女医明妃伝-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-女医明妃伝-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

女医明妃伝


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇太后の流産を仕掛けた人物は程十三だったんですね!これで允賢は祖父の冤罪を晴らすことが出来、一族も喜んでいることでしょう♪さて、皇太后の悪事を暴露した十三・・今後、皇太后はどうなってしまうのでしょうか?

今回は25話からお伝えしていきますね♪

【女医明妃伝】(ネタバレあり)

25話

十三が亡くなり、皇太后も寝込んでいる様子・・そこで残る祁鈺にかけることにした汪国公は美麟を祁鈺に近づける。
・・美麟が祁鈺の前でわざと転倒する。そこで動けないと主張する美麟を抱きかかえる祁鈺。そんな2人の姿を通りかかった皇后と允賢が目撃してしまう。
弁解する祁鈺と美麟・・しかし拗ねた様子の允賢。
美麟の仕掛けたことだとも知らず、允賢が嫉妬してくれたことに喜ぶ祁鈺ww

ある日、エセン・タイシ率いるオイラトの使節団がやってくる。その接待を任されているのは祁鈺の様子。
祁鎮の前で挨拶をするエセンたち・・しかし、跪くことなく立ったままのエセンに憤慨する祁鎮。
するとそこに皇太后がやってきて「エセンの父上は“臣下よりお祝い申し上げる”とお祝いを贈ってくださったのに、お前には出来ぬのか」と挑発する。
それを聞いたエセンは跪き、皇太后に挨拶をする・・それを見て気分の良くない祁鎮。
皇太后の実権を取り戻すための作戦が始まったようです・・

一方、街で好き放題しているオイラト使節団。しかし、朝貢の馬が手に入るまでは手出しできない祁鎮。
すると実際の朝貢が予想していたより少なく、馬も使い物にならない馬ばかり。これでは割に合わないと「1人10両」と恩賞を定め、譲らない祁鎮。
それに激怒し、帰ろうとするエセンたち。

その後、祁鈺と允賢の結婚の準備が進められていく。
そんな矢先、オイラト使節団が大同城を包囲したという報告が・・そこで祁鎮たちは兵を率いて突撃することに。
その時、「景陽の鐘」が鳴り響き、皇太后が朝議にやってくる・・「我が天命が尽きるにあたり、顧命大臣に伝令する。新帝は幼いゆえ、皇太后 孫氏に国事の全権を委ねる。汝らはこれを助けよ」という亡き太皇太后が残した遺訓を読み上げる。
待ってましたと言わんばかりの登場の仕方です!!

「民が疫病で疲弊している最中、兵を動員し、さらなる負担を強いるとは何事だ」と祁鎮の暴走を止めると話し、今後も朝議に参加することを宣言する皇太后。
・・全て汪国公と皇太后の思惑通りだった。
激怒した祁鎮は「朕の母を殺した罪人だ」と部屋に引きこもってしまう。

26話

部屋にこもり、出てこない祁鎮に困った皇后は允賢に相談する。
そこで允賢は皇后に悲鳴をあげさせ、芝居をうつことに・・そして「皇子の父が一度の失敗でくじけた。皇子はそんな父に落胆し、天に帰るつもりなのね」と挑発する允賢。
すると部屋から出てきた祁鎮は「皇太后を抗ってみせる」と宣言する。
允賢は祁鎮の性格をよく分かっているようですね♪

祁鎮は祁鈺に允賢との結婚の詔書をすぐに発行し、読み上げようとしている。
そこに皇太后が呉太妃とともに入ってきて「先帝の遺言により、祁鈺の妃には安和郡主(美麟)を迎える」と話す。
「允賢以外の女性とは結婚しない」と説得する祁鈺・・しかし聞く耳を持たない様子。

一方、皇太后が兵権を握り、井源将軍率いる兵がオイラト軍との戦いで優勢な様子。そこで祁鎮自ら親征し、オイラト軍を叩き潰せば、文武に優れた明君だと王振に勧められるも、明軍が優勢の今、出る幕がない祁鎮。

しかし、ある日、井源将軍が討ち死にし、オイラト軍が一気に優勢に。
そこで朝議で皇太后が井源将軍に代わり、現地へ行く者は大将軍の称号を授けると立候補を募るも、だんまりの様子。
次に祁鎮が同じ質問をすると樊中という将軍と允賢の父、杭鋼将軍が名乗り出る。
これも皇太后や汪国公の作戦の一つなのでしょうか?

戦はなかなか明の思い通りに進まず、苦戦している様子。
すると朔州が落とされ、大勢の兵士が亡くなってしまう・・しかもその原因が杭鋼将軍が寝返ったからだと報告を受ける祁鎮。
驚き、信じることの出来ない様子・・。
完全に汪国公の罠にはまっていしまった様子

その報告を受けた皇太后は「杭一家を投獄せよ」と命令する。
祖母や允賢は兵により、捕まり、連行されてしまう・・そこに祁鈺が助けに入るも「父がそんなことをするわけがない。疑いを晴らして」と言い、連れていかれる允賢。
・・祁鈺は調べながら、誰かが仕組んだことではないのかと疑い始める。
この機会に邪魔な允賢を消すつもりのようですね・・

投獄されている允賢・・祁鎮が何か策を講じる前に允賢を処刑しなくてはと焦っている様子。そこで呉太妃は「美麟と結婚すれば、汪国公が允賢を助けてくれる」「允賢を側室にすればいい」と説得するも聞く耳を持たない祁鈺。
しかし「允賢をこのまま見殺しにしてもいいのか」と言われ、部屋を出て行く祁鈺。
允賢との結婚か命か・・答えが分かっていて、聞くなんて・・

祁鈺は汪国公の元へ行き「美麟と結婚する代わりに允賢と祖母を助けて欲しい」と頼む。
・・その後、允賢らは釈放されるも、杭鋼の疑いは晴れておらず、祁鈺の家で身を隠すことに。
祁鈺は美麟との結婚を覚悟したようですね・・允賢にはいつ伝えるのでしょうか?

そんな祁鈺の元を祁鎮が訪れ、突然殴りかかる。
説明しようとする祁鈺・・しかし、聞かずにさらに殴りかかる祁鎮・・。

27話

允賢を救うために美麟との結婚を決意した祁鈺。
そんな祁鈺の気持ちを考えると、自分が親征と即決できていれば、結婚せずに済んだのかもしれないとやりきれない気持ちの様子の祁鎮。
祁鎮も複雑な心境ですよね・・

一方、祁鈺と美麟の結婚の事を知ってしまった允賢は侍従に事情を聞く。
すると允賢を救うために仕方がなかったこと、祁鈺が最近落ち込んでいることを聞かされる・・。
納得できるような出来ないような・・可哀想ですね・・

その後、祁鈺と美麟の婚礼の儀が行われる。
その頃、共に灯籠流しを見ながら、祁鈺にプロポーズされた時のことを思い出し、思い出の川を見つめる允賢・・そのまま川に飛び込んでしまう。
そこに祁鎮が通りかかり、川に飛び込み、允賢を助け出し、自分の屋敷へ連れていくことに。
やはりショックですよね・・大丈夫でしょうか?

允賢の一報は祁鈺の元にも届いていた。
平気な振りをして「お見舞いに行かれては?」と寛大な所を見せる美麟・・しかし「宮中にいるなら安心だ」と答える祁鈺。
すると「皇后様の許しを得たら、允賢を平妃(側室)として迎えたい」と話す祁鈺に理解を示す美麟・・しかし美麟を1人残し、去って行く祁鈺の後ろ姿を見ながら「杭允賢・・絶対に許さない!」と拳を握る美麟。
結婚した美麟の行動が大胆になりそうな予感・・

その後、皇后と散策をしていると祁鈺に出くわすも、逃げる允賢。
追いかけ、扉越しに「君を失いたくない。平妃になってほしい」と話す祁鈺に「少し考えさせてほしい」と涙を流す允賢。

その後、汪国公により杭鋼将軍の無罪が証明される。
そのことに疑いを持った祁鈺が祁鎮の元へ・・「はじめから汪国公の陰謀だったのでは?皇太后様の権力が弱り、美麟を次の皇帝と考えている祁鈺に嫁がせたかったのでは」と推理する祁鈺。そこで、祁鎮は汪家を調査することに・・。
やっと気付いたようですね!!

その頃、実家に帰った允賢は祖母から「昨日まで元気だった猫が死んでいたのよ」と奇妙な話を聞き、美麟から脅されたことを思い出す。
・・宮中に戻った允賢。「野良猫は殺せと皇太后様の命令よ」と侍女たちに指示しながら「一番気にいらないのは、野良猫」と允賢を睨む美麟・・。

女医明妃伝~雪の日の誓い~ 25話・26話・27話 感想

祁鈺は允賢の命を救うために、好きでもない美麟と結婚してしまいました。祁鈺に愛されないのに結婚して美麟は嬉しいのでしょうか?私だったら、余計辛くなりそうなので嫌ですww結婚しても指一本触れてもらえず、相手にもしてもらえない・・この苛立ちを全て允賢にぶつけそうで怖いですね!美麟の言動がどんどんエステートしている気がするので、要注意人物です!
勢いをつけてきた汪国公をや美麟、そして皇太后の行動にこれから注意して見ていこうと思います!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です