慶余年(けいよねん)-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
范閑は自分を襲撃し、滕梓荊を死に追いやった襲撃事件に司理理が絡んでいると推理し彼女の捜索を始めた前回。
そして今回、范閑たちを襲った襲撃事件の黒幕の正体が明らかに…。

【慶余年(けいよねん)】(ネタバレあり)

16話

料理に毒を入れたのが司理理なのでは?と推理した范閑は彼女がいた部屋を調べる。
しかし司理理は既に逃げていてもぬけの殻で、急いであとを追うことに。
その後、司理理が向かった先を特定した2人は馬に乗りその場所へ向かうなか、范閑は「やけに順調すぎる…料理に毒を混ぜたならなぜ毒が効くのを待たずに逃げた?逃げるならなぜ料理に毒を混ぜるような真似をしたのだろう…」とまたしても違和感を感じていた。
しかし王啓年に「考えすぎだ」と諭され司理理の追跡を続けることに。
すると范閑と王啓年は司理理に追いついた。
話をする中で司理理がわざと范閑と王啓年に自分を追跡させるよう仕組んでいたことが判明し、司理理の仲間の山賊たちが范閑と王啓年を取り囲む。

わざと追跡させたのはここで山賊たちに襲わせるためだったんですね

そして馬に乗り颯爽と立ち去る司理理と、山賊たちに囲まれ動けない范閑と王啓年。
どうすべきか悩むなか、突然大きな地響きが。
なんと監査院の精鋭部隊で院長直属の軍隊・黒騎がやって来たのだ。
四方八方からやって来た黒騎に司理理も行く手を阻まれ逃げられないのだった。
その後、黒騎たちは司理理の仲間の山賊たちを一蹴。
そして范閑は司理理を捕らえ都に戻ることにした。
都に戻る道中、范閑は襲撃事件の黒幕について探りを入れるも、司理理は話そうとしないのだった。
その後、范閑は司理理を連れて都に戻って来る。
そして公文書を持った四処の言若海がやって来たことでその身柄は監査院で拘束されることとなった。
それにより范閑も襲撃事件の黒幕について司理理に探りを入れられなくなるのだった。
その後、范閑は林婉児の屋敷を訪ねる。
するとそこで葉霊児が司理理について、黒幕について何か知っている可能性があることを知った。
2人が話をしていると突然そこに林婉児の兄・林珙がやって来て范閑に襲い掛かる。
范閑は林珙の攻撃を交わしながら屋敷から逃げ去った。

兄・林珙は范閑との結婚に大反対のようです

その後、范閑は葉霊児に会いに行く。
そこで司理理が船の中で誰と話していたのか尋ねる范閑。
しかし葉霊児は「何も見ていない…」と答える。

完全に何かを隠していますね

17話

葉霊児が何かを隠していることに気付いた范閑は、司理理と船にいた人物について問い詰める。
しかし葉霊児は「家族を守るためにも話せない…」と言い何も話してくれないのだった。
葉霊児から何も情報を得られなかった范閑は次の手に打って出る。
それは監査院の地下牢に侵入しそこで捕らわれている司理理に直接聞きにいくというものだった。
范閑が準備を進める中、若若がやって来て2人で話すことに。
そこで若若は皇太子に会いに行って話してきたと報告。
若若はこれにより皇太子が范閑に対して殺意を持っているかなど探りを入れようとしたのだ。
「殺意については皇太子の部屋の様子から、彼には想いを寄せる女性がいて、それが司理理の可能性が高い。その司理理と関係が噂された范閑に激怒し襲撃したと考えれば辻褄が合う」と話すのだった。

若若の言う通り皇太子が黒幕なのでしょうか…

その夜、范閑は監査院に侵入。
そして司理理がいる地下牢に到着した范閑だったが、そこに言若海がやって来る。
言若海は「審理はお前に任せる。どんな決定でも監査院は支持する」と告げ去っていった。

どうやらこれは監査院長の意向のようです

こうして司理理の審理を任された范閑は、早速取り調べを始める。
すると司理理は、程巨樹を捕らえ都に連れて来て范閑を襲撃するよう指示した黒幕がいることを明かす。
しかしその人物については「私を都の外に解放してくれたら教えてあげる」と言い教えてくれない。
すると范閑は「話さないならこの暗い地下牢に一生閉じ込める」と司理理に脅しの言葉をかけ尋問しジリジリと彼女を追い詰める。
すると司理理は襲撃事件の黒幕について范閑に耳打ち。
それを聞いた范閑は驚き動揺し「このことは誰にも言うな…」と司理理に言うのだった。

范閑は誰の名前を聞いたのでしょう…

范閑が外に出ると朱格や言若海たちが待っていた。
范閑は襲撃事件の黒幕の正体については何も触れず「司理理から都にいる密偵の名前を聞き出した」と報告しそのリストを手渡した。
「殺さず、拷問せず、刑に処さず、投獄のみという取引をしたから彼女に手出しはしないように」
范閑はそう告げその場から立ち去った。
翌日、范閑は林婉児の屋敷へ。
これまではこっそり忍び込んでいたが、今回は堂々と真正面から大所帯で祭りのように大騒ぎしながら大々的に乗り込むことに。
それを知った林婉児の兄・林珙は激怒し「奴が屋敷に入って来たら殺せ!」と護衛たちに指示を出す。
しばらくして林家の屋敷に到着した范閑は、護衛たちに囲まれるも大ジャンプで塀を乗り越え逃走した。
その後、范閑は葉霊児に会うと「あの時船で司理理といたのは林珙だろ?」と問い詰める。
その通りで、葉霊児が船で目撃した人物、そして襲撃事件の黒幕は林婉児の兄・林珙だった。

18話

林婉児は兄・林珙と話していた。
「范閑とはもう会うな」
林珙はそう言うと、短刀を林婉児に手渡し立ち去った。
一方、范閑は若若と話していた。
そこで襲撃事件の黒幕が林婉児は兄・林珙だったと明かす。
さらに林珙は皇太子の配下で、この件に皇太子が絡んでいる可能性もあるがその確証がないため、現段階では林珙へ復讐を考えていると話す范閑。
それを聞いた若若は「そんな状態で林婉児と結婚できるの?」と心配するのだった。

もし林珙に復讐すれば妹である林婉児との縁談は白紙になるの間違いなしですもんね…

その夜、范閑は林珙に復讐するべく林家の屋敷に向かっていた。
するとその道中、目の前に五竹が現れる。

久々の登場です!

五竹は「帰れ。お前は迷っていて心が乱れている。このまま行っても死ぬだけだ」と范閑を制止。
しかし范閑は聞き入れようとせず、五竹に襲い掛かった。
戦闘能力は五竹の方が数段上で、五竹の攻撃により范閑は意識を失うのだった。
翌朝、范閑は自らの屋敷のベッドで目を覚ます。

意識を失った後、五竹にここまで運ばれたようです

范閑は急いで林珙に復讐するべく出掛けようとするも、若若から林珙が慌てて都を出たことを聞かされるのだった。
どうやら林珙は都を出る前に皇太子と会っていたようで「皇太子との関係があるな…」と疑いつつ、范閑は林珙の捜索しようとするも、逃げてから時間が経ち過ぎているため断言するのだった。
一方、都を出た林珙の元に五竹が現れる。
五竹は林珙の護衛たちに囲まれるも、華麗な剣術で護衛たちを一蹴。
一瞬のうちに護衛を全員殺した五竹は、林珙に剣を突き刺し殺すのだった。

林珙、あっさり殺されちゃいましたね…

その後、朱格の元に「林珙が郊外で殺された」という知らせが届く。
驚きながらも急いでその現場に向かった朱格はそこで林珙の護衛たちをの遺体、そして林珙の遺体を確認。
朱格たちは現場の様子から剣術のスペシャリストの仕業だと考え、二皇子の護衛の仕業なのでは?と推測するのだった。
一方、屋敷にいる范閑の元に五竹が訪ねて来る。
そこで五竹は林珙を殺したことを報告。
それを聞いた范閑は憤りを感じるのだった。
その後、少し五竹と話をし落ち着いた范閑。
五竹はこれまで都にあるであろう范閑の母が遺した箱の鍵探しの手がかりを得るためあちこち渡り歩いていたと話す。

そして手掛かりを得たようです

「鍵は2箇所にある可能性が高い。皇宮の宮中と范閑の母が暮らしていた太平別院だ」
そう話す五竹。
皇宮の宮中は”洪四庠”という大監の所に鍵がある可能性が高く、太平別院は都の近くにあるが詳しい場所は分からないのだとか。
「しばらく都にいるから鍵探しに協力して欲しい」
五竹はそう告げると屋敷から姿を消した。
翌朝、范閑は父・范建に太平別院の場所を尋ねる。
しかし范建は教えてくれないのだった。
その後、范閑は皇太子と林宰相に同時に呼び出された。

感想

16話では范閑が襲撃事件について調べを進めるもなかなか手がかりが掴めないという展開でした。
しかしながら葉霊児は何か重大な情報を握っているようで、彼女が司理理と話す様子を目撃した人物が誰なのか気になるなか、17話ではその正体が明らかになりました。
黒幕が林婉児の兄・林珙だったとは驚きの展開でしたね。
復讐を誓った相手が想いを寄せる人の家族という複雑な構造に范閑はどう動くのだろうかと気になるなか、18話では林珙が五竹によって殺されてしまうというこれまた驚きの展開でした。
さらに范閑は五竹の目的である箱の鍵探しを手伝うことになりました。
次回、どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。