麗王別姫-れいおうべっき-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-麗王別姫-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

麗王別姫



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
安史の乱が勃発後、長安から逃げ出して色々不幸な出来事がありましたが、外敵から二都を奪還し、さまよえる唐朝もようやく長安に腰を据えて再スタートを切ることができました。珍珠たちもようやく家庭的な落ち着きを取り戻せたようです。
しかし外敵がいなくなると、どうしても内輪もめが始まってしまうのが人の常… 病弱な粛宗ですから、なおさら皇位継承問題が発生してきます。

そう、悪の総本山・張皇后がとうとうその野心をあらわにして、李俶の追い落としにかかってきますよ!それにしても張氏はどのあたりから野心を抱いて、何霊依を育てて様々な工作を行ってきたんでしょうね。恐ろしい限りです。楊貴妃という強敵と当たる玄宗じゃなくて、粛宗を狙ったのは、彼女の一族の野望だったのでしょうか。ドラマに描かれないところを深堀りすると色々面白そうです。

今回は55~57話をご紹介しますが、また今回の展開も、予想をいい意味で裏切ってきますよ!楽しんでいきましょう~♪

【麗王別姫】(ネタバレあり)

55話「諦め切れぬ想い」

張皇后は霊児に「次期皇帝は己の子だということを史思明に知らせ、強力な後ろ盾に」という策を語る。皇帝に影響を与える太上皇の座をちらつかせ帰順させることが史思明を取り込む唯一の方法だと。霊児は史思明の権力が増すことを恐れないのかと疑念を呈するが、皇后は「即位したら始末すればいい」と…
命を受けた霊児は史思明のもとに赴くが、史思明は話を聞いても容易には信用しない。李佋の父親を独自の方法で調べ、証明されてから今後について話し合うつもりだと。
「即位したら始末」ですって、キャー怖い!種馬に馬車引かせて目的地に着いたら馬刺しにして食べるくらいの、合理的な利用法ですね!

林致は安を連れて久々に広平王府を訪れ、珍珠は安との再会を喜ぶ。林致のもとに預けられている安は、影響を受けて医学書に興味を持っている。長孫鄂も「医学の鬼才」と認めだので、林致は安を長孫鄂に弟子入りさせたいと言い、珍珠も願ってもないと許可する。
積もる話に花を咲かせていると、林致は記憶がよみがえり、ぼんやりしてしまう。でも林致は記憶が戻ることについて「過ぎたことだから」と前向きに受け止めようとしている…
安は林致の母のところに預けられていたのでしたね。無事でよかったです。このドラマで、出てきてもいいのに出てこないのが林致の両親ですね~

済世堂では、長孫鄂と林致が医院の再開のために準備に忙しい。そこに仮面をつけた李倓がこっそり覗きに来て林致に見つかってしまい、「昔、兄弟を治療してもらった、その恩を返すためにここで働かせてくれ」と出まかせを言ってそばに居ようとする。
長孫鄂は林致のために拒絶するが、必死に粘られ根負けする。李倓は「阿醜」と名乗ることに…。長孫鄂は山ほどの仕事や薬の毒見など、意地悪なことをやらせるが、李倓は手にマメを作りながら必死に頑張るのだった。
長孫鄂先生、何気に意地悪~。林致の絵は李倓が描いたのかな?

粛宗の体調は戻っていなかったが、「広平王を皇太子に」という上奏文が大量に届いており、無理して目を通していた。張皇后は粛宗を気遣うふりをして奏状が粛宗の目に触れないようにする。同じ内容の奏状が大量に届いたのは李俶の工作とみて、霊児に命じて買収や恫喝で大臣たちの抱き込み工作を行わせる。
後宮は政に口出ししない、という建前をほぼ無視して買収や恫喝ですからね~。一度冷や水を浴びた官僚たちは、優秀な神輿を担ぎたいでしょうね…

素瓷は広平王府で無事に男の子を出産し、珍珠は素瓷の世話に心を砕く。
ところが産後まもない素瓷が起きてやってきて、亡き夫から「子が生まれるまでは読むな」と渡されていた文を珍珠に見せる。
素瓷の亡き夫は、かつて楊国忠の配下で、呉興で沈家を見張っていたことがあったのだという。悪人を夫に選び子をなしたことがわかり、素瓷は罪悪感で打ちのめされる。
しかし、文によると沈家を襲ったのは楊国忠ではなく、何者かが先に実行したのだという。珍珠からその話を聞き、李俶は楊国忠の最後の言葉を思い出し、真の黒幕が別にいることに二人は気付くのだった…
素瓷は、紅蕊の分も幸せになってほしかったのに、こんなダメ出ししなくても。そして死の間際まで信用がなかった楊国忠が、ようやく信じてもらえたんですね~

56話「本当の父親」

李俶は、何霊依と自分の出会いは仕組まれたものだったことに気付く。黒幕が身近にいるのではないかと、李俶は必ず真相を突き止める決心をする。
また、李俶は珍珠に「皇后に接触する際は、決して警戒を怠らないでくれ」と警告する。張皇后は李俶や李倓を攻撃し、粛宗との仲を引き裂こうと躍起。その裏には佋の立太子の意図があるのではないかと李俶は考え始めていた…
やっと立太子問題に李俶が気付いてくれた~!鈍いんですよ李俶は!!

李倓は長孫鄂にこき使われ、林致がそれを心配することが長孫鄂は気に入らない。
長孫鄂の外出中に、李倓はこっそり無患子(むくろじ)の泡でシャボン玉を作って林致を喜ばせる。それはかつて王府で林致が好きだった遊びだった。林致は李倓の手の豆に気付くが、李倓は「自分は師匠の大事にしていた宝物を壊したので、今、その罪を償っているのだ」と説明する。
済世堂の表で、安と白芍が兵士たちに絡まれ、李倓がそれをやっつけるが、それを見た林致は過去の記憶がよみがえってパニックになる。しかし林致が李倓のことを思い出していないのを確かめて、李倓はほっとするのだった…
離れたくないけど思い出してほしくない、という李倓の困った想いが、結局は林致の記憶の蓋を無理やり開けているような気がしますよね…

李係は靖瑶を口説き落とそうとしていたが、靖瑶からまったく関心を示してもらえず、李係は不快感を隠せない。
李俶は靖瑶を診察してもらおうと、林致を独孤府に連れてきた。靖瑶が席を立った後、林致は李俶に「彼女はおそらく身ごもれない」と診断する。李俶が落胆する様子に、「珍珠の友人として、なぜ彼女にここまで心を砕くのか」と林致が聞くと、李俶は「大事な友人なのに、私のせいで傷を負わせた。いつか彼女も誰かに嫁ぐのに、後悔が尽きない」と説明する。靖瑶はその話を聞いてしまい、激しく衝撃を受ける…
身ごもれないことと、結婚相手として見てもらえないことと、嘘をつかれていること、靖瑶にとってはつらい現実がいきなり押し寄せてきた感じですね…

林致は李倓に顔の傷を治してあげる、と薬を調合する。嫌がる李倓に「過去に起きたことは一つずつ水に流すべき」と林致は優しく諭すのだった。傷を消して新しい生き方を選ぶのだと言われても、李倓には林致のことを消すことができない。林致は李倓の気持ちをくんで「あなたが傷を残したいなら、二度と気にしない。阿醜は永遠に阿醜だもの」と微笑む。しかし李倓は「私は永遠に阿醜でしかない」と涙をこらえる…
林致の優しさが、まるで観音様のようです…李倓が許されることはないのかもしれませんが、再び阿醜ではなく李倓として認識される日は来るのでしょうか?

風生衣が李俶に、「皇后がお忍びで佋を連れて、青龍寺に行くと偽り出かけた」と報告。疑問に思った李俶が後をつけると、張皇后が茶館で待ち合わせたのは史思明だった。
史思明は医者を連れてきていて、史家に代々伝わるうろこ模様のあざが佋の腕にあるのを認め、佋が我が子だと確認する。張皇后は霊児に命じ、知りすぎた医者を殺させる。
そこに李俶が兵で茶館を取り囲み、密会の場に踏み込む。張皇后は「史思明将軍は唐に投降するから謀反人ではない」と言葉巧みに言い逃れる。そして手回しよく粛宗の勅命を受けた程元振が、史思明の送迎に遣わされてきた。李俶は無念の思いで刀を引き、皇后と史思明を見送ったものの、部屋の隅に医者が倒れているのを発見する…
史思明も相当性格悪いけど、彼は張皇后のどこがよくて言い寄ってたんでしょうね…似た者同士で惹かれあってたんですかね?

粛宗の御前で李俶は謀反人史思明と張皇后の密会を弾劾するが、史思明は唐への帰順と忠誠を誓い、張皇后もうまく粛宗を言いくるめる。丸め込まれた粛宗は、罰どころか逆に史思明に褒美を与え、李俶は納得がいかない。
刺された史思明の医者を済世堂に運び、林致に治療させたところ、助かる見込みがあるらしい。李俶は史思明の突然の投降の理由、そして史思明と皇后のつながりを考える…
相変わらず粛宗はチョロいですね~。そして霊児はよく失敗するなぁ…

57話「操られた孺人」

李俶は、史思明と張皇后はどういうつながりなのか考えるうちに、安禄山が以前、燕の宮中で「史思明と浮名を流した相手」として張皇后の名前を挙げていたことを思い出す。あの時史思明は顔色が変わり「過去の過ち」と言っていた。史思明と皇后の隠された過去を暴くには、茶館で見つけた老人(史思明の医師)の意識が戻るのを待つしかない…
李俶は、なぜこの安禄山の発言を今まで掘り下げずに来たのか、そこが謎!

広平王府に訪ねてきた林致だが、このところ頻繁に記憶がよみがえってぼんやりすることが多い。珍珠から佋の話を聞いた林致は、張皇后の懐妊がわかった時の記憶が蘇り、皇太子(粛宗)は子をなせないのに、皇太子妃(張皇后)はみごもったこと、皇太子妃が他の男と密会していて、それを見たために自分は口封じに殺されそうになったことを珍珠に打ち明ける。珍珠は、林致に降りかかった災難はすべて張皇后の仕業であり、自分の拉致の拉致や紅蕊殺しもそうだと気づく。
佋が粛宗の子でないのなら、張皇后の悪行についてきっと暴ける、珍珠が林致にそう話している時、外で騒ぐ声がして、いつの間にか崔彩屏が部屋の外にいたのだった…
林致の記憶は、かなり肝心要のところまで思い出しましたね!李倓大丈夫かな?

崔彩屏は王府の庭をうろついていて、用事で来ていた霊児とぶつかる。霊児におびえた崔彩屏は、霊児に「珍珠が、李佋は陛下の子じゃないと言っていた」と口走る。
すぐさま霊児は張皇后に報告し、手を打つことに。
霊児は何霊依に転じて、崔彩屏の枕元で香をたき、催眠状態にして珍珠の憎悪をかきたて、「珍珠を殺せ」と言い聞かせるのだった…
張皇后と霊児が珍珠たちの行動を推測する時、珍珠たちがさも悪意で行動してるような風に考えていますが、大体それ自分達がやってる悪意じゃないか?って思いますよね~

靖瑶は李俶が軍の鍛錬をしているところに行って、弓矢の勝負を仕掛けるが、さらりとかわされ、避けられているのでは?と感じる。李俶はごまかすように林致の処方した薬のことに話を換え、飲み続けるようにと念を押す。薬の真意をただしてもごまかされ、しかも嫁ぎ先候補の男に引き合わせようとする李俶に、靖瑶は「私を避けてもいいけど、真心まで踏みにじらないで」と言う。他の人では駄目、妥協はしないと言い切られて、李俶は言葉がない。帰り道、靖瑶は薬を川に捨てるのだった…
自分に告白してきた子に、他の男を紹介するとか、それはダメですよね…

珍珠は瑠璃閣に崔彩屏が閉じこもっていると聞き、外から呼びかけると、崔彩屏は珍珠を中に入れるなり、催眠状態で操られるまま珍珠に刀を突き立てようとする。そこに帰宅した李俶が駆け付けて、崔彩屏を突き飛ばして珍珠を救う。珍珠は林致の記憶の件で、李俶の帰宅を急がせていたのだった。
ところが李俶が手加減して突き飛ばしたはずなのに、崔彩屏は息を引き取っていた。風生衣が部屋に落ちていた香の灰から、東瀛の秘術の催魂香が使われたことに気付く。それは催眠術で相手を自由に操るもので、心を病んでいる者には負担が大きいため崔彩屏は死に至ったのではという。実は風生衣はそれをかつて何霊依と一緒に研究していたのだった。
突然浮上した何霊依の存在に、李俶は楊国忠の最後の言葉を思い出す…
崔彩屏、あっけない…。正気のままで靖瑶と対決してほしかったです~!

さらに、素瓷の子の逸が、适の乳母の厳に王府から連れ出されて行方不明だという。李俶たちは捜索に向かうが、厳は逸を抱いたまま近くの川で水死体となって発見され、夫だけでなく子にまで先立たれた素瓷は泣き崩れて倒れる。
珍珠は厳の水死体から東瀛の催魂香の香りがすることに気付く。厳もまた崔彩屏と同じ催眠術にかかっていたが、世話係の侍女が厳にたまたま逸を預けていたため、适ではなく逸が術の被害に遭ったのだった。
素瓷はなんて幸薄い…。逸が适の身代わりになったことが、素瓷の心に黒い隙間を生まないといいのですが…

珍珠殺害と适殺害も失敗した霊児に、張皇后は怒りを爆発させ、広平王府では証拠をつかんだに違いないと焦りを隠せない。
一方珍珠も、すべて黒幕は皇后に違いないと、佋の出生の秘密を粛宗に伝えようとして李俶に抑えられていた。粛宗は証拠がないと信じないから、李俶は確たる証拠を揃えたいが、珍珠の気持ちは爆発寸前だった…
何霊依時代は結構デキる子だったと思うのですが、霊児になってからミッション成功したことがあるのか?くらいの使えなさですよね~。予備の策ってなんでしょうね…

55~57話の感想

55話で、李倓が済世堂の準備に精を出している場面で流れている挿入歌は、シンガーソングライターのヘンリー・ハオ(霍尊)の歌う「素顔」です。彼は「孤高の花~General&I~」の主題歌「孤芳不自賞」、「ミーユエ 王朝を照らす月」のエンディング「伊人如梦」、「皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて」の挿入歌「惜春詞」など、中国時代劇ファンの方には聞き覚えのある声かもしれません。ユニセックスで透明感のある声は、ドラマに寄り添って深みを与えてくれる存在だと思います。
ビジュアルも独特でオンリーワンなので、ちょっとチェックしてみる価値ありですよ~♪

さて、愛されない王妃・崔彩屏がなんともあっけない死を迎えてしまいました。宮女選び以来の珍珠のライバルポジションでしたが、圧倒的な大敗で、こんなみじめな最期になるとは思ってもみませんでした。こんなことなら、楊貴妃や韓国夫人らと一緒に死を賜った方が幸せだったかもしれませんね。錯乱状態でヒラヒラと舞っている様子が、何やらかわいらしいようでいて、それでもどす黒さを感じさせるという、最後まで頑張って楽しませてくれたと思います。まだ三分の一を残した時点での退場とは、実に残念です~。

そしてようやく林致の記憶が戻りつつあり、敵の本丸が張皇后だということがはっきりし、立太子という目的も、何霊依の存在も、やっと李俶たちが気付いてくれましたね!いや~ここまで長かった!何霊依=霊児の失敗という大ヒントを繰り返してようやくです~♪
これで一気に張皇后&史思明連合軍との直接対決、と行きたいところですが、最高権力者が取り込まれているのが難点ですね~。李俶はこの難関をどう攻めるのでしょうか。

次回は58~60話をご紹介しますが、実は「麗王別姫」は60話でひと区切りになります。中国本国では、そこから1か月のインターバルがあって、残り22話が第二部として放送されたとのことです。
日本では第一部と第二部を続けて放送しますが、二部構成ということを踏まえて見ると、60話目がどんな終わり方をするのか気になりますね~♪
どんなまとめ方をされるのか、そしてどんな続き方をするのか、次回をお楽しみに~!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です