東宮-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

顧小五と名乗って丹蚩に潜入した承鄞は、小楓との婚姻を認めてもらうため、白眼狼を捕らえてティダールの信頼を勝ち取ります。しかし宣徳王が婚儀を狙って襲撃をかけたため、小楓を逃がす前に戦闘が始まり、朔博と顧小五の裏切りで丹蚩は壊滅します。

すべてが仕組まれたことだったと露見した時、これまで自分を包むものすべてが愛情だった小楓は、取り巻く何もかもが信じられなくなってしまいます。そして世界が壊れてしまったところで、物語は新しい舞台へと進んでいきます。小楓の進む道はどちらに向かっていくのか、じっくりと見届けましょう♪

【東宮】(ネタバレあり)

第13話「裏切り」

ティダールは陣幕にやってきたのが顧小五(承鄞)なのを見て「やはりお前か」とつぶやく。承鄞は投降を勧め、ティダールは自らの命を、丹蚩の民と引き換えに差し出すことに。
承鄞自らティダールを処刑するが、小楓がそれを目の当たりにして気を失う。
最悪… もう「最悪」以外に言葉が見つからないです…

意識を回復した小楓は、枕元に顧小五がいるのを見て無事を喜ぶが、豊朝の鎧兜が置かれているのを見て祖父の処刑の記憶がよみがえり、さらに顧小五が配下に「殿下」と呼ばれたのを聞き、すべて騙されていたことに気付く。罪悪感に打ちのめされる承鄞に、柴牧は「ここまで来たらもう戻れない」と諭す。
小楓の慟哭を見る承鄞のオロオロ感が、わかっていたことだろうにと、妙に腹が立ちます

小楓は薬で身動きがとれないようにされていた。駆け付けた顧剣は小楓を連れ出そうとするが、豊朝の兵に取り囲まれる。顧剣は柴牧の説得にすら耳を貸さず、承鄞は止めることができない。顧剣はアドゥと合流し「西州は西域の交通の要衝のため、公主を娶ったものが主導権を得る」と、小楓の婚姻をめぐる思惑を語る。小楓は顧剣も丹蚩攻めを知っていたとわかり、顧剣を拒絶してアドゥと去る。
顧剣ですら信用できないのだと知ってしまった小楓の絶望は深いですね

承鄞と柴牧が朔博を訪れると、リドゥンが朔博王を殺害しており、豊朝には「丹蚩との戦いで命を落とした」と報告しろ、とうそぶく。宣徳王は、承鄞が指示に反してティダールの幕舎にいたことを問い詰めるが、承鄞は裴照と口裏を合わせる。宣徳王は安護府に承鄞を残し、自分を庇って重傷を負った李釅の忠に報いるため、都へと帰還する。
リドゥンが王になった朔博相手では、今後豊朝大変そう。李釅は生きていたのですね~

小楓とアドゥは逃げ続けていたが、豊朝の騎兵に追われ、馬から徒歩に切り替えて疲れきっていた。そんな二人に、顧剣は気付かれないようにして手を差し伸べるが、小楓はアドゥが拾ってきた食べ物が顧剣によるものだと気付き、受け付けない。
兎とか木の実とか、小楓にすらわかる程度のことをやってくる顧剣の詰めが甘い!

高顕は高右相から「和親の件で李承鄞に手を貸すように」という難問を伝えられ、父が第五皇子に賭けるなら協力しようと考える。その頃、小楓は西州に帰還するが、玉座の曲文成は小楓に「今すぐ逃げろ」と言う。父の意を酌んだ高顕が和親を強行しようとして西州に圧力をかけ、阿史那雲が人質になるよう迫られ自殺を図ったのだという。豊朝に占拠された王宮で小楓を守ろうと、曲文成はふらふらと兵に襲い掛かる…
高顕は父をアシストする気があるのかわざとか、邪魔しかしていなさそうです

第14話「小楓の決意」

高顕は小楓を脅し、明朝に都に向けて出立すると言う。侍女によると、曲文成は阿史那雲の死後、心を病んでしまったのだという。侍女は曲文成の文を手巾に忍ばせて持ち込み、そこには「高顕は偽の使者だ。安国公を頼り皇太子に嫁ぐと言えば、身を守れる」とあった。小楓は考えた末、アドゥを安国公に遣わし、西州を守るため豊朝に嫁ぐ決心を固める。
曲文成の密書が、真っ当な判断力で書かれたかどうかも結構怪しいです

アドゥは安国公に助けを求め、小楓は侍女と入れ替わって脱出し、安国公の手によって豊朝に向かう。しかし高顕の追手に取り囲まれ、兵に紛れていた小楓は見破られた挙句、安国公は小楓の目の前で殺害されてしまう。
高右相は息子のやり口を何と評するのか、最低最悪としか言いようのない所業です

安国公が都に小楓を連れ帰るという情報を聞いた承鄞は、なぜ西州に高顕がいるのか疑問に思う。そこに都への帰還の勅命が届くが、そこには承鄞を「翊王」に封じるとあった。
一方、安国公一行は全滅したまま遺体が放置されていたが、その中で兵に扮していたアドゥはたったひとり生き残っていた。
もうアドゥしか小楓を守れる存在がいないのに、こんなところで引き離されて…

都へ出立する承鄞に、高顕が「贈り物」を持ってくるが、それは小楓だった。豊朝の皇太子に嫁いで承鄞に復讐するつもりの小楓に、顧剣が「豊朝の皇太子は承鄞になる」と現実を突きつける。小楓はもはや二人を許せず、できないと知りつつ承鄞に「顧剣を殺して」と迫る。承鄞と顧剣は道を誤ったことを心から悟る。
三つ目の願いがまだ残っていますが、どんな願いがどんな場で発せられるのか、怖いです

アドゥは小楓のもとにたどり着き、一緒に逃げ出す。高顕は捜索隊に「公主を殺してもかまわない」と命を下し、承鄞は裴照に「高顕より先に小楓を見つけろ」と命じる。追い詰められた小楓とアドゥを顧剣が助けるが、小楓は崖下に鳴り矢を捨て顧剣との絆を絶つ。それを見た顧剣は絶望し、丹蚩の仇を討とうとするアドゥに刺され崖下に落ちていく…
顧剣は大丈夫でしょうか、こんなに早く消えるはずはない、と信じています…

第15話「忘却の彼方に」

蕉風とアドゥは謎の洞窟に逃げ込むが、承鄞と裴照らが追う。やがてアドゥとはぐれた小楓は、洞窟を抜けた断崖の下に流れる川を忘川だと思う。承鄞は必死に戻るように呼び掛けるが、小楓は「あなたを忘れてしまいたい」と、止める承鄞の指を振りほどいて川に飛び込み、承鄞もその後を追って飛び込む。落ちながら、承鄞の手には小楓の首飾りが残され、二人の記憶は忘川に溶けていく…
小楓の状況だと、すべてを忘れてしまった方がむしろ楽なのかもしれません

そして豊朝。小楓は多くの侍女にかしずかれ、近い将来皇太子妃となるべく暮らしていた。アドゥは声を失い、小楓の侍女として仕えている。小楓は豊朝の第七公主の永寧、第八公主珞熙と姉妹のように仲良く過ごしていたが、二人の公主の関心事は「どの兄弟が皇太子になるか」だった。永寧は二兄上(宣徳王)だと予想し、珞熙は五兄上(承鄞)が小楓とお似合いだと考える。
アドゥの服装は丹蚩のもので、アドゥなりの意地だったりするのでしょうか…

小楓は都に来て1ヶ月になろうとしていたが、「豊朝の道中で賊に襲われ、皆殺されたが第五皇子に助けられた」と聞かされており、小楓はその際に記憶を失い、アドゥは毒を盛られて声を失ったとされていた。小楓は両親に「皇后や太皇太后からも親切にされ、宮中はいいところ」と伝える文を書きアドゥに託すが、その文は決して出されることはなかった…
アドゥはすべて覚えている上に誰にも話せないという、かなりつらい立場ですね

宮中は息が詰まりそうだと、小楓はアドゥを連れて外に出かけようとするが止められ、しかも方尚儀にしきたりの講義を受けるよう太皇太后から命じられる。蕉風の態度を罰しようとした方尚儀は、小楓の代わりにアドゥを叩いたところ、アドゥは小刀で尚儀を脅し、小楓はアドゥを守るために言うことを聞く羽目に。
お転婆な小楓は記憶と一緒に消えたのかと心配しましたが、そのままで安心しました♪

承鄞は、西域に行く前に香り袋を渡してくれた女子・趙瑟瑟と順調な交際を育み、張玫娘との母子関係も以前よりも距離が縮まっていた。張玫娘は後ろ盾のない趙瑟瑟との交際に懸念を示すが、承鄞は「瑟瑟は幼馴染」と言い逃れる。
なんでしょう、この何事もなかった感。「病床」という言葉が出てきましたが、一体…?

小楓は方尚儀に食事の作法を教わるが、行儀よく振舞えず反抗的。尚儀は太皇太后に辞任を申し出るが聞き入れてもらえない。太皇太后は丹蚩の滅亡や西州での母の死などが小楓の耳に入らないよう、永娘に細心の注意を払わせる。
そんな方尚儀の指導に疲れ切った小楓を、永寧は皇帝の狩りに誘う。
小楓のおでこ、キン肉大王みたいになっていましたね♪

承鄞は裏では密かに柴牧の教えを受けていた。柴牧は、高右相の支持を受けつつも高右相の勢力を抑え、宣徳王とは争わずに皇太子の座を勝ち取る、と説く。承鄞は顧剣の無事を案じるが、いまだ行方はわかっていなかった。
承鄞は何も変わっていないように見えますが、小楓のことは?そして顧剣は…

皇帝から立太子の話が出ず、承鄞の台頭に宣徳王は焦りを感じていたが、忠王は泰然と待つようにと諭す。そこに、皇太子候補の宣徳王の顔を見ようと永寧に連れられ、小楓は宣徳王に紹介される…
李釅は回復していて何より♪まさかこれで小楓と宣徳王が恋に落ちたりしないですよね

13~15話の感想

小楓が崖で鳴り矢を捨てる場面で、バックに流れているのはオープニング曲「愛殤」の男声バージョンでしたが、あれを歌っているのは「山河令」の温客行役で大ブレイク中のゴン・ジュンです!中国時代劇では、キャストとして出演していない有名俳優さんがテーマ曲や挿入歌で参加していることがあるので、「それなら出演もしてちょうだい!」と思うことがありますね♪

しかし、今回の展開は…何と言ったらいいのかわかりません。小楓が悲しすぎます。
承鄞はどこからどうつっこんだらいいのかわからないほど、切羽詰まると言葉のチョイスを最悪に失敗しますね。小楓に優しく接するべき時に恫喝してみたり、逆にしっかりすべき時に泣いてみたり。「そのタイミングでそれを言う?」って何度思ったことか…
承鄞に対しては言いたいことは色々ありますが、丹蚩攻めから豊朝帰還までの経緯と振舞い全部に「最悪」としか評価できなくて、なんという主人公のキャラ造形をするのだろう、という驚きと戸惑いが止まりません。
一方で顧剣は、「小楓を守る」ということに全身全霊をかけてきたのに、小楓から拒絶されるという事態に、絶望で生きる気力を失い、いまや生死不明となってしまいました。顧剣がこんなに早く消えることはまさかないだろうと思いつつ、顧剣もまた別人格になっていたりしたらどうしよう、と心配になってしまいます。

そして小楓は短期記憶を忘れてしまったようです。さすがに「私は誰?」くらいの忘れ方ではないようで、自分が何者かの記憶はある状態で、豊朝に連れてこられた経緯だけ、周囲が嘘で取り繕っているようですが… 豊朝の人たちがみんな親切にしてくれていい人ばかりなので(下心はあるのかもしれないけど)、幸せそうにしているのはいいことなのだろうと思いつつも… この先承鄞に会ったらどうなってしまうのでしょうか。
小楓にとっては忘れてしまったことよりも、思い出してからの方がつらいことになりそうですよね。そしてそれをすぐそばで見守りつつ、すべてを知りながら何も言えないアドゥの立場が本当につらい… むしろ小楓がすべて忘れて思い出せない方がまだいいのかも。

しかし顧剣も承鄞も、小楓から忘れられてしまっているのですよね…
それはこれからの彼らにとってラッキーな上書きのチャンスなのか、新たな道の誤りの始まりなのか。このドラマ、みんながみんな失敗しかしないような気がしてきました…




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。