするとかわすが、すると傅相は用意してあった「王位継承者の決定」を差し出し、「何とも抜かりのない男よ」と熠王をあきれさせる。
熠王は錦覓に、納妃を勧められていることを話し、「聖医族の暮らしをやめ、王妃として生きないか」と切り出す。しかし錦覓は「私は自分の力だけで生きていけます」と突き放してしまう。聞いていた羌活は動揺し、「許されない事よ?」と錦覓に釘を刺す…
秦潼は人間界に来てから大活躍ですが、まさか旭鳳と関係を疑われるようなことになろうとは。中国腐女子の皆さんが旭鳳×秦潼の薄い本を厚くしそうな勢いですね(ないない)

突然の求婚に動揺した錦覓は、龍の鱗を使って潤玉を呼び出す。錦覓は潤玉に造ったお酒を渡し、喜んだ潤玉は月下美人を咲かせてみせる。二人は和やかな時間を過ごすが、そこを慕辞が密かに滅霊箭で狙っていた。しかしその場に熠王=旭鳳が姿を見せたため、慕辞ははっとして矢を引く。
熠王は知らない男性と二人でいる錦覓を見てむっとするが、錦覓は「私の友人で神仙です」と紹介する。潤玉は「旭鳳」と呼びかけたため、秦潼に無礼だと怒られる。
潤玉的には、人が変わって知的な感じの錦覓もお好みなのでしょうか…

命令に失敗して落胆していた慕辞を、仮面の刺客たちが襲いかかり、滅霊箭を奪おうとするが、そこに彦佑が乱入し、奪い合いになる。仮面の刺客たちがやってきた鎏英を狙ったため、慕辞は鎏英を守って共に闘うが、闘ううちに慕辞は自分の手の滅霊箭が偽物であることに気付き、姿を消す。鎏英はその後を追うが…
滅霊箭は彦佑の手に渡った、ということですね。彦佑イリュージョン!

熠王と潤玉は錦覓を巡って一触即発になるが、さらにそこに彦佑がやってきて修羅場に。
彦佑は熠王の記憶を喚起するかのような発言を繰り返し、潤玉は錦覓と二人で静かに花を愛でたかったのに、とぼやく。仕方なく熠王と秦潼の記憶を消して潤玉と彦佑は去ることに。彦佑は潤玉に滅霊箭を見せて「あの方の気持ちを変えてくれるかも」と言うが、潤玉はむしろ彦佑が錦覓に気がありそうなことの方が問題だった。
錦覓を巡る三人の男たちという、モテモテ状況なんて誰得。そして「あの方」って誰…

天界に戻った潤玉は鄺露を連れて省経閣に向かい、滅霊箭について調べ始める。ところがその最中に天帝が描いたと思われる美人画を発見する。「龍魚は蔌々と紅色の涙を流す 今朝出会うも 想い離れざらん」と書かれたその絵の美人には、霊火珠の腕輪が…潤玉は「なぜ描かれているのか、何者なのか」と考え込む…
一方、鎏英は慕辞をさらに追いかけ、錦覓と火神を滅霊箭で狙うなら許さないと牽制する。しかし慕辞は「滅霊箭は失った」と答える。鎏英が倒れたのを見て、思わず慕辞は駆け寄るが、その隙に鎏英は慕辞の仮面を剥がし、慕辞の顔を確認する…
天帝、美人画残しすぎ。以前花神も描いていましたよね。この絵は潤玉の母親とか?

27話

鎏英はとうとう仮面の男の素顔を見て、慕辞だと確認してしまう。慕辞が立ち去ろうとしたところで、仮面の刺客たちが二人を襲い「滅霊箭の代わりに卞城公主(鎏英)を差し出そう」と言う。鎏英と慕辞は闘い始めるが、「怪我でもしない限り慕辞は側にいてくれない」と思った鎏英がわざと敵の剣に刺される。慕辞は刺客たちをすべて倒し、鎏英を隠れ家に連れ帰って手当てする。
一方、滅霊箭を手にした彦佑だったが、いざ熠王を殺そうとしてためらってしまう。そこで政務を行っている熠王の頭上の天井に、自分の髪で滅霊箭を吊るして去るのだった…
彦佑なんてことを。それはもう「旭鳳以外の誰かに滅霊箭が落ちてくるフラグ」では?

慕辞は天后に「滅霊箭を失った」と報告して、激しい怒りを買う。慕辞はさらに、魔界の物と彦佑が歴劫に乗じて火神の命を狙っており、彦佑が滅霊箭を奪ったかもしれないと話す。天后は「蛇仙と鼠仙の背後はおそらく同一人物」と考え、それが何者か、かつ水神と夜神と関係の有無の調査を命じる。
潤玉が錦覓の元を訪れて計画を邪魔したと聞き、天后はさらに怒りを燃やし、穂禾の記憶喚起を急がせ「滅霊箭が奪い返せなかったらそなたの血で再び作ってもらう」と…
天后が水神と夜神について「調べろ」っていう時は、「関係なくても証拠をちゃちゃっとでっちあげろ」っていう意味なのを、多分真面目な慕辞はわかってないと思いますよ…

人間界の隠れ家に戻った慕辞は、鎏英の姿がないので動揺するが、鎏英は慕辞を捜しに外に出ていたのだった。鎏英が腕の中に飛び込んできて、慕辞の心は揺れ動くが、鎏英に「魔界に帰るべきだ」と言う。一緒に戻ろうと言われても「私は戻れない、私はもう慕辞ではない」と…。鎏英が抱き締めた手をほどき、慕辞は出て行ってしまう…
ヒロインの錦覓周辺がドタバタコメディで、鎏英と慕辞がロマンス担当に~!

彦佑が雲夢澤を訪ねると、鯉児が義母に水霧術がうまく使えなくて叱責されていた。鯉児ではない他の「誰か」を投影させて激しく叱りつける義母の姿を見て、彦佑は悲しくなり、鯉児を外に出す。彦佑は義母に「まだ滅霊箭は奪えない」と嘘をつき、敵が自ら天命で滅びるのを待とうと勧めるが、義母は「血で償わせるのだ」と逆上する…
あれ、まだ鯉児ちゃん解放されてなかった…早く逃がしてあげて~!しかし本物の「鯉児」は水系の術を使いこなす高能力な仙人なんですね。ということは…

秦潼と部下は、熠王が灯節の灯籠を作るための材料を調達しに出て、道に迷ってしまう。一人で道をたずねに出た秦潼は、不思議な老夫婦を見かける。妻の老女は死にかけており、夫に自分を殺させようとしていた。驚いた秦潼は制止し、薬代にと手持ちの銀子を全部差し出す。しかし妻は「このご恩に必ず報いてあげて」と言い残して息を引き取ってしまう。
埋葬を手伝った秦潼に、夫は「困ったことがあったらこれをもって私の元へ」と、不思議に輝く令牌を手渡して去っていく。秦潼は墓に令牌を置いて去ろうとするが、気が付くと令牌は秦潼の手元に戻ってくるため、これも天の授かりものかと神に祈るのだった…
秦潼は人間界に来てからほんとナイスキャラですね。しかしこの老夫婦は天界の誰だ!

南平侯が「明日、聖女が熠王の病状を発表したら、熠王に譲位を進言する」と話しているのを郡主が耳にし、父に食って掛かる。しかし南平侯は「譲位は政局の混乱を防ぎ、天下の太平も保つ」と言い、淮梧の将来のために自分を新王に推挙するという。郡主はそれを熠王に告げに行こうとしたため、監禁されてしまう。
百官大会当日、南平侯の計画通り、熠王の病を理由に譲位を迫る上奏が行われる。その病の情報が聖女からだというので、錦覓が召喚されるが、錦覓は「熠王はすでに健康で心配ない」と言う。その頃熠王は聖医族を南平侯の拘束から無事に解放していたのだ。
熠王もちゃんと手を打っていたのですね。聖医族の皆さん救われた~!

南平侯は錦覓の誤診を追及するが、錦覓は「それは何者かが陛下の食事に細工をしていたから」と説明し、南平侯から得た品書きを熠王に提出するが、南平侯はその品書きを作成した尚善監の董瑞喜に罪をなすりつけようとする。熠王は董瑞喜を収監し、調査を傅相に任じて、謀反を未然に収束させる。南平侯は聖医族の配下からの連絡が途絶えたことで、配下が熠王に始末されたことを知り、何としても董瑞喜の口を封じようと考える…
南平侯はまだ粘るようです。こういう場合証人は消されてしまうフラグですね~

25~27話の感想

天界にいる時より、錦覓と穂禾が断然いいキャラになっているのは、縁機仙女が各方面からの圧力に負けてベタなシナリオを描いているせいでしょうか。だって、人間界に来る前の錦覓って、正直「あんなヒロインで大丈夫か?」って思うことしばしばありましたし。もう天界の話はなかったことにしてもらってもいいかも、天后怖いし。
人間界の方が旭鳳の熠王も、燎原君の秦潼も、キャラが魅力的になってきたのはなぜ?これは私が話にのってきた、ということだけではないと思うのですが…

一方鎏英と慕辞の引き裂かれた魔界愛の方が、シリアスに切なく描かれていて、むしろそっちの方が主人公なんじゃないかっていう感じすらしてきました。滅霊族が謀反を起こしたというのも、実は固城王の謀略によるでっちあげなのでは?そして慕辞は滅霊箭メイカーとして、六界征服の切り札に閉じ込めておかれたとか、そういうことなのでは…
…そう予想はしても、まだ謎は数多く、きっと予想は軽く裏切られていくことでしょう。鎏英はとってもいい子なので、慕辞とは最終的に幸せになってほしいですね…

しかし彦佑の滅霊箭放置プレイ!何という不確実かつ無責任な、ギャンブルじみたことをするのでしょう。彦佑ちょっと禿っぽいからきっと髪も細くてすぐ落ちちゃいますよ!
いつ落ちてくるのか、いつ誰に落ちてくるのかもわからない毛髪ルーレットですが、彦佑の髪が剛毛であることを祈るしかありません。頑張れ毛髪!

ところで旭鳳を演じているダン・ルンさんが「楚喬伝~いばらに咲く花~」に出演しているのですが、アジアドラマティックTVでようやく登場が放送になっていました。「楚喬伝」はガチガチにシリアスなシーンの連続なのですが、その中でびっくりするほどバカ殿キャラ!旭鳳では仏頂面の多いダン・ルンさんが、ニコニコとキャラ崩壊していてむしろかわいい感じです。後半まで登場しないのが残念ですが、旭鳳推しの方は是非チェックを!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です