扶揺-フーヤオ-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-全話一覧
フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
2018年に中国で放送され、総視聴回数145.5億回を超える記録した大ヒットドラマです。ヒロインの扶揺が、平凡な使用人から国を守る強い女性へと成長していく姿を描いているドラマティックなラブ史劇扶揺(フーヤオ)。

主演は、中国で抜群の人気と影響力を誇る女優ヤン・ミーと台湾の人気俳優イーサン・ルアン。ヤン・ミー主演大ヒットドラマ「永遠の桃花~三生三世~」で共演したガオ・ウェイグァンやライ・イーも出演しています。

原作で描かれている広大な五州大陸を再現するために、中国国内の様々な地域で撮影が行われたほか、広さ6万平方メートルの土地に豪華セットを立てるなど、83億円もの製作費が投じられています。

ここでは中国ドラマ『扶揺(フーヤオ)』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

扶揺-フーヤオ あらすじ

舞台は五州大陸。天権国によって、太淵、天煞、璇璣の三国が統率され、扶風海の向こう側に聖地穹蒼がある。五州大陸は平和が続いていたのだが、昔、帝非天が戦を起こし、それを穹蒼の長老が、玄霊真葉の力を使って、五州を救った。

しかし、帝非天は、自らの血を五色石に変え、もう一度反乱を起こそうとしていた。

太淵の玄元派で奴婢として働いている少女・扶揺は、自分の正体も何も知らずに育ったのだが、ある日、五色石の持ち主であることを知らされ、封印を解くために旅立つことになる。

扶揺-フーヤオ-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

扶揺-フーヤオ-1-2-3話

扶揺-フーヤオ-4-5-6話

扶揺-フーヤオ-7-8-9話

扶揺-フーヤオ-10-11-12話

扶揺-フーヤオ-13-14-15話

扶揺-フーヤオ-16-17-18話

扶揺-フーヤオ-19-20-21話

扶揺-フーヤオ-22-23-24話

扶揺-フーヤオ-25-26-27話

扶揺-フーヤオ-28-29-30話

扶揺-フーヤオ-31-32-33話

扶揺-フーヤオ-34-35-36話

扶揺-フーヤオ-37-38-39話

扶揺-フーヤオ-40-41-42話

扶揺-フーヤオ-43-44-45話

扶揺-フーヤオ-46-47-48話

扶揺-フーヤオ-49-50-51話

扶揺-フーヤオ-52-53-54話

扶揺-フーヤオ-55-56-57話

扶揺-フーヤオ-58-59-60話

扶揺-フーヤオ-61-62-63話

扶揺-フーヤオ-64-65話

扶揺-フーヤオ-最終回(66話)

見どころポイント
ヤン・ミー演じるヒロイン扶揺のたくましい女性像は、必見です。屈することなく立ち向かっていく姿はみごとです。また、激しいアクションシーンもこなし、ヤン・ミーの演技力を堪能できるドラマになっています。

長孫無極の扶揺を想う愛の深さがすばらしい!扶揺をじっと見つめる目から、それがにじみ出ています。一途な愛、命をかけた愛をイーサン・ルアンが好演しています。

数々の秘術が出てきます。最初の方で出てくるのは御水の術。この術はかなり重要な術の一つのようですが、水を自由自在に操ってしまうというものです。様々な秘術を楽しんでみてください。

イーサン・ルアンだけでなく、イケメン俳優をそろえています。ドラマが進むにつれ、それぞれの好演に魅せられること間違いなしです!

扶揺-フーヤオ 評価レビュー・感想

ドラマ扶揺66話が終わりました。最後は、扶揺と無極が、大きな難関を乗り越えて、二人の幸せをつかむことができ、ハッピーエンドに終わりました。扶揺は、全66話で長い方のドラマではないですが、扶揺が太淵にいた頃を思い出すと、二人が平和を勝ち取るまでには長い道のりがあったなと感じました。

扶揺が、自分は何者であるかを知るため、そして、自分にかけられた封印を解くために旅に出て、それを解明していくという謎解きのような展開のドラマでした。無極がいきなり別の人になりすましたりと、謎が多く、でも、なぜ?と考えているうちに、すっかりはまってしまいました。旅に出るので、ドラマの舞台も、いろいろな場所が設定されていて、その場その場でのいろいろな扶揺が楽しめました。妃だったり、男装もありました!

扶揺が、自分の運命を受け入れて、自分の思う道を突き進んでいくところが、たくましく、そして、信念の強さに感銘しました。その場の状況で判断して、何にでも対応できる適応力の高さはみごとです。

無極が扶揺に一目惚れして、それからはずっと扶揺を守り続け、その一途さもとてもよかったですね♪命を賭けて守り、すべてを捨てる覚悟で扶揺を愛すという姿が素敵でした。女性からしたら守られているのはうれしいですよね。

一途さと言えば、雅蘭珠も見事でしたね。自分の身体をはって、戦北野を助けたシーンは、愛する人を守りたいという一心さがよく出ていました。最初に登場したときには、戦北野の追っかけをしているミーハーな女の子でしたが、心は本物だったのですね。

この『扶揺』の出演俳優は、ドラマ『永遠の桃花~三生三世~』で共演した俳優が多く、その時のイメージとかなりかぶるところがありました。扶揺役のヤン・ミーはお酒が好きなのかしら?どちらのドラマもお酒を飲むシーンがとても多かったように思えます。宋越役のライ・イーは、ニヒルな感じが同じでしたし、戦北野役のガオ・ウェイグァンは、男っぽいかっこよさを出しながらも、少し滑稽なシーンを作るところがとても似ていました。やはり俳優さんがもっている個性の現れなのでしょうか?

奇想天外なシーンもありましたが、仲間同士の連帯感や一途な愛を貫く姿が描かれていて、楽しく見ることができました。とてもテンポのよいドラマだったと思います。イーサン・ルアンの表情が目に焼き付きました!

扶揺-フーヤオ キャスト・登場人物

<扶揺役 ヤン・ミー(楊幂)>
 自分が何者であるかを知らずに奴婢として育った少女が、自分にかけられた封印を解く旅に出て、次第に国を守り戦う強い女性へと成長していく姿を、凛とした姿で演じていたのが印象的でした。
 ヤン・ミーは、1986年生まれ。主な出演作は、「私のキライな翻訳官」「宮パレス~時をかける宮女~」「永遠の桃花~三生三世~」など。
 幼少より子役として活躍している実力派の女優です。

<長孫無極役 イーサン・ルアン(阮經天)>
 太淵国の世子の軒轅旻になりすましているときに、扶揺と出会い、一目惚れしてしまう。表向きは、やんちゃな面を見せながらも、根は思慮深く、まじめで、扶揺をなんとか守ろうとする心やさしい天権国の皇太子役を演じました。
 イーサン・ルアンは、1982年台湾生まれ。主な出演作は、「敗犬女王 Queen of No Marriage」「モンガに散る」「ナイト・オブ・シャドー魔法拳」など。
  
<戦北野役 ガオ・ウェイグァン(高偉光)>
 天煞国国王の弟。偶然出会った扶揺に想いを寄せる。臣下や友達をとても大事にし、男気のある将軍役を演じました。
 ガオ・ウェイグァンは、1983年生まれ。主な出演作は、「偏偏喜欢你(原題)」「古剣奇譚~久遠の愛~」「私のキライな翻訳官」「永遠の桃花~三生三世」など。

<宋越役 ライ・イー(賴藝)>
 長孫無極の親友でもあり、名医。自分の一族が殺され、実の弟とも生き別れてしまい、それからずっと復讐の機会を狙っているという影のある役を見事に演じていました。
 ライ・イーは、1990年生まれ。主な出演作は、「永遠の桃花~三生三世」「如歌~百年の誓い~」「九流覇主」(原題)など。

<雅蘭珠役 チャン・ヤーチン(張雅欽)>
 邛葉国の王女で、太淵で扶揺と知り合う。戦北野にずっと想いを抱き続けるかわいい女性を演じました。
 チャン・ヤーチンは、1996年生まれ。主な出演作は、「学院伝説之三生三世桃花縁」(原題)「一寸相思」(原題)など

扶揺-フーヤオ 基本情報

放送局:浙江衛視
原題 :扶摇皇后
話数 :全66話
放送開始:2018年6月18日
原作 :天下帰元「扶摇皇后」
監督 :ヤン・ウェンジュン、ツェー・ゼー、リー・ザイ
脚本 :ツェー・イェンイェン




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です