麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとう珍珠がと崔彩屏の二人が李俶のもとに輿入れする展開です。
絶対恩人って李俶でしょ?早く判明しちゃえYO!なんて短絡なことを考えているようでは中国時代劇のドロドロな長丁場を乗り切れませんよ!
まだまだ始まったばかりで、しかも悪役には事欠かないこのドラマ、毒を盛ってなんぼ、盛られてなんぼです♪

朝廷の三すくみ的な権力構造が、次第に安史の乱への導火線に火をつけようとしていますが、玄宗はまだまだ呑気に舞っていますからね、乱へのカウントダウンは始まったばかりですよ~!今回は7~9話をご紹介しますね~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

7話「覚悟の輿入れ」

両親の仇討のために珍珠は広平王(李俶)との結婚を決意する。
珍珠を想って慶緒は一緒に逃げようと言うが、珍珠を政治の駒に使おうとたくらむ父・安禄山によって監禁され、拷問を受けることに。慶緒は悔しさに震える…
後々この拷問が、安家の親子関係に決定的なひびを入れることに。そりゃそうだ

突然珍珠が京兆府に現れ保護されたことは、楊国忠や皇太子府を驚かせた。
そのまま珍珠は、玄宗が沈夫妻をまつった大興国寺に移され、両親の喪に服すことに。
張氏は賢い後妻さんだなと思っていたんですが、なんだかこのあたりの場面でやけに知りたがりで、ちょっと怪しいかも?考えすぎ?

李倓は林致と一足先に婚礼を済ませていた。
沈家の不幸があったことから、李俶は遅れてようやく支度にとりかかっていたが、沈氏と崔氏の格式は同等に、と気配りしつつ、職務をこなすかのように淡々としていた。
そんな李俶の部屋に、李倓は若い女の絵姿を発見し、他に想い人がいたことを知る。
名も知らず探しようもないが、それが実は珍珠であることを知る由もない…
李倓、待ってられなかったんですね~そりゃそうか~

珍珠と林致はようやく再会を果たし、ずっとお互いを心配していたと涙ぐむのだった。
李俶との不思議な因縁を聞いた林致は、これから崔彩屏と正妃をかけて渡り合う珍珠を心配する。一方、崔彩屏は珍珠に対抗心むき出しで、後ろ盾を亡くした珍珠に対して見下しにかかっていた。
崔彩屏も自分のあずかり知らぬ事情で待たされたわけで、そこはちょっと可哀想?

半年後、ようやく二人の花嫁が広平王府に嫁ぐ日が訪れた。
崔彩屏は珍珠に張り合うあまり、花嫁行列を急がせて失敗、逆に顔を傷つけることに。
珍珠の侍女・紅蕊は崔彩屏の使用人の男が刺客だと気づき、脅して韓国夫人が黒幕だと白状させる。しかし珍珠は、沈家の一家惨殺の真犯人は別だろうと考える。
崔彩屏、わかりやすく張り合いますね~。そして墓穴にはまるお約束…

婚礼の客の接待で泥酔した李俶を、崔彩屏に買収された宦官が瑠璃閣(崔彩屏の部屋)へと導こうとするが、李俶は途中で酒に薬を盛られていたと気付く。
珍珠のもとにやってきた李俶は、ようやく珍珠の正体に気付いて喜ぶが、拒まれて、珍珠が「想い人」をまだ忘れられないことを悟り、立ち去るのだった。
薬を盛ってでも自分の想い人をものにしてコントロールしようとする女と、他の男を想い続ける女と… 李俶は女運ないですねぇ~

拷問でぼろぼろになった慶緒は、安禄山に表面上従順を装ってみせていた。
安禄山は慶緒の変化を信じて喜び、長安の政を慶緒に任せることに…
安禄山もこれで息子が従順になると思ってるなら、単純すぎる~

8話「正妃への贈り物」

結婚式の翌日、李俶と珍珠、崔彩屏はそろって皇太子夫妻に挨拶する。
李倓と林致は夫婦仲良好だったが、崔彩屏が実家自慢で珍珠をけなし、それを寛容に受け入れている皇太子夫妻を見て、李婼がまぜっかえした。李婼は崔彩屏の親戚との縁談を嫌い、継母の張氏に反抗しているのだった。
崔彩屏がひとりいるだけで、家庭内の空気がいい感じにひんやり冷え込みそう…
李婼がそれを炎上させて、あれ?皇太子府はちょうどいい具合?

皇太子は珍珠から麒麟令の情報が引き出せないのなら、結婚は無駄だったのではと言い出し、李俶を慌てさせる。皇太子にとっては、珍珠は麒麟令の行方のコマにすぎない。
珍珠は宮中であちこち令牌を見て回って、手元の欠けた令牌は太監や侍衛のものではなく、禽鳥紋ではないかと気づいた。
李俶は珍種に、幼名の「冬郎」で呼んでほしいと言い、母・韋妃から「正妃に渡すように」と贈られた腕輪を珍珠に贈る。
中国時代劇でよく出てくるあの玉(ぎょく)の腕輪、手が大きくて通らなかったりとかないのかな、って心配になるんですけど、余計なお世話ですね~

両親の供養とみせかけて安禄山の密偵と接触しようとした珍珠だったが、面会場所に慶緒が待っていて、未練を隠そうとしない様子に珍珠は困惑。
安家の密偵によると、現場に残っていた赤い鳥の笛は楊貴妃や皇太子などに下賜された朝貢品だった。禽鳥紋の令牌は宮中の貴人に仕える間者の持ち物なので持ち主を調べるのは難しい。やはり珍珠が宮中の記録を調べるしかない…
先々、赤い鳥の笛は誤解のまま禍根となってしまうのでしょうか…

珍珠は林致に、李俶から腕輪をもらったことを話す。林致は祝福するが、珍珠は目をかけられることが心苦しく、房事を控えるための治療を林致に施してもらうことに。
一方林致も悩んでいた。皇太子夫妻の脈を診たところ、皇太子の体が弱っていてすでに子供を作れないことがわかったのだ。しかし張氏が一度流産を経験しながらも妊娠を望んでいることから、正直に言うべきか迷っていたのだという。
珍珠は「それは余計な災いを招くから、言わない方がいい」と…
このまま皇太子→李俶と即位していったら、李俶の母親が復権する可能性大ありなので、そりゃ張氏は子供に賭けますし、ヘタに関わるのも危険危険~

楊国忠は広平王府に息のかかった侍女を置いて情報収集していた。その侍女が、珍珠が李俶から「母からもらった腕輪」を贈られたと崔彩屏に告げ口する。
崔彩屏にとって李俶はずっと思い続けた初恋の人なのに、李俶は目もくれない…ますます珍珠への憎悪をつのらせるのだった。
「私のどこがいけないの」って、そういう性格がいけないんじゃないかな~

珍珠は安を捜すために尋ね人の似顔絵を描いていた。そこに李俶が、珍珠の好物のサンザシ飴をさしいれてくれた。実はサンザシ飴は恩人との思い出の品だったことから、珍珠は李俶の優しさが心苦しい。
しかも林致の「治療」で手足が冷えているのに、李俶はそれを労わって火鉢を取り寄せようとする。ところが、珍珠のもとに配られた炭が質の低いものに差し替えられていることが判明、李俶が問い詰めると、家令が後ろ盾のない珍珠を侮って私腹を肥やしていたのだった。
激怒した李俶は何霊衣から家務の権限を取り上げて、珍珠に仕切らせると宣言する。
李俶のお世話係でナイスキャラの張得玉が登場してきました。そしてここは李俶かっこよかったですね、上司にしたい殿下ナンバーワンですね!

皇太子妃は療養のためにご機嫌伺いを免じたため、珍珠は宮中に行く用事がなくなり困ってしまった。そこに家務のことを聞いた崔彩屏が怒鳴り込んできて騒ぎになる。
李俶が様子を見に来ると崔彩屏はコロッと態度を変えるが、素瓷と紅蕊の機転で崔彩屏が恥をかくことに。珍珠は配慮して自分が謝罪してことをおさめようとするが、崔彩屏は「詫びのしるしにその腕輪がいただきたい」と申し出る…
崔彩屏、だからそういうところが嫌われるんだと思うんだよ…

9話「偽物の腕輪」

李俶からもらった大事な腕輪を崔彩屏に要求され、珍珠は返答ができずにいると「本心で詫びる気がない」と追いつめてきたため、やむなくあげる約束をする。
それで李俶は機嫌を損ない、崔彩屏は勝ち誇るが、珍珠は何か策を考えていた…
李俶も李俶で、そこでかばってあげればいいんじゃないかなと

都に「安禄山が契丹と奚を破り、大功をたてる」との知らせがもたらされ、安禄山の台頭を恐れる楊国忠は、安禄山の叛意を玄宗に訴えようと協力をほのめかしてきた。しかし玄宗は安禄山を溺愛しており、ただ訴えても証拠がなければ信用されない。皇太子と李俶は事態を静観することに。
楊国忠は安禄山謀反疑惑を上奏、忠義心を試すため安禄山を上京させようと提案し、玄宗はそれに応じる。楊国忠は「陛下は安禄山の忠義心を疑っている」と噂を流させる。
この辺の政治的な話、李俶がフリップか何か出して図解してほしくなります~

崔彩屏は珍珠から腕輪を取り上げ、自分こそが正妃だと確信していたが、実は珍珠はよく似た別の腕輪を渡したのだった。
李俶は珍珠を喜ばせようと市街へと連れだし、サンザシ飴を買って楽しいひと時を過ごす。しかし夜を共に過ごそうとすると、珍珠は体調の悪化を訴え、侍医により房事を控えるよう助言されてしまう…
このいびつな三角関係、どう考えても珍珠に罰が当たると思うんですよね…

何霊衣は李俶への想いを隠しながら仕えていたが、崔彩屏に呼び出されて、珍珠に家務権を取り上げられて悔しいだろうと、協力を命じられる。しかし何霊衣は「私の主は殿下だけです」と突っぱね、一方で珍珠が崔彩屏に譲った腕輪が実は偽物だと暴露する。
怒った崔彩屏は韓国夫人に訴えるが、珍珠が病で房事を行えないのだから、先に懐妊すれば正妃の座は確実、とけしかけられる。
何霊衣~余計なことを~!しかし李俶、崔彩屏とのおつとめは果たしてたんですね…

崔彩屏は懐妊しやすい日を狙って、李俶のもとへ媚薬効果のある薬をつけて訪れるが、においであっさりばれ、追い返されてしまう。
しかしそうとは知らない珍珠は、李俶の恩に応えようと料理を作って持っていくが、崔彩屏のはしゃぐ声を李俶の部屋の外で聞いてしまい、遠慮してそのまま帰ってくる。
珍珠は李俶を愛していないと思いつつ、なぜかいらだつのだった。
崔彩屏のわかりやすさったら、一周回ってかわいくすら思えま… せんね

李俶のもとに可汗が東則布を捕えたと朗報が。また可汗は「安禄山は昨年、契丹・奚と和睦を結んだ」という話を知らせてくる。それは安禄山が朝廷に嘘の報告をして軍備を増強しているのではと考えられた。
そんな中、安禄山が求めに応じて上京し、玄宗に拝謁した。玄宗は、安禄山と史思明を絶賛し、配下の武将たちに大量の任官状を与え、楊国忠は立場を失った。
安禄山は人たらしの才能のある人だったようで、このドラマでは楊貴妃は安禄山を嫌ってる設定ですが、史実では楊貴妃が安禄山を養子にしていたんですよね~

珍珠のもとに師匠の李白が訪れ、悲劇の後ようやく会えたと珍珠は涙する。
実は李白は、沈家襲撃の翌日沈府を訪ね、惨劇の中にひとりたたずむ安を見つけ、襲い掛かる刺客から逃げ、二人で山に隠れていたのだという。
しかし様子を見に戻っている間に安を見失い、そのことで李白は自分を責めていた。
珍珠は、事件のすべてを見ていたはずの安を案じる…
李白キター!しかもイケメン!しかもキーマン!!

7~9話の感想

花嫁二人のいびつな結婚生活がスタートしましたが…珍珠を寵愛しつつ手は出せず、崔彩屏にはぞんざいにお手付きみたいな、そんなアンバランス長続きしないですよねぇ~。
しかしサンザシ飴の思い出のシーン、「恩人」にサンザシ飴を買ってきてくれた使用人は、張得玉じゃなかったですか?ああもう気付け~!ありがちな玉佩ポトっと落とすとか、張得玉がサンザシ飴の思い出をポロッと語るとか、早く二人で接点にたどり着いて~!

しかし広平王府だけじゃなく、朝廷でもいびつな三角関係がグラグラ不安定ですね。
玄宗は安禄山を褒めて楊国忠のことをあてこすっていましたが、楊国忠の「国忠」という名前は玄宗が楊国忠の忠誠に対して与えたものだそうですよ。まぁなんという酷い心変わり… 楊国忠は策士で奸臣ではあるけど、謀反は考えてないだけマシなのに(酷い)。

これから李俶と珍珠は両想いに気付く前に、珍珠の仇討目的の結婚が露呈する?皇太子の不妊問題は?可汗の家庭問題は?不穏な方向に話がどんどん転がっていきそうですよね。助けて李白先生!安の行方はいずこ~!!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • はい又始まった嬉しいです。
    後ろだてがない珍珠を支える李淑に感動しています。自分の過去を思い出して…します。 新たな発見に思いを馳せています。  コメントを読ませて頂くのが嬉しい

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です