少林問道-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-少林問道(しょうりんもんどう)-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

少林問道



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は、無想が体得した洗髄経で自分を治療させようと、明徳が少林寺に押しかけてきました。無想は蓁蓁から渡された毒薬で復讐しようとしますが、敗火に阻まれてしまいます。
明徳への復讐と、少林寺の存続、様々な思いのはざまで無想が下した決断は「無常院に入って自ら死を選ぶことで、すべてを道連れにする」というものでした…

追いつめられた無想、そして明徳も追い詰めながらも同じだけ追いつめられています。明徳と無想の命を懸けたチキンレースを止められるのは一体誰なのでしょう。
今回、とうとう物語の均衡を保っていた一点が崩れ、新たな方向に何かが動き始めそうです。無想は、そして剣雄は、どこへ向かっていくのでしょうか…
後半になって、色々答えが見えてきたような、逆に謎が深まっていくような展開を、じりじりしながら一緒に見守って行きましょう~♪

【少林問道】(ネタバレあり)

28話「告白」

無常院から無想を引きずり出そうとする韓副官に対し、正念と少林三傑が立ちはだかる。創建以来の少林寺最後の清浄の地を死守しようとする正念たちに兵士が襲いかかるが、銅人たちも加わったことで、兵士では全く相手にならない。
そこに明徳がやってきて「治療するならば少林寺は攻撃しないと約束したから、無想ひとりを連れ出せばいい」と言い、兵を退かせる。その場に敗火がいないことに気付いた明徳だが、その居場所を尋ねられても正念には答えられない。
少林三傑、意外と強い!しかし復活した銅人たちの強さときたら、これは確かに朝廷が少林寺を危険視するのも仕方ないかもしれませんね~

その頃敗火は、梅艶楼の入り口で女将を待っており、妓楼には場違いな僧侶姿で客に気味悪がられていた。仕方なく女将は招き入れ話を聞くが、無想が自ら死ぬことで明徳を殺そうとしている、と聞いて愕然とする。敗火は程粛に子供を託したことが因縁を招いたと悔い、女将に「自分たちはどうするべきか」と問うのだった。
明徳は、敗火が下山したのは、程聞道を救うために沈梅児に会いに行ったのだろう、と見抜いていた。どうしても無想に治療させたい明徳は、蓁蓁に「奴を説得して来い」と命じる。蓁蓁は無想を生かしたい思いと明徳を殺したい憎悪のはざまで揺れるのだった。
明徳はすでに無想が我が子と察しているということなのでしょうか。察した上でのこの所業だとしたら、鬼、悪魔、明徳!としか言いようがないのですが…

正念と正因は師匠・空知禅師の命日を本尊に祈っていた。観海大師から衣鉢を引き継ぐことを空知禅師が拒まれて以来、少林寺は災難に見舞われていた。正念は複雑な思いを抱きながら、今やるべきは最善を尽くして少林寺を守ることだと決意を新たにする。
明徳に命じられて無想のもとにやってきた蓁蓁だったが、無想は自分が死ねばすべてが終わる、と達観しており、説得することはもはや不可能だった。そこで明徳は韓副官に「少林寺に潜伏する逆賊を徹底的に捜索し、協力しない和尚は皆殺しにせよ」と命じる。
観海大師と空知禅師の間に何があってこうなったのか、かなり気になります。空知禅師は一体何をやらかして師匠を怒らせたのか…

僧侶たちは全員集められ、韓副官が「無想が無常院から出て明殿の病を治せば少林寺は無事だが、拒むのならば一時ごとに見せしめとして一人ずつ殺す」と宣言する。そして実際に通心という名の若い僧侶が選ばれる。僧侶たちは通心を守ろうと一触即発の状態になるが、正因が「阿弥陀仏」の声で制し、静かに待つことに。
その頃、集合場所に姿が見えなかった正念は達磨洞に向かい、観海大師に少林寺の危機を訴え、指示を仰ごうとしていたが、観海大師からの返事はない…
とうとう正念が少林寺のアンタッチャブルな部分に触れてしまいそうです!

通心が殺され、僧侶たちの嘆きの声が明徳と蓁蓁のところにも届いていた。そこに梅女将を連れて敗火が戻ってきて、女将は蓁蓁の髪から毒薬入りの簪を外して無常院に向かう。蓁蓁は女将の覚悟を察して愕然とするのだった。
そして女将が無想に、敗火が明徳に、それぞれ無想の出生の秘密を明かす。明徳が女将の実家の沈家を粛清したため、梅児はお腹の子を望まずに寒性の薬草を服用し、そのために無想はずっと寒毒に侵されていたのだと。明徳と無想は容易には信じられないが、女将は程粛の方が20年前に明徳を裏切って見捨てたことを無想に語ってみせる。それでも無想の明徳への殺意はおさまろうとしない…
とうとう出生の秘密が明かされました…リアクションが全く同じです。親子です…

29話「命の引き換え」

明徳の脳裏に、20年前の程粛の裏切りがよみがえる。倭寇の主力をおびき出すために独断で少数兵を連れて敵陣に突撃した明徳を、程粛は軍令を盾に援軍を出さずに見捨て、剣寿昔も程粛に逆らえずに従い、全滅した屍の中から這い出た明徳は、その時に毒に侵されたのだった。無想は自分が敬愛した父親の愛情は、ただ明徳への罪滅ぼしだったことをつきつけられ、明徳と無想は父子の皮肉な因縁に直面する。しかし無想は「地獄に堕ちても、お前は助けない」と明徳に吐き捨てる…
とうとう来ました「I’m your father」!最悪の状況での告白でしたね…

「たとえ父親でも救うものか」という無想の頑なさを見て、女将は「あの人(明徳)の深い罪は命で償わせるべきだ、だったら私の命とあの人の命を交換することで許して」と言ってかんざしの毒を口にする。女将は我が子が生き続けるため、父子を助けるために自分の命を懸けたのだった。女将は無想が「母上」と呼びかけるのを聞いて、無想の腕の中で息を引き取るのだった…
女将、そこまでしなくても、と思うのですが、女将が命がけで割って入らないとこの二人の抗争はあらゆる人を巻き込んで血を流してもなお止まらなかったのでしょう…

正念はなおも達磨洞の前で観海大師に訴え続けたが、答えは返ってこない。
そこで、正念は意を決して達磨洞の中へ歩み入る。しかし達磨洞の中には観海大師の姿はなく、そこには小さな箱がひとつ置かれているだけだった…
とうとう正念は知ってしまいました…やっぱりそうだったんだ!…ということは、今までの「観海大師のお言葉」は… 無想に洗髄経を与えたのは…

韓副官はさらに次の僧侶を殺そうとしていた。たまらず通林が兵士たちに向かっていき、正因達も立ち上がる。兵士は僧侶たちに全く歯が立たず、韓副官が正因に剣を振り上げようとしたところ、無常院から出てきた無想が止め、明徳が兵士の武器をおさめさせる。無想は明徳を治療することを告げ、明徳に「今日は私達父子が再会し、そして縁を切る日だ」と宣言するのだった…
まさしく、女将が命がけで止めなかったら、少林寺に大乱勃発で多くの血が流れるところでした。無想の絶縁宣言を、明徳が意外に納得してなさそうなんですよね~

剣雄たち一行は道中、明の兵士に見とがめられるが、剣雄が商人だとごまかそうとする。しかし岡田たちが武器を持っていることで怪しまれ、岡田が兵士を斬りつけ、さらにかけつけた岡田の配下の江龍が兵を全滅させる。兵にひとり息があるのを見た岡田は、自分たちの仲間であることを試すため、剣雄にとどめを刺させる。
ヘンテコチョンマゲの江龍が再登場です。一行が目指している寧波は、かつて大内氏と細川氏が日明貿易の主導権争いで「寧波の乱」を起こした所、だそうです

無想たちは紙銭を燃やして女将の供養を行っていた。敗火は「これは明施主と私への罰では」と言うが、明徳の心には響かない。蓁蓁はあの簪を炎の中に投じるのだった。
翌朝から明徳の治療が始まる。明徳は無想を女将の供養に誘い、無想は明徳に通心の埋葬に参列するように促す。
しかし蓁蓁は明徳の治療に納得していない。「治療してからその後は?」と、蓁蓁が投げかける冷たい言葉と失望の視線に、無想は答えることができずに涙するのだった…
明徳が通心の埋葬に参加するとか、さすがに女将の死が二人の関係に変化をもたらしたのでしょうか。無想と蓁蓁との関係は悪化したようではありますが…

30話「死地より出でて」

少林寺では、殺された通心の葬儀が行われ、明徳も参列して火葬の着火を行った。明徳の治療については義務として全力で取り組もうとする無想だったが、薬局を出たら二度と関わらないつもりでいた。しかし明徳は父親として無想に関わろうとしつつあった。
正念は敗火に達磨洞に入ったことを告白する。敗火は「観海大師が何を言ったのか」を聞こうとせず、中に入ったことこそが重要だと誉めた。正念は敗火に対して黙って手を合わせるのだった…
正念と敗火の余白の多い会話は、お互いちゃんと意志が伝わっているのでしょうか、時々心配になります。まさに「禅問答」という感じです~

敗火は、無想が作った明徳の処方箋を見て眉をひそめる。それを煎じている最中に強烈な匂いが放たれていたため、通山が好奇心で指につけてなめようとしたので、無想はそれを慌てて洗い落とさせる。その薬は猛毒で構成されていて、飲めば激痛に悶え苦しむが、そこから洗髄経の要領で起死回生を果たす、というものだった。
明徳は蓁蓁に傍らで琴を弾かせ、薬を口にすると何度も吐血した。それを見た蓁蓁は壺を割って破片で明徳を殺そうと襲い掛かる。しかし無想はそれを必死で止めて、二人で泣き崩れるのだった…
蓁蓁のラストチャンスを止めなければいけない、無想の無念さが悲しいです…

江龍は剣雄に寧波の地図を示し、岡田たちが海への要地を占領しているために明軍から頻繁に攻撃をされるという。そして明軍に徐志という新しい将領が着任したという情報をつかんでいたが、それは剣雄がかつて指導したことのある人物だった。徐志は三国志好きの奇襲好きで、何度たしなめてもその性格は変わらなかったため、剣雄は「今夜攻めてくるはず」と予想する。
夜明け近くになっても徐志の軍は現れず、江龍は不満をもらすが、剣雄は「必ず来る」と確信。そして予想通りに徐志の奇襲軍が到来し、倭寇に殲滅されてしまうのだった。
徐志の「三国志好きの奇襲好き」という人物像に思わず笑ってしまいました。孔明シンパか司馬懿かぶれなのですね、きっと

明徳の治療は進み、三日後には効果が表れるまでになり、一連の騒動もようやく終息を迎えそうになり、敗火は正念を「一緒に月を愛でよう」と誘い出す。正念は達磨洞に入ってから心が軽くなり、明徳のこともあって上機嫌だった。
敗火は、無想がさらに悩みを深めていることから、「少林寺に縛り付け、心をおさめさせるために、少林薬局の首座の位を伝承させよう」と正念に提案するのだった。
敗火はどういうつもりでこの提案をしたのでしょう。無想が受けると思ったのかな…

無想は明徳に最後の洗髄経を施していた。これで定期的な薬の服用で完治というところまできたことで、明徳は無想に望みを聞くが、無想は「少林寺に二度と現れるな」と言い渡す。そう言われた明徳の心中に、何か変化が起きようとしていた。
通林から「住職が呼んでいると」知らされた無想は、通林が妙に不機嫌な態度を見せたことを不審に思う。
大殿では敗火や正念たちが揃っており、無想は改めて治療のことを感謝される。そして「敗火の意志」であると念を押された上で「少林寺薬局の首座に任じる」と申し渡される。無想は通林の態度の理由を察して「師兄たちが認めぬかと」と辞退するのだった…
通林はアツイ男だけに、いちいちわかりやすいですね。しかし明徳…一体どうした…

28~30話の感想

今回は「とうとう」という話が多かったような気がします。
まず、正念大師は、とうとう開かずの洞窟を開けてしまいました。
ほらね~、やっぱりそうだった! ということは、敗火はいつからこの小芝居を続けていたのでしょうか。正念はそれでスッキリしていますけど、いいのでしょうか。
きっと今後もその秘密を守るため、二人のうちどちらかが達磨洞に入って秘密の上書きをするしかなくなるような… 門番の僧侶がいるだけ無駄っていう話ですよね。

さらに、とうとう明徳と無想が父子であることが明かされました。まさに最悪のタイミングで、最悪の方法で。でも、最悪だけど最高の効果をもたらしました。
梅女将があそこで命を賭けるしか、無想を止めることができなかった… 母としてできる最大の愛を捧げて散って行った女将の想いが、きっと明徳と無想のこれからに一石を投じることになるのではないかと思われます。

そして、出生の秘密や実の父母、育ての父の真の姿と、蓁蓁との溝とか、一度に色んな物と向き合わされたまま、それを全部いったん封じ込めて、仇だと思ってきた実父の命を救うことに全力を傾けさせられた聞道なのに、敗火はそこに少林寺薬局という重しをドンと乗せようとしています。大丈夫なのでしょうか。一度色んなものから解放してあげないと、聞道の心が爆発するのではないかと心配でなりません。
その爆発の地雷原であるはずの明徳が、あの明徳が、息子無想に絶縁宣言されて、傷ついた顔をしていませんでしたか? そしてなんと、仏に、仏に、仏に!向かい合おうとしていませんでしたか? まさか、あの明徳が…
さすがの明徳も、最愛の梅児の死がきっかけで色々こたえるものがあったのでしょうか…
あの明徳が… まさか息子のために仏に帰依するとか言い出したら、誰が許しても剣雄が許さないと思います。
「寧波に行って悪に染まって帰ってきたら、親玉が出家していた」みたいな、そんな話になったら、私も許せないかもしれません。まだまだ少林寺の動乱は収まらないかもしれません。明徳よ、早く寺から帰れ!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です