両世歓-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、刺客の統領が鄴王だと突き止め暗殺されそうになりながらも鄴王と対峙した景辞でしたが、鄴王に逃げられてしまいました。
さらに鄴王府で働く2人の溺死体が発見されるという新たな事件も発生し…。

【両世歓】(ネタバレあり)

25話

鄴王府で仕える宮女と宦官の遺体が発見され、捜査を雍帝から命じられ、捜査にあたる風眠晩と長楽公主。
その後、現場の状況などから被害者は誰かに追われていて宦官が宮女を背負いながら逃走していたところ、湖に落ち死亡したことが分かった。
一方、景辞は左言希と話していた。
そこで、左言希は刺客の一員である姜探が自分の師妹だと明かすのだった。
その後、景辞は雍帝の元を尋ねる。
そこで風眠晩と慕北湮を縁談を破談にし、自分に嫁がせて欲しいと訴える。
しかし雍帝は「両家が望んでないのに破談にはできない」と拒否。
すると景辞は雍帝に「あなたが原清離だと思っている人物は原清離では無く風眠晩」と明かす。
しかし雍帝は破談にすることを認めないのだった。

どうやら雍帝も風眠晩のことが嫌いなようですね。

そんななか、風眠晩のことが気に入らない王則笙と知夏は、風眠晩を陥れるためわざと自分から湖に落ち、「風眠晩に突き落とされた」と濡れ衣を着せる作戦に出る。
完全なる冤罪で、風眠晩は無実を訴えるも景辞も確たる証拠が無いため庇いきれず、劣勢に立たされた風眠晩はその時の状況を再現し足跡から不自然さを指摘。
さらに目撃者が現れ風眠晩が突き落としていないことが証明され、風眠晩の冤罪は晴らされた。

風眠晩の冤罪が晴らされ良かったですね。

しかし風眠晩は景辞が無実の罪で裁かれようとしている自分を守ってくれなかったことに傷付き涙を流す。
そして風眠晩は「あなたの言葉は2度と信じない。王則笙とお幸せに…」と決別を宣言するのだった。

26話

自分への気持ちが無いと思い、景辞に決別を宣言した風眠晩。
その後、落ち込む風眠晩の様子を見た長楽公主は、「景辞はあなたの事を想っている」と声を掛ける。
というのも狩りをした日、景辞は長楽公主に「刺客に見張られていて危険があるため風眠晩を頼む」という内容を伝えていたのだ。
それを聞いた風眠晩は複雑な表情を浮かべた。
そんななか、景辞は突然吐血し倒れ、そばにいた左言希の元に運ばれた。
その後、体調が悪く眠りについた風眠晩は悪夢にうなされていた。
そして目を覚ました風眠晩は原夫人にその夢について話す。
それは景辞との過去の思い出で、それにより風眠晩は自分が原清離ではなく風明晩だと気付いた様子。
すると原夫人は何か心に決めた様子である事実を話し始める。
「あなたは私の長女で清離の双子の姉。生まれた時に攫われたの」
それを聞いた風眠晩は衝撃を受ける。
さらに原夫人は「これを計画したのは清離と景辞だ」
と真相を明かす。

原夫人は知っていたんですね。

また原夫人は、本物の原清離は一度は李源と一緒になったが両国の関係悪化により危険が迫り、2人を遠ざけた。
そして原夫人は清離の安全のために慕北湮との縁談が決まったのだとか。
そしてその後、景辞たちによる風眠晩と原清離の入れ替え作戦が起きたのだ。
さらに原夫人は景辞が雍帝の息子で、雍帝も入れ替え作戦に手を貸していたことを聞かされた風眠晩は衝撃を受け倒れてしまった。

自分が実は清離ではなかったこと、自分の生い立ちなど風眠晩にとっては衝撃の連続でしょうね。

一方、回復した景辞の元に付小涵がやって来て」もう仕えることはできません」と告げ去って行った。
実は付小涵の両親は鄴王に殺されていたことが判明したのだ。

「どうやら付小涵は1人で鄴王に敵討ちしに行くつもりのようです。

その後、景辞は沁河を出る際に風眠晩に宛てた手紙が知夏の手によって届いていなかったことが判明。
そしてそれにより今自分が風眠晩から最悪な男と思われていることを知った景辞は憤りを感じるのだった。

27話

自分が書いた風眠晩への手紙を届けないという知夏の妨害行為を知った景辞はショックを受け憤る。
その後、景辞は雍帝に会いに行くこととなり、左言希と一緒に雍帝の元へ。
景辞と雍帝が話していると原夫人と慕北湮がやって来て慕北湮と風眠晩の縁談が進んでいることを報告。
それを聞いた景辞は複雑な気持ちに。

どうやら原夫人はあえて景辞がいる時に縁談が進んでいる報告をしたようで、娘を愚弄した景辞への当て付けだったようです。

その後、自室に戻った景辞は「北湮なら彼女を幸せにできるかも」と諦めモードに入るのだった。
一方、風眠晩は湖で2人の遺体が見つかった事件を調べていた。
そこで2人を殺したのは龍虎軍の近衛兵だったこと、また鄴王が後宮の宮女とただならぬ関係にあるとの情報を得た風眠晩は殺された2人は鄴王の秘密を握っていたため殺されたのではと推理した。
風眠晩は左言希の元を訪れた、後景辞と過ごした過去の日々を思い出しそうになっていた。
それを知った慕北湮は、自分と風眠晩の結婚を妨害するために景辞と左言希が薬を使い記憶を元通りにしようと来ているのではと疑い始める。

本当にそうなのでしょうか?

慕北湮はその真相を確かめるべく左言希の元へ。
するとそこで左言希が何やら黒装束の人物と話している現場を目撃するのだった。

感想

25話は風眠晩が新たに起きた事件の捜査をするなかで、知夏たちにより罠に嵌められ無実の罪を着せられそうになるなど散々な回でしたね。
最終的には風眠晩の冤罪が晴れて良かったですね。
そしてラストには守ってくれなかった景辞に風眠晩が決別を宣言。
2人の関係がどうなるんだと気なるラストでした。
26話は風眠晩は自分の正体、さらに生い立ちについてなど知った回でした。
しかしいまだに記憶は戻っていない様子です。
また、景辞が自分と風眠晩の関係の中で知夏が妨害行為を行なっていることを知り、次回どんな動きを見せるのか気になるラストでした。
そして27話では風眠晩の記憶が戻りそうになるなか、景辞との恋模様は激しく拗れていました。
そしてラストには怪しい動きを見せる左言希に探りを入れ始めた慕北湮。
次回はどんな展開が待ち受けているのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。