ミーユエ-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王后は、何としても蕩公子を太子にしたいと思っています。贈り物をして手をまわしたり、蕩公子のいいところを見せようとしたりしますが、いずれもうまくいかず、焦りが募る一方です。次はどのような手を打ってくるのでしょうか?

激しい気性の蕩公子、まだ小さいが賢い稷公子、文武両道で信頼も厚い華公子。3人の行く末は?

ぜひとも王后の策略にはまらないでほしいですね。では、今回は46話から48話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

46話 兄弟の争い

王后は、なかなか体調が回復せずにいたのだったが、見舞いに来た秦王に、武にたけた蕩と文を好む稷が、ともに学ぶことを進言する。
いろいろ策を練ってきますね!

司馬将軍は蜀討伐、張儀は韓討伐を主張している。ユエは二人から秦王に口添えをしてくれるように頼まれている。

朝廷では、韓蜀討伐の議論が続いている。二人がそれぞれの主張をするが、秦王には決め手がない。

秦王は、承明殿で勉強をしている蕩と稷を見に行く。稷は一生懸命勉学に励んでいるが、蕩は、怠けているので、叱責を受ける。
見てのとおりですね!

そして、秦王は、二人に課題を与える。それは、韓蜀討伐について、3日後に意見を発表してもらうというものだった。

蕩は、王后に助言を受け、叔父の樗里疾と甘太夫に教えてもらいにいく。一方、稷は、ユエと四方館に行き、論争を聞きに行く。

発表の日、みんなが見ている中で、二人が発表をする。しかし、蕩は稷に丸め込まれてしまう。

ユエは、兄弟二人が競争させられていることを心配し、王位継承争いに稷を巻き込まないでほしいと秦王に願いでるが、叱責を受ける。
ユエがここまで叱責を受けるのは初めてですね!

四方館で蕩と稷が賭けに参加することになる。王后は、蕩にたくさん入れている方に札を入れなさいと指示、ユエは、稷に他人がどうであれ、自分の心に従いなさいと言う。

蕩は、王后の言うとおりに多数派の韓討伐に入れ、稷は蜀討伐に入れた。

秦王は二人の選んだ理由を聞くと、蕩はほとんどの策士が韓に札を投じていたからと答える。一方、稷は相手の意表を突くことが必要だと思い、少ない方の蜀に入れたと答えた。それを聞いて、秦王は、稷に並外れた才覚があることを感じる。

47話 甘い罠

王后は、稷が秦王に褒められたことを聞いて、ますます頭を悩ます。

ユエから助言を得た張儀は、蜀討伐をすれば、楚を討つのが容易になると言って、考えを変え、蜀討伐の案を秦王に伝える。

秦王に叱責を受けてから承明殿から遠のいていたユエだが、秦王が、ユエをとがめた理由を話し、わだかまりがとける。

張儀の策が成功し、秦は蜀を滅ぼし、そして、巴蜀の地を手に入れた。

王后は、稷を呼び、おやつを食べさせたり、夕食を食べさせたりして、可愛がる。
王后のすることには必ず裏がありますよね!

少司命の祭祀の前日、王后は、稷に祭祀に着るための着物を贈る。着物には、いい匂いがしていた。王后が、蜂を引き付けるための香りをしみこませていたのだった。
おそろしいことを!

王后は、蕩に、祭祀の日は、外に出てないで、部屋で勉強をしているように約束をさせる。しかし、祭祀の日、蕩はこっそり部屋を抜け出す。そして、庭で遊んでいた通公子が手にもっていたお酒を横取りして、飲んでしまう。
乱暴者ですね!

祭祀の儀が終わり、王后とユエたちは、庭を歩いている。王后は、蜂がしかけてある方に、なにげなく、ユエたちをみちびく。

しかし、殺人蜂に刺されたのは、蕩だった。稷も刺されそうになったが、葵姑が守り、稷は、軽症で済む。葵姑と蕩は重症で、殺人蜂に刺されたときの治療薬はなく、医者も救うことができないでいる。
ばちですね!

秦王は、2日以内に殺人蜂の毒を治療できれば、1万金を与えると宣言する。

48話 亀裂

樊長使は、息子の通公子から、王后の侍女の珊瑚と内侍が殺人蜂の巣を、仕掛けていたのを見たと聞く。そして、樊長使は、王后が首謀者で、稷を狙ったのではと疑う。

庭で見つけた稷の着物を、穆辛がユエに渡す。その着物は、蜂を引き寄せるにおいと柄だったことから、葵姑がいなければ稷公子が重症になっていたと伝えた。
ユエが気がつきました!つらいですね!

蕩公子も葵姑も、薬が全く効かず、重篤になる。

ユエは、穆辛と侍女が話しているのを聞いて、毒に効く薬草を思いつき、すぐに摯に摘みに行かせる。それによって、二人を助けることができる。
薬草ってすごい!

ユエは、王后のところへ行き、着物を見せ、これは、王后が仕組んだことなのかと詰め寄る。王后は、自分がやったことだと答える。そして、王后は、蕩の前途に、稷は邪魔だ。蕩の邪魔をするものは、だれであろうと許さない。蕩のためなら何でもすると開き直る。告発しても構わない。拷問を受けても白状しないと言いきる。
とうとう本性を見せましたね!

ユエは、王后は姉だから、告発することはできないと苦しむ。でも、それを聞いて、葵姑は温情をかけても王后は感謝しないから、いつか後悔する日が来ると、ユエのことを心配する。

46話から48話の感想

王后が、自分が仕組んだことであると、白状をしましたね。でも、まったく反省どころか、戦いの宣言みたいでしたね。ここで告発しておかないと、次に何をしてくるかわからなくて恐ろしいですが、心の優しいユエにはきっとできないでしょう。秦王の方でも、真相をつかめていないようだし、どうなるのでしょうね。だれかが告発してくれればいいのですが・・・

王后も、子どもを太子にしたいのなら、もう少し、子どもの教育をなんとかしておけばいいのに、人を蹴落とすことしか考えていないのですものね。どうみても、あんな子が太子になれるわけがないです。

このドラマで何度も薬草がでてきますが、薬草の力のすごさに感動です。それが今の漢方につながっているのですよね。すばらしいです。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です