如懿伝-にょいでん-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

阿箬は釈放され、恩義を返す為に乾隆帝の側仕えになるが乾隆帝は女官の毓瑚に今回の件を捜査させ如懿の無実を証明しようとしていた。
しかし、皇太后に反対された乾隆帝は仕方なく如懿を冷宮送りにし、阿箬は慎常在に封じられ寵愛を笠に傍若無人の態度で皆に接し始める。

では、今回は22話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

22話

如懿は侍医の江与彬から薬をもらい吉太嬪に送る為に膝当てを縫っており、惢心はそんな如懿を心配するが冷宮には来てくれないと言うが如懿はここまでしてくれたら十分だと告げる。
如懿は自分の事は気にせず惢心は江与彬と一緒になればいいと提案するが、惢心は如懿の事が何よりも大事だと言って一生仕えると約束する。
どこかの侍女に比べて惢心ちゃんは本当に天使だよねー如懿のストーリーよりも惢心ちゃんメインでのドラマが見たいくらいですよー幸せになってほしいね

雨の降る夜、冷宮の門を叩いてお姉さまと叫ぶ海蘭の声を聞いた如懿と惢心、手を真っ赤に怪我してずぶ濡れになった海蘭を見つけた如懿。
海蘭は泣きながら如懿に皇后と高晞月と阿箬に責め立てられ手を踏みつけられ雨の中でひざまずかされたと言って、如懿の居ない後宮はもう耐えられないと泣く。
海蘭も良い子なのにこういう策略を持たない子ほど苦しい思いをさせられるんですよねー、ドラマだから悪いことした奴は痛い目見てほしい、特に阿箬

如懿は海蘭に身を守る術を覚えなさいと言って、手を強く握り海蘭は聡明だと勇気づける。

23話

皇宮では金玉妍の子供が産まれて満一月になり啓祥宮では祝いが行われており、乾隆帝は第4皇子に永珹と名付け永璉を亡くした悲しみから救ってくれると言う。
海蘭と蘇緑筠は第4皇子が産まれてからは毎日宴が開かれていると言って永璜と永璋の事はもう忘れているようだと言うと、海蘭は二人を連れて金玉妍に会わせれば良いと提案する。
聡明な海蘭が色々と策略を考えて皇后たちに仕返しをしていけば良いんですけど、如懿の味方でいてくださいよー?海蘭まで裏切るとかになったら悲しいよ

乾隆帝たちのもとに永璋だけを連れてやってくる蘇緑筠、二人を育てて大変だったろうと蘇緑筠を労う乾隆帝は養心殿に戻る際に蘇緑筠を妃に昇格させる。
その頃、永璜は手習いをしており侍女の衛嬿婉は永璜も一緒に行くはずだったのにと言うと永璜は自分は実の息子ではないと言って大人になるまでの辛抱だと答える。
皇子の中では永璜が一番可哀想ですよねー如懿にはしっかりと育てて貰えてただけに…この歳で我慢を覚えて可哀想ですよ、甘えさせてあげたいよね

海蘭の助言で妃に昇格したと喜ぶ蘇緑筠、海蘭は蘇緑筠が二人をしっかり育てたからだと言って贈り物を水くさいと断る。

24話

ある夜、冷宮の中で悲鳴が上がり侍衛の凌雲徹を呼ぶ声が響き渡り凌雲徹は門を開けて中に入ると、如懿と惢心の寝台の周りに蛇が無数に迫っていた。
凌雲徹は蛇を剣と酒で払い除けるが如懿は蛇に噛まれてしまっており、凌雲徹は毒を吸い出すと言って如懿の腕に吸い付き毒を吸い出す。
今まで如懿に対して無礼な振る舞いでしたけど何だかんだ良い感じの二人ですが、この機会にグッと仲が縮まりそう…だけど噛まれて赤黒くなってたらやばくない?

急な事で無礼だったと謝る凌雲徹にありがとうと言う如懿、凌雲徹は凌霄花の葉も解毒作用があるからと言って惢心に取りに行かせ惢心は今日は凌雲徹が侍衛で助かったと話す。
凌雲徹はあんなに蛇が集まるのは不自然だと考え二階に登ると、二人に夕方に変な物音は聞こえなかったと尋ねると瓦が外されそこから蛇を投げ込まれただろうと告げる。
すーぐ蛇を使うのは妃の手ですよねーさすがに冷宮では石灰を撒くとかはしてくれなさそうって思ってたけど凌雲徹持ってきてくれるっぽくて良かった

凌雲徹は誰かに恨まれてでもいるのかと尋ねると如懿と惢心は気まずそうな顔をすると凌雲徹は察して今日は寝ろと雄黄酒を置いていく。

22-24話感想

永璜君が健気過ぎて涙が出てきますねー自分の立場を理解して永璋が賢くて字をすぐ覚えると弟を立てる兄、ただ嬿婉が近くにいるのが気になるねー怖い存在。
如懿が今患っているのは風湿って病気ですがこれは今で言うリウマチですよねー辛そう、直接手を汚すってよりかはかなり間接的に殺そうとしている妃たち。
そろそろ、如懿の逆襲が始まるかなー?それにしても父親が死んでしまうのは悲しいねー。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。