如懿伝-にょいでん-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレでありで!

如懿伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

金玉妍の子・永璇は落馬事故にあい片足が不自由になってしまい、永璇が不憫だからと言って金玉妍は乾隆帝に泣きつき縁談を決めてもらう。
落馬事故から居なくなっていた金玉妍の犬・富貴児が如懿の子供・璟兕に飛びかかり心臓の弱い璟兕は驚いて倒れてしまい、そのまま亡くなってしまう。

では、今回は64話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【如懿伝-にょいでん】(ネタバレあり)

64話

玉氏の王は乾隆帝に何人かの美人を献上、如懿は玉氏の顔を立てるべきだと提案し乾隆帝は渋々、宗氏を貴人として封じ円明園にとどめておけと李玉に命じる。
李玉はもう1通、密書があると言って乾隆帝に渡すと乾隆帝は呆れて如懿に密書を渡すとそこには金玉妍はどこからか拾ってきた子供であり玉氏の血筋かわからないと書いてあった。
責任逃れは権力者の十八番みたいなとこありますからねー乾隆帝も意歓の時は責任逃れでしたでしょうし…まぁ今までやってきたことも報いですよ金玉妍は

密書を見た如懿は玉氏が自分を潔白だと主張したいのだと言って乾隆帝の意見を尊重すると、乾隆帝は金玉妍は自業自得で死ぬまで放置しておけと吐き捨てる。
その夜、欽天監の元にやってきた進忠は今や陛下は欽天監の言葉を信用して一喜一憂しているが進忠は本当に吉祥と予言された子供は無事に産まれるかと尋ねる。
この昔に占いの信じるのは仕方ないと思いますけど、こんなことで国のことや子供のことを決められてたと思うと怖いですよねー

一方、衛嬿婉の元には産婆の田氏がやってきて娘の薬が効かなくなってきたと頭を下げると衛嬿婉は助ける代わりにとある策を田氏に授ける。

65話

鍾粋宮では如懿が産気づき不安になったと言って陳婉茵がやってくると、先に蘇緑筠がおり同じく自分も経を読んで心を落ち着けているといって一緒に祈りを捧げる。
一方、翊坤宮内は大慌てになっており産婆たちは早産で逆子は難産になると言って熟練者の田氏が逆子を直してくれないと何も出来ないと困っていた。
田氏は衛嬿婉を頼ったのが運の尽きですねーかなり重要な役職ですから渡りをつければ如懿に相談も出来たと思うけど難しかったのかなー

如懿と子供の心配をする乾隆帝、海蘭は自分が状況を聞いてこようかと提案するものの欽天監は行けば運気が乱れてしまうと言うと乾隆帝は海蘭をその場で待機させる。
欽天監は更に如懿が産気づいた時間は吉時だと言って性別に関係なく無事に産まれると乾隆帝を励まし、乾隆帝は子供の名前を考えつつ無事を祈っていた。
占い師に左右されて愚策を敷いた皇帝って山程いますからねー乾隆帝もそうならないで欲しいですけど、あれだけ父子のなんたらで右往左往してたからなぁ

夜が明け衛嬿婉は崑曲の練習をしており、春嬋に出産が終わったら田氏に包侍医の薬を渡しておくようにと指示する。

66話

如懿の元へ凌雲徹がやってくると渡した梅は永璂が手折ったものだと言うと如懿は少し表情を崩して永璂は親孝行者なのと言って笑みを浮かべる。
如懿は田氏が死んだがずっと不安でたまらないと言って凌雲徹にこの件を調べて欲しいと頼み、証人は死んでしまい凌雲徹の出世も妨げるかもしれないと言うが凌雲徹は快諾する。
きれいなお髭になった凌雲徹ですが誰よりも如懿に向ける視線が優しくて良いですよねー、ほんと身分が違うからあれですけど結ばれてほしかったなー

皇后の為に全力を尽くすと約束する凌雲徹、それを聞いた如懿は大粒の涙を流し自分と永璟の為にありがとうと言って真相がわかれば永璟も安らかに眠れると話す。
凌雲徹は冷宮で出会った頃はお互いどん底だったと笑い、如懿は宮中で頼れるのは海蘭と凌雲徹だけと言うとそこに皇太后の使いの者がやってくる。
そのうち再び凌雲徹も狙われそうで怖いなーもうね、話が重すぎてスカッとする場面が無いし如懿はずっと可哀想だし見てて辛いのよねーこのドラマ

皇太后の元にやってきた如懿と第12皇子の永璂、皇太后は乾隆帝が如懿の話を自分に聞いてくると話し悲しみを最も慰め合える相手ではと言う。

64-66話感想

ついに宿敵・金玉妍がご退場となりましたねー思いの外長かったのと最後まで同情は出来なかったけど、玉氏の変わり身の速さにはムカつきましたね。
そして立て続けに不幸が重なる如懿、全ては衛嬿婉の企みですけど如懿よりも上手な衛嬿婉の策略がズバズバと如懿に刺さっていきますね。
如懿の反撃はそのうち見れるのでしょうか?後20話もこんな展開のままじゃメンタルが死んじゃう。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。