ダイイングアンサー-あらすじ-16話-17話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

スーツケースに入れられ焼かれた男の焼死体が見つかるが、焼かれる前に殺されておりミンたちは捜査が順調に進みすぎてることに疑問を持つ。
優秀な兄の代わりにひき逃げの犯人として身代わりで出頭するように頼まれたビアオは出所後に兄を殺して自分が成り代わっていた。

では、今回は16話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【ダイイングアンサー】(ネタバレあり)

16話

ミンは子供の頃に父が殺された現場にやってきており過去のことを思い出したながら、今はもう廃墟となっている家族と住んでいた昔の家に入る。
残された箱の中にはアルバム、そしてビデオテープが残されておりミンは家に持ち帰り再生すると、自分の7歳のときの誕生日パーティーが映っていた。
あんまり突っ込んじゃいけないんですけど人工雨降らしてるので肩だけびしょ濡れなミン、そして家によくビデオデッキありましたねー

楽しそうな家族の団欒を見て涙を流すミン、誕生日会は終わりを迎えるがそこには家族全員が酩酊し父が誰かに手招きされる映像が残っていた。
ミンは翌日、母の友人の元を訪れるとあの日の夜に普段と何か違ったことは無かったかと聞くと父は母の言いつけ通りに酒はあまり飲んでいなかったと聞く。
この人も何か隠してる感じがしますねー目の下のクマは演出なのか本物なのかわからないですけど少し気になりました。ミンの父の事件は真相がわかるのかな

母の着ている服を黄色ではなく白だと言う友人、酒を飲んだ後に何もかも黄色に見えるようになったと言う話と、酒には強いがあの日は頭痛と吐き気があったとわかる。

17話

事件がありダーバオはミンに連絡を取るが電話には出ず、ダーバオとタオの二人で検分を始めると家主が被害者で犯罪心理学の教授だが元臨床医だとわかる。
ドアは施錠されておらず何も盗まれてないことから知り合いの犯行かもしれないと言うタオ、ダーバオは流れている血の量から太い血管か臓器を刺されていると言う。
あのしっかり者のミンが仕事を放棄するってのはよっぽどのことだと感じている二人、確かに今までのミンからは想像に出来ないことですもんねー

死体を仰向けにするが血塗れなのに大きな傷が見当たらないと疑問を持つダーバオ、タオは争った形跡はあるのに部屋からは被害者以外の指紋は見つからないと話す。
床にも血飛沫が大量に飛んでいるのに犯人の足跡が見つからず、ダーバオは証拠を残さないのは捜査手法を熟知する者の犯行ではないかと考える。
指紋はまだしも足跡が全く無いってことできるんですかねーあの血飛沫で。靴に袋かけて侵入したのかな、それでも足跡っぽいのはできると思うけど

目撃者がおり、雨の中なのに傘をささずにいた男とぶつかりそうになったと聞いたタオは人相の特徴とミンが父の事件を調べてることを思い出しミンの顔写真を見せるとこの男だと言われる。

16-17話感想

物語の真相とまではいきませんが父の死に固執するミンが犯人として逮捕されちゃいましたねーこの状況をタオとダーバオが助けるのかな。
ミンも普段から変わり者って思われてるからこういう時に弱いのはわかるんですけど、あの不遜な態度で取り調べ受けるのはいかがなものか?




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。