月に咲く花の如く-あらすじ-67話-68話-69話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-67話-68話-69話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
呉家東院の跡継ぎ問題も懐先が養子に来てくれたことで解決し、周瑩の出て行く気はなくなった様子に鄭氏も安心。
陝西巡撫に返り咲いた趙白石も陝西機器織布局局長に就任し、穏やかになったかと見えた呉家の人々でしたが、呉漪と赤ちゃんの突然の死・・・変法をかかげ欽差大臣として派遣されてきた呉沢の変わりよう・・・そして沈星移との再会・・・周瑩と呉家を取り巻く環境がまた動き始めました。
荒波のように揺り動かされる周瑩と呉家の人々、呉沢の無茶振りに怒りのあまり倒れてしまった呉尉武はどうなるのでしょうか?

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

67話

倒れた呉尉武の枕元に家族や呉沢が別れを告げに訪れる。
周瑩も義従兄さんのことは全力で守ると誓うと呉尉武は安心した様子で息を引き取る。
呉尉武哀れです。娘と孫は目の前で亡くなり、息子の行動は身内でさえ容赦なくやりすぎてこの先不安・・・

沈四海に杜明礼が沈星移の変法の活動について脅しに来るが、四海は縁を切った好きにしていい・・・と言いつつも付け届けを渡す。
星移は沈家の家職から内密に隆昇和の仕訳帳を受け取る。
四海は前から隆昇和と手を切りたがっていたと家職は教えてくれた。
星移は頭ではわかっていても決断する勇気がなかったのだと知る。
沈家親子の愛情が感じられました

呉沢は急いで都に戻ろうとしていた。
周瑩は混乱を引き起こす変法に多くに民が反対していると言い、陛下の後ろには皇太后もいるし、人の心は計り知れないと話す。
しかし呉沢は民のための変法なのにと嘆き、周瑩の忠告にも耳をかさず行ってしまう。
呉沢は物事を白黒つけてやりたいのでしょうが、上手くいかなかったようです・・・昔の趙白石を見ているようでもありますね

趙白石が沈星移のところを尋ねると涇陽を去る準備をしていた。
呉沢達の甘さを指摘した星移は国を変えるべく人材を育成するために違う場所で開校すると話し、隆昇和の帳簿を趙白石に渡す。
趙白石は獄中にいた時の周瑩の伝言

あなたの妻になり添い遂げる・・・

を伝える。

星移は思い出す。
祖母が死の直前周瑩と結ばれてはならない・・・と言われ、四海は周瑩と付き合うならば郡王の力で呉家をつぶすと脅されていた。
星移は沈家の門前で密かに母に別れを告げ、旅立つ。
港で星移の姿を密かに周瑩は見送っていた。

1898年西太后が光緒帝を軟禁し維新運動は失敗に終わった。

周瑩の工場も呉沢主導で建設されたとして閉鎖されてしまう。
変法推進派は6人斬首。
郡王は皇太后から重用され、免職された趙白石は重要なポストに起用された。
杜明礼は心のつかえが取れた・・・と安心する。
振り回された感がある周瑩達・・・

変法を口実に民を煽り、風紀を乱した罪人として指名手配された中に呉沢も入っていた。
趙白石は周瑩に呉沢の周瑩を告発する奏状があれば工場を救えるかもしれないと話す。
呉沢のおかげで工場は何とか稼動できそうです

夜、呉沢は東院に逃げ込む。
呉沢を捜しに役人が西院を捜索し、東院にもやってくる。
どうにか見つからずに済んだが、涇陽の港等いたる所に似顔絵や監視があり逃げる事は難しくなっていた。
捜索に来た役人の裏をかいた周瑩すごい!

呉家の捜索を聞いた趙白石は呉沢に逃げられたと杜明礼に言うがまだ呉沢は涇陽から出ていないと反論し、周瑩を見張るように提案する。
周瑩が港から薬材を船に積み込ませようとしていると趙白石がやってきて薬材の入った箱を開ける。
中身は薬材だった。
その時関所を抜けた者がいると報告を受けた趙白石と査坤は大急ぎで立ち去る。

本当の呉沢は馬車で侍女の格好をして乗り込んでいた。
お礼を言う呉沢に池に沈められた時に味方になってくれた恩を返したと言い、陛下に味方するのをやめるように忠告するが、呉沢は聞けないと言い別れる。
女装した呉沢・・・いただけないものでした(笑)イケメンだけど沈星移とは違いましたね・・・

東院に戻った周瑩は関所を抜けた韓三春が無事に戻ったと知り、労う。
やってきた趙白石は周瑩を連行し牢に放り込む・・・が独りになると声を上げて笑うのだった。
してやられた~(by趙白石心の声)

趙白石は周瑩に呉沢の居宅から周瑩を非難する奏状が見つかり工場と呉沢が無関係と証明できると言う。
しかし呉沢は帰る家もないお尋ね者になったと趙白石は非難する。
「家族は裏切れないわ」
周瑩は呉尉武との約束を守ったのだった。
実は数年投獄で済むような、大した刑ではなかったような呉沢。逃亡の方がつらい選択だったかも・・・

68話

赤字続きの陝西機器織布局のため沈四海に日昌和から資金を補填するように言われる。
隆昇和に半分持っていかれ郡王や役人などの付け届けで手元に残るのはわずかな金額と訴えるが、郡王の威を借り沈四海を脅す杜明礼。
杜明礼と手を切るように番頭は懇願するが四海は聞き入れなかった。
ひどい・・・ひどすぎる杜明礼。しかしながら経営下手なのかしら。陝西機器織布局は金の卵なはずでは・・・

王家職は周瑩に織物工場が以前の織布局を利益を超えたと報告する。
織布局は何ヶ月も工員に給料が支払われてなく織物工場で働きたいと来ているらしい。
織布局の朝廷への報告は利益を上げているとなっている。
周瑩は誰かが資金補助をしていると指摘すると王家職は日昌和しかないと断言する。
工員のお給料も出ないなんてちょっとやばくないですか?

沈家の日昌和は貼票を発行している。
10両で買うと一ヵ月後に北京・上海・西安にある日昌和の店舗で12両に換金できるという。
大人気に貼票だが、一時しのぎにしかならないと周瑩達は思った。
私もほしい・・・この貼票

杜明礼は沈四海に金の無心をしてくるが資金不足で調達できなかった。
客の一人が200万両預けてきたと知らせを受け沈四海はホッとする。
番頭が貼票の発行をどうするか尋ねると今後も売れと四海は命じる。
自転車操業的になっていますが大丈夫なのでしょうか?沈四海

広東の商人が生糸を格安で売りたいと訪れる。
5千袋でしか売らないといい、杜明礼は渋るものの手数料を払うという誘惑に乗ってしまう。
生糸を買うのに100万両必要と言われた沈四海は危険と判断するが、資金に困った場合郡王が助けてくれると請負う杜明礼を信じることにする。
ちょうどクラウディからの4千袋の注文が入り、四海も購入に同意する。
金金金・・・の杜明礼

周瑩は杜明礼と沈四海が罠にかかったと知り王家職にいよいよね・・・と呉尉文と呉聘の位牌に沈家との決着をつけると誓い、王家職に日昌和に預けた200万両を下ろさせる。
下準備は終わり、いよいよですね

沈四海は番頭から各支店総額200万両引き出されたと聞かされる。
四海は引き出ししようとする客を待たせ、回収できる銀子を取り戻すように指示する。
クラウディに連絡し生糸の納品を現金決済ですぐにしたいと交渉させる。
一気に大金が引き出され日昌和大混乱です!

周瑩は次の手をしかける。
貼票の満期のものを換金させると、クラウディへの電報を取り上げ、偽のクラウディの返事を持って行かせる。
手持ちの銀子がないゆえ、今は支払えない・・・四海は激怒した。

日昌和では満期貼票の換金が滞り大騒ぎになっていた。
潰れる・・・噂は広がり店の前は換金する人々でごった返す。
沈四海と番頭は満期の貼票を換金するために足りない分の銀子を融通してもらうために杜明礼を頼ろうと話し合う。
困った時は・・・お互い様精神杜明礼に通じるでしょうか?

杜明礼は郡王の預金を引き出しに訪れる。
四海は挽回するために郡王から200万両借りたいと願うが、即座に断わられてしまう。
約束が違うとすがる四海にとぼける杜明礼は郡王の銀子を出すように命じる。
あきらめた四海はあるだけの銀子を杜明礼に渡すと店を閉めた。
約束と違う・・・裏切られてしまいましたね四海

3ヶ所の銭荘からお金を借り乗り切ることにした沈四海。
翌日銀子を届けるという約束をし、ひとまず安心する。
夜眠れない四海を心配した夫人はどうなろうとも共にいると励ます。
「銀子は失っても構いません。家族が一緒に暮らす。それが何より大事です。」
「今はわかる。お前の言うとおりだ」
四海は妻とたたずんでいた。
困難な時に寄り添ってくれる良い奥様です。

69話

日昌和の救済のために沈四海は銭荘に融資をお願いしていたが、周瑩が手をまわし融資は受けられなくなる。
北京・上海の日昌和の休業の電報が届き沈四海は力なく・・・
「おしまいだ。完膚なきまでに潰された」
看板は休業に取り替えられ客達は金を返せと詰め寄る。
「何者が?」
四海はつぶやいた。
完全にやられてしまった沈四海。店にはお客が大挙。よく店壊れないな・・・

杜明礼は趙白石に焦ったように相談していた。
郡王の銀子10万両のうちの8千両しか取り戻せてないからだ。
郡王に損がないように必死の杜明礼に趙白石は郡王は皇帝と皇太后の対応に追われているから今は大丈夫と話しつつ、郡王は沈四海の代わりの相棒を探しているらしいという。
呉家に目をつけていると聞いた杜明礼はありえないと一笑する。
追い込まれている杜明礼・・・10万両が8千両しか無いとなると・・・相当まずいですよね

日昌和休業から日が経ち、沈四海は家財を売ってでも弁済しなければならない。
周瑩は一言、
「これで沈家の破産は決定ね」
そこに来客が現れる・・・お尋ね者になっていた沈星移だった。
沈家と父に情けを・・・と頼む星移に冷たくあしらう周瑩は廟堂に連れて行く。

呉尉文の位牌を指し、沈四海のせいで獄中で亡くなり、東院は没落したと四海を非難する周瑩。
父の行いに謝罪する沈星移にまだまだよ・・・と周瑩は言いつつ、あの時駆け落ちしていたらお尋ね者にならなかったのに、沈家の没落はあなたが望んだ事・・・と突き放す。
あの時の仕打ちをそのまま返す周瑩

趙白石が星移を捕らえにきたと知らせを受けた周瑩は星移を連れ出すが、すでに囲まれてしまっていた。
星移をかばう周瑩に趙白石は引き渡すように命じる。
呉家の客人と剣を抜き白石に逆らう周瑩と王家職はじめ呉家の人々。
その時日昌和の休業に怒った客たちが店に火をつけ、街中騒ぎになっていると報告が入る。
白石は今度必ず捕まえると言い残し、立ち去る。
周瑩は星移を急いで逃がすのだった。
沈星移をめぐり対立した二人。今回は混乱にまぎれて沈星移は逃げられました

日昌和は全焼し、沈家の屋号の店も襲撃された。
周瑩は日昌和に全財産預けた人々の嘆きを見て足早に立ち去る。
沈家は差し押さえられた薬材店と生糸の在庫5千袋が残っているが再起は難しい。
沈四海は過去の行いの報いと家職・番頭達の前で力なく述べる。
「これで沈家はおしまいだ」
怒った人々に店が焼き討ちにあってしまいました。沈四海、踏んだり蹴ったり・・・

周瑩は大事な相談があると沈家を訪れていた。
沈四海にお前の仕業かと言われ認める周瑩に見事敵を討った、おめでとうと言う。
四海に200万両を預けると話す周瑩。
復讐しに来たと思っていた四海は疑うが、周瑩は日昌和の破綻によって破産したり不幸になった人々は想定外と話し、預けるにあたって条件を2つ出す。
呉尉文の名誉回復と200万両は民への賠償を優先させると約束させる。
周瑩は気がついた。復讐によって工員はじめ多くの人々の人生を狂わせ不幸にしてしまう・・・

王家職に日昌和に200万両預けるように周瑩は命じるが呉尉全は納得しない。
「これも懐先のためです」
恨みの連鎖はここで断ちます・・・周瑩は宣言する。
趙白石は沈四海を救済したせいで杜明礼も助かり反撃すると注意する。
恨みの連鎖・・・可愛い懐先の時代に持ち越したくはないですね

杜明礼は郡王へ趙白石と周瑩が結託し郡王の財産を横取りしようとしていると文を書く。
杜明礼は洋布を値下げして、沈家にお金を預けて余裕のない周瑩を追い込もうとする。
胡咏梅と同じ手ね・・・と周瑩は余裕そうに笑うのだった。
さすが連戦練磨の周瑩。はたして経営下手!?の杜明礼勝てるのでしょうか?

感想

とうとう周瑩は沈四海を追い詰めましたが首まではとりませんでしたね。
自分達の敵討ち合戦で被害を受ける一般人を見て気がついたようです。

保身に走る杜明礼は沈四海を見捨てて目の前の利益を取りましたが・・・そうとう金額は少なく、お粗末な結果になっていました。
織布局の赤字の補填をして、利益も半分もらっていた沈家を見捨ててしまってこの先この人大丈夫なのかしら。
その上周瑩に戦いを仕掛けましたが・・・かなり返り討ちされる確率が高いような・・・。
次回は杜明礼を容赦なくコテンパンにする気配の周瑩(笑)

お尋ね者になってしまった呉沢ですが、何となくこの先の展開に厄介な存在で出てきそうな予感。
沈星移も指名手配になってしまいました。
やっぱり周瑩は星移の事がすきなんですね。
周瑩一途・・・。
この先二人はどうなるんでしょう。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です