晩媚と影-紅きロマンス-あらすじ-全話一覧-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-晩媚(ばんび)と影-紅きロマンス-あらすじ-全話一覧
晩媚と影


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

2018年に中国で放映された「晩媚と影(ばんびとかげ)」。このドラマで舞台となるのは、唐滅亡と北宋成立の間にある戦国の世・五代十国時代で、ちょうど唐朝が完全滅亡したあたりからストーリーが始まっています。
そしてストーリーの中心となる姽婳城という暗殺者集団は則天武后が設立したというものという設定で、物語の途中で「太平公主(則天武后の娘)の子孫」を押し立てての武力蜂起という話が出てきたりして、唐の残滓がちらほら見られます。
この時代を舞台としたドラマは今まであまりなかったので、それだけでも楽しみではあります。実在の人物は出てきてはいますけれども、ほぼファンタジー寄りに作られているので、暗殺者集団が暗躍し、怪しげなカルトが跋扈し、権力者が退廃している陰惨な空気に五代十国という絶望的な時代を感じ取ることができるかもしれません。

ヒロイン晩媚は逆境の中で生き続けるために、暗殺者集団・姽婳城の中に飛び込みます。しかし姽婳城で生きていくためには殺人という任務をこなさなくてはならず、さらに姽婳城内の階級制度で生き残るために常に「生き残るために殺す」という宿命を突き付けられ、ためらって失敗すれば自分が殺されるという緊張感に満ちた世界です。そんな極限状態で、常に傍にいる「影」が見せる優しさに情を感じるのは必然かもしれませんが、禁じられた愛に身を投じるのはすなわち死を意味します。生きることと愛することは両立しないという厳しく悲しい世界で晩媚はどう生き続けるのでしょうか。

ここでは中国ドラマ『晩媚と影』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題を紹介しながら作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

晩媚と影 あらすじ

唐が滅亡し、諸勢力が乱立した五代十国時代、終わりのない戦乱で民は疲弊していた。そんな中に父と弟と暮らす貧しい少女・蘇七雪は、父に青楼にわずかな金で売られ、逃げ出そうとした時に刺客の女性に出会い、姽婳城の存在を教えられる。生き残るために姽婳城に行く道を選んだ蘇七雪は、そこで「晩媚」という名を与えられ、長安という「影」を世話役に選ぶ。
姽婳城は唐の武則天が設立した暗殺者集団で、城主を頂点とした階級で構成されていた。晩媚はそこで生き残っていくために、過酷な任務に身を投じることになるが、晩媚を支え常に傍に寄り添う長安との間に、次第に禁じられた愛情が芽生えていく…

晩媚と影-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

晩媚と影-1-2-3話

晩媚と影-4-5-6話

晩媚と影-7-8-9話

晩媚と影-10-11-12話

晩媚と影-13-14-15話

晩媚と影-16-17-18話

晩媚と影-19-20-21話

晩媚と影-22-23-24話

晩媚と影-25-26-27話

随時更新中です!

見どころポイント
晩媚(蘇七雪)役のリー・イートン(李一桐)は、「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」のヒロインからブレイクし、本作の主役に起用されました。可愛らしい容姿とダンスで鍛えた身のこなしで、晩媚のビジュアルを魅力的に再現しています。また、エンディングテーマ曲「失寵」を、透明感のある声で歌っているのも彼女です。
そしてお世話係として常に付き従う「影」という設定は、なかなかときめく魅力的な存在といえます。晩媚の「影」長安を演じているチュー・チューシアオ(屈楚蕭)は、「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」で如懿の養子・永琪役を演じて、嫡子ではない立場の心理を謀略によって煽られて悩む役柄を繊細に演じて評価され、Netflix配信の映画「流転の地球/さまよえる地球」では主役に抜擢されています。
そして、すべて尽くして受け身に受け止めてくれる長安とは対照的な、「若様」こと李嗣源役のワン・ドゥオ (汪鐸)は目を奪われる美しさ!音楽系オーディション番組で「漫画王子」というニックネームがついたというのもうなずける、耽美な容姿の持ち主です。綾野剛と映画「破陣子」で共演、というニュースがちょっと前に流れていたのですが、その後作品の続報がないのが気になっています。
「若様」こと李嗣源は、実在する人物を使ったキャラクターなのですが、もちろん実際にはこんなお美しいキャラではなくちょっとガッカリ… でもきっと女性視聴者の皆さんは、「長安派」「若様派」の視点でご覧になるのではないかという気がします。

それと俳優さんたちの美しさを引き立てるのは衣装の数々です。最近の中国時代劇では、個々のキャラクターの性格に合わせた衣装設定だけではなく、画面全体でどう映えるかを計算しつくした色彩設計がされているものが多いのですが、本作もまた、どのカットを見ても衣装のデザインと色彩美が徹底しています。時々挿入される劇画調の水墨画がモノクロで、全体のトーンの基調になっていますが、そこに血をイメージするような紅が印象的に映えるような演出がされているのが印象的です。この映像美をぜひ感じていただければと思います。
中国時代劇の中では全36話と短いのですが、胸が痛くなるような悲劇の連続なので、このくらいがちょうどいいのかもしれません。耽美で陰惨な世界観をこれから一緒に堪能していきましょう。

晩媚と影 基本情報

放送局: 優酷視頻
原題 :媚者無疆
話数 :全36話
放送開始:2018年7月
原作 :「媚者無疆」バンミンバンメイ(半明半寐)
監督 :イー・ジュン(易軍)
脚本 :バンミンバンメイ(半明半寐)




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です