女医明妃伝-あらすじ-43話-44話-45話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-女医明妃伝-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

女医明妃伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
苦楽を共にし、お互いを命を懸けて守った祁鎮と允賢。それは絆も信頼関係も深まっていますよね!今更、祁鈺が入ってきて嫉妬するのもお門違いでは?と思ってしまいますww
さて、これから帝位争いが本格化しそうな予感・・どうなるのでしょうか?

今回は43話からお伝えしていきますね♪

【女医明妃伝】(ネタバレあり)

43話

允賢と祁鎮の親し気な様子に嫉妬する祁鈺。
そんな祁鈺に、祁鎮が「祁鈺は卑怯な手段で復位を阻んでいる」などと噂を流している話や、祁鎮に将軍たちが面会に訪れている事などを吹き込む曹吉祥。
すると祁鈺は、允賢を入宮させる事、祁鎮への給金を増やさず、使用人も今まで通りと指示を出し「どこまで太上皇(祁鎮)の威厳を保てるか拝見しよう」と話す。
祁鈺は昔の優しさを忘れてしまったのか。元々こういう性格だったのか・・

その後、万安宮に入宮することになった允賢。
するとそこには祖母やかつての侍女、如香もいて、久々の再会に喜び、祁鈺に感謝する允賢・・。

一方、美麟は皇太子誘拐事件の事を何も知らなかったと祁鈺の元へ謝罪に向かう。
そこで「誘拐には関与していないのか?」と改め聞かれても、しらをきる美麟・・。
そして汪国公に危険な真似をしないよう説得して欲しいと頼む祁鈺・・すると美麟は「皇太后様の指示だということにしましょう」と話す。
こういう美麟の悪だくみにも乗ってしまう祁鈺・・

その夜、允賢の元を訪れ「いずれ允賢を妻に迎える。息子を産んで欲しい」と名前は何にしようかと浮かれている様子の祁鈺。
しかし、太上皇后が落ち込んでいるのが気になっている允賢。
允賢は皇太子が誘拐されたことは知らないようですね・・

そんな允賢に「美麟とは名ばかりの夫婦だ」と話す祁鈺。しかし、美麟が懐妊していたことを如香から聞いていた允賢はそのことを伝えると「侍女(如香)を杖刑にしろ」「朕は皇帝だ」と横柄な態度の祁鈺。
しかし「如香を罰するなら、私は出て行くし、薬も飲まない」と考え直すよう説得する允賢・・しかし、如香を南京に送れと命令し、そのまま美麟の部屋へ向かう祁鈺。
允賢が自分の思い通りにならないからって、美麟を抱くとは・・自分勝手すぎる!

その後、廃れた御薬房を復活させようと奮闘する允賢。しかし、そんな允賢が面白くない美麟は汪国公にオイラトでの允賢の行動を調べるよう、依頼する・・。

44話

久しぶりに父、杭鋼と再会を果たす允賢。
するとそこで杭鋼から「南宮にいる祁鎮に会うには祁鈺の許可がいる事」「南宮はさびれている事」を聞く允賢。
祁鎮はかなり苦しい状況の中にいるようですね・・

杭鋼に錦衣衛という指揮使を命じた祁鈺は「允賢を貴妃に封じ、9月1日に冊立する」と決定してしまう。「全て任せる」と答えるも、浮かない表情の允賢・・。
允賢は「皇太子の病状も心配だし、会いに行けないかしら」と聞くも「誰に会いたいのか?」と嫌味な返しをする祁鈺。
祁鈺は允賢の気持ちを全然理解してあげようという姿勢がないですよね!

「祁鈺、誤解している」と話す允賢・・すると「これからは陛下と呼べ!」と激怒する祁鈺。続けて、祁鎮と帰還したことをなじる祁鈺に「・・陛下はそんなふうに見ていたのね」と去って行く允賢。
しかし、部屋を出た所で吐血し、倒れてしまう允賢・・。
陛下と呼べ・・なんて、もう皇帝になり、調子に乗りすぎてる!

そんな允賢を心配し見舞う祁鈺。
「汪氏には悪いが、廃位にして、そなたを皇后にする」「美麟の懐妊は予想外だった。しかし二度と懐妊することはない」と愛しているのは允賢だと伝える祁鈺。
そんな祁鈺に、自分の自害しろと命令したのは美麟だと伝える允賢。
・・2人の会話を聞いていた美麟は涙を堪えながら、怒りに震えていた。
美麟にとっては辛い言葉ですよね・・

その後、美麟に差し入れされた聖女果の中に「零陵香という避妊薬」が仕込まれていることが判明する。
「全ては允賢の仕組んだことに決まっている。あの女に地獄を見せてやる」と話す美麟。
きっと祁鈺の仕業でしょう・・最低な男です

ある日、「オイラトに身を任せたのはお前か!汚れた身で陛下の妃になるとは許せぬ!」と允賢の身体検査をしようとする老婆たち。
すると簪を頭から抜き「ここで自害する」と話す允賢・・しかし「恥知らずな行いを死んで詫びよ」と老婆を揉み合いに・・。
・・すると簪が允賢の首に刺さり、血が流れる。
美麟の仕返しが始まった様子です

そこに祁鈺が止めに入る。
その後老婆に理由を問い詰めると「皇太后様の指示です」「オイラト人に肌を許した女を見過ごすわけにはいかない」と話す老婆。
「ひどい中傷です」と止めに入る美麟・・祁鈺は老婆を罰し、殺してしまう。
美麟の白々しい演技にまんまと騙される祁鈺・・

皇太后に文句を言いに行く祁鈺。
すると大同からの手紙を門番から渡される祁鈺・・中には「允賢がエセンと結婚した事は事実」と書かれた内容だった。
・・呆然としてしまう祁鈺。そこに美麟がやってきて「こんな噂は嘘でしょう。もっとひどい噂も流れてる」と祁鈺が食いつくことを分かっていて、わざと話す。
そこで「祁鎮とエセンが允賢を取り合ったこと」「允賢はエセンを選んだこと」を話す美麟・・。
どんどん允賢への疑惑を膨らませる祁鈺・・

允賢は祁鈺に自分の潔白を訴え、出家させてほしいと頼むも「朕を困らせるな」と去って行く祁鈺。
・・そんな状況にやけ酒を飲む祁鈺。そこに美麟が近付き、祁鈺を慰めると「そなたの寛容な心を允賢にも見習わせたい」と美麟を抱きかかえ、寝室へ。
翌朝「聖女果はもう食べるな」と美麟に優しく話す祁鈺・・。

45話

ある日、貴妃になった允賢は高熱を発症し、寝込んでしまう。
そこに見舞いに来た祁鈺は「(疑った)朕が許せぬか」「朕はそなたの前でだけ、ありのままの自分でいられるのだ」と話し、元気になったら祖母に会い言ってもいいと許可を出す。
允賢を苦しめたり、優しくしたり・・やっていることがDVをする人間のようです!!

一方、祁鎮を閉じ込めているのは皇太后の仕業だという噂が流れていることに怒っている様子の皇太后。
「私が苦労して皇帝に据えてやったのに」と静慈師太に会い、祁鈺を皇帝から皇太子に即位させると話す皇太后・・すると焦った美麟は祁鈺を跪かせ、一緒に謝るよう促す。
美麟は皇太后を落ち着くようお茶を出す・・そのお茶を飲んで発作を起こし、倒れてしまう皇太后。
・・どうやら、以前から皇太后への差し入れに中風には禁物の酒を仕込んでいた様子の美麟。
美麟はかなり裏で悪いことを企んでいるようですね・・

そんな美麟に「今やっとわかった。そこまで朕を思ってくれるのはそなただけだ」と美麟を未来永劫、妻にすると話す祁鈺。
祁鈺は馬鹿なんでしょうか?ww

ある日、允賢の元を訪ねる祁鎮。
すると允賢の首の包帯に気付き、手を伸ばそうとする祁鎮・・そこに「やめろ」と祁鈺が現れる。そして允賢に「男と密会とは。やはりエセンとも・・」と言う祁鈺・・すると祁鎮が祁鈺を突然殴り、喧嘩になってしまう2人。
それは祁鎮に殴られても仕方ない!

その後祁鈺は「朕に盾突く者には死あるのみだ!」と南宮に幽閉しろと命じ、允賢を無理矢理連れていき、ベッドに押し倒す祁鈺。
嫌がる允賢・・しかし祁鈺は構わない様子・・その後、祁鈺は泣いている允賢に「そなたはやはり潔白だった。許してくれ」と謝るも、無反応な允賢。
祁鈺が最低すぎます。しかも允賢の潔白を強引に犯して確かめただけですよね?最低です

・・允賢は女官を集め、医学を教えている様子。
たくさんの教えるべきことがある中から、宮中に多くいる女性のために婦人科から教えることに。
允賢はやはり医学に携わっている時が一番幸せそう!

そんな允賢を見守る祁鈺。
しかし、元気そうに見えても、今もなお夜は泣いていると聞いた祁鈺は激怒する・・。

女医明妃伝~雪の日の誓い~43話・44話・45話 感想

祁鈺のダメな皇帝っぷりが露呈していたり、自分の思い通りにならない允賢に苛立ち、美麟の思惑通り、允賢を疑ったり・・。その上、嫉妬から嫌がる允賢を強引に押し倒したり・・もう最低な行動ばかりの祁鈺で、優しかった祁鈺はもうどこにも見当たらないようです。
やはり皇帝になり、調子に乗って大切なものが何かを忘れてしまったのでしょうか?允賢は早く祁鈺から離れて欲しいですが、皇帝の貴妃となってしまった今、もうそれは叶わない時代なのでしょうね・・。
允賢を祁鎮と太上皇后の元へ行かせ、美麟と仲良く過ごせばいいのにww允賢と祁鈺の仲は、今後どうなっていくのでしょうか?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です