擇天記-たくてんき-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
周独夫の墓に行きついたものの魔族の黒袍たちに追いつめられた長生と有容。二人は果敢に戦いますが黒袍は強敵で長生は追い詰められます。二人はこの窮地を抜け出すことが出来るのでしょうか??

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・第28話

体勢を崩した長生に迫る黒袍。お前など虫けらだと嘲笑う黒袍に、虫けらには虫けらなりの誇りがあると抗う長生。たとえ非力な存在でもそれぞれに生き様があると叫ぶ長生のもとに周独夫に敗れて剣池に眠る名剣たちが共鳴して飛んできます。集まった名剣を操り黒袍と戦う長生。さすがの黒袍たちも退散するのでした。

周独夫に敗北し無念さを抱えながら永らく剣池で眠っていた名剣たち。長生はその“剣意”を解き放ち黒袍たちに勝利しました!封じられたものを目覚めさせる力が長生にはあるようです。黒袍たちもいなくなり、これで星図を狙うものはいなくなって助かりましたね!!

周園は手練の神識によって存続していたので、剣を解放したことから崩壊し始めます。他のみんなが脱出するまで時間が稼げないかと話し合う二人。その時突然凌虚閣で見つけた黒曜石の破片が墓の中に飛んでいきます。それを追いかける二人。棺の前で18の石の破片が集まってその表面にある図式が浮かび、長生はこれが星図であると気づくのでした。しかし墓はひび割れて崩れ始めています。その中で長生は星図を暗記するのでした。そして暗記が終わったと思った瞬間、長生達は周園から魔族の地へ空間移動していました・・。
一方神都に戻った秋山君と学院生たち。秋山君は黒袍から弟子の関飛白殺しの罪を長生に着せるよう手を打つ代わり、星図を長生から奪うよう脅されるのでした。

擇天記・第29話

離山剣宗では秋山君に傷を負わされた弟子の七間が臥せっていました。もし目覚めれば自分が殺そうとしたことを暴かれると恐れる秋山君。しかし苟寒食をはじめとする離山の弟子たちは秋山君に絶大な信頼を寄せていて、目覚めた七間の話を信じませんでした。
そして遠く離れた神都を目指して魔族の地をさまよう長生と有容。長生は星図から暗くなった有容の命星の軌道を変えて明るくさせます。そして自分の体力をかなり消耗させるのでした。

長生は星図を手に入れたのですから、自分が生き延びれるように他の命星の軌道を変えてしまうことができるのです。でも長生は自分の延命のために誰かを犠牲にはしたくないと考えていました。そして有容の命星は軌道を変えて明るくしてあげます。これで有容は長く生きていけるようになりました。優しい長生は自分のことよりも有容の幸せを願っているのですね!!
旅を続ける長生達は、行商人から丹炉峰に死人も生き返る霊薬を作る周独夫の丹炉があると聞いて、有容は丹炉峰を目指そうと言います。その間にも長生は弱って味覚を失っていました。そしてついに二人は周独夫の丹炉を見つけるのでした・・。

擇天記・第30話

周独夫の丹炉は子供の姿をしていましたが、長生は言葉巧みに元の丹炉に戻します。しかしこの丹炉で薬を作るためには点火の際、天鳳の血か真龍の血が必要でした。有容は愛する長生のために自分の血を使おうとしますが、無理をして倒れてしまいます。そこに有容が丹炉峰にいると聞きつけた秋山君が現れ有容を介抱するのでした。秋山君は関飛白を殺したのは長生だと有容に言いますが、長生は秋山君が自分と七間を襲ったと言って秋山君と対立します。有容は長生を信じると言い、またこれまで一緒に魔族と戦ってきた秋山君のことも否定しませんでした。

有容は必死で長生の命を助けようとしていますね!でも長生は味覚が失われ、そして臭覚も触角もなくなってしまいました。自分の死を悟った長生は有容が自分と一緒に死ぬことを恐れて、秋山君に死ぬ前にここを去ると言います。お互いを思いやる美しい心の二人ですが魔族になりかかっている秋山君にその思いが通じるのでしょうか??

長生から星図は長生の神識の中にあると聞いた秋山君は黒袍にそれを伝えます。黒袍は丹炉峰に結界をしいて長生達三人を抹殺するために魔族の大軍を送るのでした。

擇天記・第28~30話の感想

長生は星図を手に入れたのに、自分の命をのばすには他の命星の軌道を変えねばならず、誰かを犠牲にすることになると考えて何もしないのですね!その間にも長生の体は衰弱して味覚や臭覚、触覚までがなくなってしまいました・・このまま弱ってしまうと本当に長生は死んでしまいます。落落や軒轅、そして三十六や莫雨が長生達を助けに丹炉峰に向かいますがなんとかなるのでしょうか?長正は小黒龍の朱砂に、もうどこでも行けと玉佩を投げつけます。自分がもう死ぬからわざと朱砂に乱暴して悪者になり、朱砂を黒袍の結界から逃がそうとしている長生。でも長生達を殺してしまったら星図は手に入りません。黒袍はどういうつもりなのでしょうか??


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です