三国志-Secret of Three Kingdoms-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-三国志-Secret-of-Three-Kingdoms-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

三国志-Secret-of-Three-Kingdoms



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、皇帝成りすましに腹を決めたはずの楊平が、青帝の儀式で王越に襲われた曹丕に救命の医術を行ったことで、許都の空気が微妙になったところに、曹操の懐刀である、切れ者の郭嘉が許都にやってきた、というところでした。

すべて見通す郭嘉の頭脳は、すでに楊平の正体を見抜いているようにも見えます。司馬懿&楊修の策謀をもってしても、防ぎきれる気がしませんが、大丈夫なんでしょうか…
曹丕の妹の節ちゃんが前回郭嘉の人物評について「いつも違う女の人を連れてくるから嫌い」と言っていましたが、節ちゃん、その直感は大事にした方がいいと思います♪(その後荀彧おじさんみたいに真面目な人が一番、って言ったのでそれもどうかと思いますが)
郭嘉が許都に新たな嵐を巻き起こすのか?ご一緒に見守ってまいりましょう~♪

【三国志 Secret of Three Kingdoms】(ネタバレあり)

13話

郭嘉が司空府に到着した。緊張する楊平だったが、郭嘉は先に卞夫人に挨拶に向かっていた。郭嘉についてきた満寵を見た卞夫人は、曹操の不在を守る立場を考え、満寵に曹丕の件の怒りをぶつけて職を解いたことを謝罪する。満寵は郭嘉に二度と迷惑をかけない、と郭嘉の温情に涙ぐんで恐縮しきりだが、郭嘉は「許都はこの方がいい」と言う。
郭嘉が入ったことで、卞夫人も満寵もいきなり態度が変化しました。ゆるんでいた許都の空気がいきなり締まったような感じですが、郭嘉は引っ掻き回す気満々ですね~

郭嘉は卞夫人の次に、怪我で起きられない曹丕を見舞う。曹丕は郭嘉に「陛下の隠している本当の力」について語り、董承の反乱は劉協と袁紹の内通を隠すために起こしたのではと言う。曹丕は父・曹操の側に行きたいのに、曹操は弟・曹植を寵愛して戦地に連れて行ったことが不満なのを郭嘉にも隠さない。曹丕は郭嘉に「どうか、許都の霧を晴らしてください」と懇願する。
さらに郭嘉は楊修に出会い、楊家の配下である徐福に官職を与えてはと提案して、お互いの腹の探り合いになる。
許都の霧を晴らすどころか、視界ゼロにしたい雰囲気のある郭嘉ですがどうでしょう…

郭嘉はようやく待たせていた楊平の元へやってくる。緊張しながら対峙する楊平に、郭嘉は度重なる問題の発生に、警備の長を楊修から別の者に交代させるべきと進言する。楊平はそれを了承し、さらに郭嘉に荀彧と共に師となって講義をしてほしいと依頼する。
楊修は苦労して入り込んだ曹家の警備担当をあっさりはずされ、徐福を奪おうとされた上に講義の依頼とはと激怒するが、楊平は郭嘉に素性を気付かれないための策だという。
ここで冷寿光に医術を教わったことを楊平が言い訳して、郭嘉が「宮中には隠れた逸材が」と言う場面がありますが、後からこのやり取りに「隠れた意味」が発生します!

唐瑛が曹家にやってくるが、伏寿はわざと楊平に会わせず、司馬懿を温県に帰らせるようにと唐瑛に頼む。郭嘉の洞察が司馬家に及ばないようにするため、司馬懿が信頼している唐瑛に説得を頼んだのだ。
しかし唐瑛が動く前に、司馬懿は郭嘉の許都来訪を知って、自ら帰郷の判断を下しており、唐瑛が訪ねた頃にはすでに司馬懿の姿はなかった…
番頭さんはまだ司馬懿の隠し女の存在を信じているんですね~。説明してあげて~♪

楊修は楊彪に、郭嘉と楊平への怒りをぶつける。楊彪は息子の思い上がりをたしなめ、「まずは郭嘉に従え」と言う。それでも納得できない楊修に、「郭嘉に勝つことがお前の役目ではない、郭嘉はわざとお前を怒らせているのだ」と楊彪は言い含めるのだった。
一方楊平は、伏寿に「郭嘉に講義を頼んだのは取り込むため」と語る。あのような才覚のものが漢のために働けば、漢王朝に望みが持てる、と言う楊平に、伏寿はなかば呆れるのだった。
楊平くんのあまりの呑気さに、伏寿さんの胃に穴が開くかもしれないですね…

司馬懿は荀彧に「父の命」を盾にして辞表を提出し、帰郷の許しを得る。そして急いで関所を抜けてほっとしたのもつかの間、郭嘉と満寵が待ち構えていて「楊平の似顔絵を描いてくれ」と命じる。司馬懿は考えた末、まったく違う顔の絵を描いてみせる。
満寵は郭嘉に「なぜ楊平の絵を描かせたのか」と尋ねる。宮中の火事の時と楊俊の息子楊平と、同時に二つの顔を知られたくない遺体が発生したことから、郭嘉は「楊平の顔かたちがわかれば真相が明らかになる」のだという。そして郭嘉はすでに司馬家のある温県に楊平の似顔絵を求めて鄧展を向かわせていた…
郭嘉はもう筋書きを完全に読んでいますね。楊修の計画なぞ、郭嘉にかかっては浅知恵でしかなさそうです。

司馬懿は偽の似顔絵を浮浪者に持たせ、唐瑛に至急伝えさせる。唐瑛はそれを持って楊俊の元へ駆けつけ、満寵が似顔絵を描かせる前に楊俊に伝えることができた。そこで楊俊が司馬懿と同じ顔の似顔絵を描いたのを見て、満寵は考え込むのだった…
みんなそこそこちゃんと似顔絵描けるんですよね、利き手を失った楊俊でさえ上手~

14話

楊修はまだ郭嘉への苛立ちが収まらずにいた。そこに唐瑛がやってきて、司馬懿が楊平の似顔絵を描かされたが難を逃れた件を知らせに来る。さらに楊俊にも手が回ったが、司馬懿の機転で何とかなったと。唐瑛は司馬懿と手を組んで策を講じようと言うが、楊修は司馬懿がよこした文を燃やし「私は思うようにやる」と突っぱねる。楊修は郭嘉への対処をつきつめると郭嘉を消すしかない、と決心するのだった…
二人で知恵を合せれば郭嘉に勝てるかもしれないのに。郭嘉だけでなく司馬懿にも勝ちたいという欲とプライドが楊修の弱点ですね~

楊平は司馬懿が提出した辞表から、司馬懿が自ら判断して去ったことを知る。しかしそこに郭嘉が鄧展を温県に送った、という知らせが入る。鄧展が司馬家を調べるつもりだと気づき、楊平はいてもたってもいられず自分で動きたい気持ちを止められないが、伏寿に「皇帝にはできぬことがある、皇帝とは何かをわかってほしい」と諌められる。それでも楊平は納得できず、冷寿光に宮中の脱出法をこっそり聞き出す…
「朕は操り人形なのか」という楊平の問いに「誰もそんなこと思っていませぬ」って真顔で即答できる伏寿ってすごいと思いました。ほんとスゴイ!

郭嘉は賈詡を呼びつけ、唐瑛の本性について尋ねるが、賈詡はしらを切る。それでも郭嘉は「袁紹は劉弁(弘農王 劉協の先帝で唐瑛の夫)を後押ししていたはず。袁紹と唐瑛はつながっているのではないか」と問いただす。それでも賈詡はあいまいにごまかして、知らぬ存ぜぬを通してとぼけたまま帰っていく。
賈詡爺さんのキャラすっとぼけてて好きです。でも賈詡はどこまで気付いているのか…

司馬懿が宿で休んでいると、楊平が宦官の姿に変装してやってきたが、楊平が知らせに来た内容について司馬懿はとっくに承知で、楊平は自分の不安を消したかっただけだった。楊平はあくまでも人を殺さずに大義をなそうと考えていたが、司馬懿はそんな楊平の優しすぎる性格を案じ、「漢王朝のために何をすべきか考えたことはあるか」と叱って帰らせる。
楊平の「殺さずに大義をなす」という志向は現代的すぎてどこか浮きますね~

ところがその頃、楊平の身代わりになっていた冷寿光は、伏寿が寝室にやってきてあっさり成りすましがばれ、杖刑の罰を受けていた。
楊平はこっそり戻るが、冷寿光の不自然な歩き方から、伏寿に脱走がばれて冷寿光が罰を受けていたことに気付く。伏寿は激怒するが、楊平は伏寿に甘えて許してもらおうとする。似顔絵の件で司馬懿に会ってきたことを説明し、司馬懿と対策を講じると言うが、何かにつけて仲達仲達と司馬懿を思う楊平に、伏寿の怒りはおさまらない。
そして退出していく冷寿光の足取りはなぜか力強い…
帰ってきた楊平を見る伏寿の顔が、チベットスナギツネのように冷たかったですね~

郭嘉と任紅昌のもとに「旧知の客人」が訪れていた。それはなんと冷寿光で、曹家の仮宮で冷寿光を見覚えていた任紅昌は「陛下が可哀想」と呆れる。冷寿光は郭嘉に頼まれた薬を届けに来たのだ。しかし密かに伏寿の手の者が冷寿光を尾行しており、郭嘉のところに行っていたことは伏寿と楊平にばれていた。
詰問された冷寿光は、郭嘉とは華佗の同門であり、郭嘉が華佗の姪を犯したせいで去勢されることになったと打ち明ける。郭嘉の薬を届けに行ったが、秘密は何も話していないと誓う。疑うなら殺してくれと言われ、楊平は冷寿光を解放する。
楊平は冷寿光を信じたのは、冷寿光が密かに伏寿のことを好きだからだ、と言う…
冷寿光まさかの二重スパイですか。しかし郭嘉のやり逃げのせいで何人弟子が不幸に…

温県に到着した鄧展は、饅頭売りの下働きに司馬家に案内してもらう。そこでその男が楊平のことを知っていると聞いて似顔絵を描かせるが、その顔が劉協の顔であるのを見て愕然とする…
楊修が「郭嘉が陛下の優しさに騙されると思いますか?無理です!」と言ってましたが、珍しく楊修に完全同意してしまいました♪ ほんとに、無理だと思います~!

15話

楊平は似顔絵の件で、楊修が考えている郭嘉殺害を止めて、「郭嘉は朕が用いる、漢王朝に必要な者だ」と言う。しかも、司馬家が巻き込まれるから鄧展も殺してはいけないという楊平に、楊修は呆れてしまうが、楊平は危険な「別の手」を考えていた…
あらやだ、楊修の気持ちがわかる日が来るなんて。そして楊修より楊平がいい手を考え付く日が来るなんて。楊修、まずは君が落ち着け!

司馬懿の兄・司馬朗は「これが義和の顔です」という似顔絵の描かれた伝書鳩の文を司馬懿から受け取っていた。その意味を考える間もなく、鄧展が司馬家にやってきて、楊平の似顔絵を求められる。司馬朗は司馬懿の指示通りの似顔絵を仕上げるが、鄧展が帰った後に「隣人も似顔絵を頼まれたらしい」と聞き、わからないながらもまずい事態になったことに気が付き、鄧展を追う。
さすが司馬家の長男、対応力はさすがですね。司馬家は父の司馬防と司馬朗しか出てこないみたいですが、弟の司馬孚あたりも出てくればいいのに~

郭嘉が楊平に宮殿の修築を提案し、その流れで「火事の時に死んだ宦官」の話を持ち出してくる。楊平はさらりと流し、郭嘉の講義に話題を移す。楊平は郭嘉に「郭嘉の目に映る天下の情勢」を教えてほしい、と希望する。
後ろで聞いていた伏寿は、火事の件に手抜かりはないはずと言うが、楊平はこれは「我らが慌てて動くように策を仕掛けてきた」と読む。さらに、それに気づくことも郭嘉は見通していた、と。そしてまさに郭嘉は見通した上で、満寵に家事の死体の話を広めるように命じ、さらに鄧展の帰還を阻止されないように、迎えをやるように指示するのだった。
火事の時の伏寿の手抜かりが大ありなんですよね。死体の話広めてどうするのか…

その頃鄧展は、似顔絵を持って許都へ戻ろうと馬を走らせていたが、それを司馬朗が攻撃して落馬させる。鄧展は絵を埋めて隠し反撃するが、攻撃は隠れていた司馬懿に当たり、鄧展は半死状態で倒される。司馬懿は鄧展の埋めた絵を発見するが、燃やすことができず策を考えることに。そこに袁紹の配下・淳于瓊の一団が通りかかり、鄧展を発見して連れ去る。司馬懿はそれを見て、これが楊平と楊修の策と看破するのだった。
淳于瓊は袁紹の配下ですが、「三国志演義」の官渡の戦いで、飲んだくれて曹操にやられちゃった、横暴で無能な武将として描かれている模様。ここではグッジョブなのに~

趙彦は皇宮の焼け跡を捜索していて、兵士に見つかって連行される。満寵に尋問され、焼きごてで脅されるが、黙して語ろうとしない。郭嘉はそれを見て、「陛下と死んだ宦官に関わることか、董妃のためにやったんだろう」と問い詰め、趙彦を動揺させる。しかしあと一歩のところで、孔融が趙彦の勾留に抗議して怒鳴り込んできたため、郭嘉は趙彦を放免することに。しかしそれは趙彦を泳がせて真相を調べさせるためだった。
趙彦の初恋スイッチ入ったまま戻らなさそうですが、郭嘉にとってはいいカモですね

司馬懿は兄・司馬朗と父・司馬防に楊平と皇帝の入れ替わりについて説明する。司馬朗は動揺し、楊平の素性が暴かれれば司馬家も終わると、曹操にいっそ話すべきだと主張する。しかし司馬懿は曹操がそれで司馬家を許すとは思えないと言う。そこで司馬防はしばし考えたいと二人に口止めする。
しかしその頃、趙彦は皇宮の焼け跡から見つけた布が温県の織物だと調べ、楊俊の息子があの日宮中に入ったのでは、と突き止めていた…
司馬家がようやく楊平のバックアップ体制に入りましたが、名探偵・趙彦が真相に近づいてますよ~大丈夫かな?

郭嘉が楊平に講義を行う日、しかし郭嘉は寝坊して任紅昌に起こされるが、そこに満寵が「北西の方向に袁紹の兵が現れた」と報告に来る。郭嘉と満寵は鄧展が目当ての作戦と見抜くが、知らないふりをして楊平に講義を行う。楊平の希望で官渡についての話のはずが、郭嘉は数に勝る袁紹に対して曹軍が勝利する理由として、曹操が袁紹より優れているか、熱を込めて語る。楊平の反論で議論が白熱してきたところに満寵が来て、袁紹軍の急襲と鄧展が捕虜となったことを知らせに来る。さらに満寵の手には鄧展が集めた楊平の似顔絵があって、伏寿と楊平は青ざめる。
伏寿は楊平と逃げようとするが、楊平は自分と仲達を信じてくれと、泣きじゃくる伏寿を抱きしめるのだった…
切れ者郭嘉がここまで惚れ込む曹操という人物は一体どれだけすごいのかと、期待値だけは高まります。それより司馬懿は似顔絵にどんな策を施したのか気になる~

13~15話の感想

郭嘉のキレッキレな頭脳は凄いですね!
楊修の鼻持ちならない頭の良さと、それとは角度の違う司馬懿の洞察力とは、またレベルのワンランク上の頭脳派の登場に翻弄されるばかりです。
でも、楊修にしても父の楊彪の方が実は全体を俯瞰して策を講じることができるタイプだし、司馬懿の父司馬防も司馬懿を上でまとめることのできる人物です。賈詡も若造たちの智謀合戦をさらりとかわす老獪な軍師ですし、荀彧もなんだかんだで全部見通した上で黙っていそうな冷徹さがありそうです。
魏はほんとに人材が豊富ですが、その最上位カーストに君臨する郭嘉が手放しで熱を込めて心酔する曹操という人物は、このドラマでは一体どんなカリスマとして描かれるのでしょう。三分の一近くなっても、まだ姿を見せない曹操が楽しみでしょうがないです。

郭嘉の楊平への曹操絶賛は、いうなれば「お前とは器が違うんだよ」宣言に他ならないわけですが、楊平は今のところ「人を殺さない」という理想だけの、甘っちょろ小僧のドリーマー皇帝なので、曹操に対抗できるとはとても思えないのですが、大丈夫なんでしょうか。何かというと仲達に会いたい~と脱走してみたり、周囲を(主に伏寿を)困らせるばかりです。
とはいっても、曹操は簒奪しないという一点で地位の正統性が担保されているわけで、劉協という存在を無理にひっくり返そうとはしないのかもしれませんが。

しかし、突然華佗の弟子という設定を持って現れた冷寿光が、さらに二重スパイ属性までキャラが広がって、ちょっとびっくりしました。彼と趙彦は、かなわぬ想いのために密かに頑張るかわいい坊やですが、きっとそれぞれ郭嘉の鼻息に吹き飛ばされてしまうような気がします。
冷寿光と趙彦が活躍すると悲劇に近づきそうなので、坊やたちがあまり頑張らないように、そして曹操が早く出てきてくれるように、心から願ってやみません。
次回もお楽しみに~!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です