擇天記-たくてんき-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
白帝城に侵入した魔族の黒袍たち。白帝の力を弱めたことで自分たちが勝てると自信をもっています。長生達は白帝の命星の妨げになる紅銅傘を除くことが出来るのでしょうか?

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・第37話

紅銅傘で白帝とその命星との間を遮断した黒袍。戦いは黒袍が有利となります。長生達は空に上がっている紅銅傘を降ろそうとします。三十六が姿を消すマントを身にまとい翼で空に飛びあがり傘を手に入れるのでした。命星との関係が正常に戻った白帝は力も十分となり黒袍に勝利します。
長生は白帝から有容が天書陵に軟禁されていることを知らされます。白帝は聖后の狙いは長生の頭の中の星図だと言います。聖后は星図で星盤大陣を制御しようとしているのです。長生は有容を解放させるために神都に戻る決心をします。

長生についていこうとする落落を母親の妃が止めます。そして女神になるまでのひと月を家族で過ごそうと言うのでした。けれど落落は記憶がなくなって離れ離れになるとしても長生についていきたいと母親に謝ります。ここまで一緒だったんだから最後まで愛する師匠といたいよね!!

神都に着くと長生はすぐに聖后に呼ばれます。聖后は長生を星盤大陣の間に連れていきます。そして長生が自分の息子の皇太子であると告げるのでした。驚く長生。聖后は有容の首飾りを長生に見せ、その血が自分と共鳴して光っているのが親子の証だと言うのでした。そして崩壊しかかっている星盤大陣を修復するために星図を渡すように命ずるのでした。

擇天記・第38話

聖后から自分が皇太子だと知らされた長生。しかし星図を渡すことを拒否したことからまたも投獄されてしまいます。教宗からも星図を聖后に渡すように言われますが、長生は星図がどこか怪しいと感じて躊躇してしまいます。教宗は聖后の様子が変わってきたと言い、もし有容の命を盾に星図を要求してきたらどうする、と長生に問います。顔色を変える長生。そして長生は考えた末に、有容に会わせてくれたら星図は渡すと聖后に伝えるのでした。

自分の息子を投獄してしまうとは恐ろしい聖后ですね!以前は国を第一に思う立派な君主であったのかもしれませんが、今は壊れ始めた星盤大陣に操られて別の人格になってきたようです。長生の方もこれまでのいきさつから素直に母親とも思えませんよね。この親子がわかり合う日がいつか来るのでしょうか・・?

やっと愛しい有容に会うことが出来た長生。長生は聖后に星図のイメージを見せ、この星図は第18の碑から生まれ他の碑と融合して初めて空間を移す力を生む、と説明します。その後天書陵の力を借りて姿を消し、有容を連れて国教学院へと戻るのでした。聖后はすぐ二人の捜索を命じます。それでも追手を逃れた長生達と国教学院の仲間は唐家に身を隠すのでした。

擇天記・第39話

唐家に身を潜める長生達。けれども回復したと思われた長生の容体がまた悪くなります。有容が自分の血で作った養心丹を飲ませますが、薬の残りを秋山君に取られていました。
そして秋山君は自分が魔族化していくのをどうすることもできません。衝動を抑えきれず夜、暴行を繰り返します。それを弟弟子の苟寒食に見られてしまいました。自首をすすめる苟寒食に抗って戦う秋山君。そこに魔族の南客が加勢し、苟寒食を崖から落としてしまうのでした。

あくまでも大師兄の秋山君を思って自首をすすめた苟寒食なのに、秋山君は離山剣宗の英雄である自分を捨てることが出来ません。逆にまた弟子の命を奪って自責の念で苦しみますが、南客に人族の英雄として無駄死にするのと魔族の英雄として讃えられるのと、どちらを選ぶのかと問われます。次第に南客に惹かれていく秋山君。もう後戻りはできないのですね・・

七間は苟寒食がいなくなったことに気づき、長生達も心配します。有容は長生に薬が必要なこともあって、莫雨に秋山君が魔族の手先である証拠を探すよう頼みます。しかし魔族の罠にかかって莫雨は失敗し、聖后から衛兵を統率する職務を解任され秋山君が代わりに職務に就くのでした。そして神都に伏蛇という新たな敵が台頭してきます・・。

擇天記・第37~39話の感想

落落が女神となることで五感は回復したものの、20歳まで生きられないという長生の宿命は変えられませんでした。それなのにそんな息子の苦しみも考えず、星陣のことばかりの聖后にも困ったものですね!聖后は星陣に操られて正気を失くしてしまったみたいです。不気味な伏蛇という集団が現れ、魔族も南下して神都に迫っています。もしかしたら本当に人族の危機が訪れるかもしれません。この時期に長生が皇太子であることがわかったのは
やはり長生にこの国を救う使命があるのかもしれません。そしてそれを全うした時に初めて長生を苦しめていた宿命が変わるのかもしれません。そうあって欲しいものですね!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です