両世歓-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、沁河から都に戻った風眠晩と景辞。
刺客の統領が鄴王だったと判明するなか、都でも刺客たちによる事件が発生。
さらに仲が深まった景辞と風眠晩でしたが、2人の関係にもある変化が…。

【両世歓】(ネタバレあり)

22話

都に刺客たちがやって来て陸将軍を暗殺する事件が発生する。
左言希は刺客たちを捕らえようとするもそのなかに
姜探がいたため左言希は足を洗うよう説得。
しかし姜探は刺客たちと一緒に逃げてしまった。

刺客の動きが活発化してきた感じですね。

その後、左言希は雍帝から重臣を保護するよう命じられたにも関わらず将軍を暗殺されてしまったことを叱責され杖刑の罰を受けさせられた。
その後、景辞が都にやって来て左言希の元を訪問。
そこで「一連の事件の黒幕は都にいる」と告げる景辞が、刺客たちのアジトで見つけた品を左言希に見せていると、慕北湮が「それは鄴王のものだ」と言う。
これにより景辞は鄴王が事件に関与していることを知るのだった。
その後、風眠晩と対面した景辞は再び冷たい態度をとる。
実は景辞は内心喜んでいたが、一連の事件の黒幕の正体が不明な今、風眠晩が巻き込まれてしまう可能性があるため、彼女を守るための冷たい態度だったのだ。
部屋に戻った風眠晩は景辞の態度にショックを受け1人涙を流すのだった。

風眠晩を守るためとはいえ、風眠晩からするとショックですよね…。

その後、左言希の元に姜探がやって来て2人で話すことに。
そこで、姜探は父が人質にとられているため組織から抜け出せないことを明かす。
それを聞いた左言希は複雑な気持ちになり、その場を後にするのだった。
風眠晩と景辞の恋を応援しようとしていた原夫人。
しかし風眠晩が景辞から冷たくされていることを知ると、慕北湮との縁談を破談にしないほうが良いのではと思い始めるのだった。
その後、原夫人は慕北湮と話していた。
原夫人は一度は縁談の破談を申し出、慕北湮もそれを承諾するも、慕北湮の思いを聞き破談は取り止めると宣言するのだった。

23話

都では王則笙たちがやって来て歓迎の食事会が行われ、風眠晩や景辞も参加していたが2人の間に会話は無く、長楽公主は「何かあったの?」と心配する。
そんななか、政略結婚で景辞に嫁ぐために雍国からやって来た王則笙は景辞に接近。
2人が話す様子を見た風眠晩は居ても立っても居られなくなり、長楽公主と一緒に退席した。
風眠晩が帰路につくなか、景辞が追いかけて来た。
2人の間に気まずい空気が流れるなか、そこに慕北湮がやって来て風眠晩に上着を手渡す。
そして風眠晩は慕北湮と一緒に去って行った。
風眠晩と慕北湮の親しげな様子を見せつけられた景辞は複雑な表情を浮かべるのだった。

風眠晩と景辞の溝がどんどん大きくなっている感じですね…。

その夜、慕北湮は景辞が不治の病を患い命も危ないことを知る。
もし風眠晩が景辞に嫁げばすぐに未亡人になってしまうと思った慕北湮は、自分が風眠晩と結婚し守っていきたいという気持ちが強くなるのだった。
一方、景辞は左言希と話していた。
そこで皇帝の護衛軍が2つに分裂し互いに対立し合っているという話を聞いた。
その夜、風眠晩は酒を飲み泥酔。
それを知った慕北湮は心配して風眠晩を介抱する。
すると風眠晩は「景辞と王則笙が夫婦になることを考えると辛い」と涙を流す。
それを聞いた慕北湮は複雑な表情を気持ちになるのだった。
翌朝、目を覚ました風眠晩。
そこは慕北湮の書斎で過去に原清離が描いた書画が飾られていた。
それを見た風眠晩はその字体などから「自分は原清離ではないのでは?」と疑念を抱くようになるのだった。

自分が原清離ではなく風眠晩だと気付く日も近そうですね。

一方、景辞は刺客のアジトに落ちていた鄴王のものと思われる令牌について調べていた。
令牌の彫り師を特定するも、1ヶ月前に死亡していたことが判明。
景辞は口封じのためだろうと推理した。
その後、景辞は鄴王の元を訪問。
そこで刺客のアジトで見つけた湯呑みと同じものを見つけた景辞は、鄴王の関与を確信するのだった。

24話

風眠晩や景辞たちは皇室恒例の狩猟に参加することに。
そこには雍帝を始め、趙岩、亳王、そして鄴王も来ていた。
実は鄴王はこの場を利用し景辞を暗殺しようと考えていて、部下である姜探に暗殺を命じていた。
風眠晩は景辞と狩り場で景辞と顔を合わせるも、会話は無く2人の間には気まずい空気が流れる。
そして狩りが終わりみんなで食事をするなかその席に景辞がいないことに気が付き心配する風眠晩。
その頃、景辞は違う場所で姜探が用意した毒入りの飲み物を飲みその場に倒れていた。

本当に殺されてしまったのでしょうか?」

姜探は景辞が息絶えたことを確認すると、鄴王と合流し景辞を殺したと報告。
するとその場に景辞と左言希が現れる。
実は景辞は刺客の正体を突き止めるために毒で死んだふりをしていたのだ。
すると鄴王がなぜ刺客として悪事に手を染めていたのかその理由を話し始める。
鄴王は母が妓生だったことで、子供のころからずっと周りから見下されたりいじめられるなど、周りの人たちを憎みながら育った。
それを聞いた景辞は「いま手を引けば陛下には黙っておく」と告げる。
しかし鄴王は手を引くつもりはなく、それを見た景辞は剣を抜く。
景辞たちが刺客たちと戦うなか、姜探の剣が左言希に刺さってしまう。
景辞たちの意識が左言希に向いてる隙に鄴王は逃走。
左言希は治療のため都に運ばれるのだった。

左言希は無事なのでしょうか?

一方、雍帝は亳王を呼び出し話していた。
水路の監督を担当していた亳王は、分水路を作っていたことに気付かなかったことを攻められ罰を受けるよう命じられる。
しかし周りがそれを止め、今回はお咎めなしとなった。
そんななか、宮中で宮女と宦官の溺死体が発見され、風眠晩と長楽公主はこの事件を捜査することに。
溺死した2人は鄴王府で働く女性だった。

またしても新しい事件…。真相が気になりますね。

感想

22話では都に戻った景辞と風眠晩は再び距離が離れるという展開でした。
その裏には景辞が風眠晩を守りたいという気持ちがあるようですが、冷たい態度を取る景辞は少しやり過ぎのように感じましたね。
23話では景辞と風眠晩の関係がギスギスしていて気まずかったですね。
しかし風眠晩は景辞を引きずっているようなので、2人の関係性が今後どうなるのか気になる回でした。
また景辞は一連の事件の真相に辿り着きつつありました。
そして24話では、ついに景辞と鄴王が対峙するも鄴王に逃げられてしまいました。
さらにラストには新たな事件も発生し、まだまだ目が離せないですね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。