東宮-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
東宮妃となった小楓ですが、承鄞との溝は埋まりようもなく、気ままに振舞って皇帝にまで知られる失態を引き起こしてしまいます。承鄞は表向き小楓に冷たく当たることで小楓と瑟瑟を守ろうとしますが、逆にそれが張玫娘の不興を買うことに。

さらに、ここまでにライバルを全部蹴落とした高右相が、張玫娘を見限る動きを見せてきますが、張玫娘も黙って切り捨てられたりはしません。様々な思惑が慌ただしく動き出し、特に皇后・玫娘周辺の動きから目が離せなくなりそうです♪

【東宮】(ネタバレあり)

第34話「危険な一手」

親民堂から裴照に送られて深夜にこっそり帰宅した小楓だが、それを承鄞が待ち構えて叱りつける。承鄞は狼の牙のことで、裴照が話した作り話をそのまま信じて小楓に説明する。
承鄞は夫というより、ちょっと口うるさい保護者になっていますよね♪

安護府の高顕から朝廷に、丹蚩の残党討伐のための兵糧と資金の要請が出される。しかし高家と因縁のある趙士玄が「討伐は鎮北候である趙家の役目」と異議を唱え、高坤と趙士玄で議論になるが、皇帝は高右相の意見を容れる。趙士玄は「討伐を口実に力を蓄えるのが高顕の狙い」とみており、承鄞は士玄にそれを証明するよう指示する。
士玄では手先として使いものになるかどうかちょっと不安です。暴走しそう…

明月(陳嫣)は承鄞に、皇帝に接近し顧家と陳家のため高家打倒に協力すると持ち掛ける。顧剣は反対するが、明月の決意は固い。承鄞は明月を守るためもあって協力を受け入れるが、顧剣は承鄞の身勝手さに腹を立てる。
明月大丈夫?顧剣にしてみたら承鄞は次々に大事な人を犠牲にする存在ですものね…

瑟瑟は張玫娘に命じられた誦経のため跪き続けて倒れそうになるが、皇后に冷遇されても承鄞の寵愛さえあればいいと考える。一方、小楓は故郷からの便りや家族の来訪がないことを案じて文を書き続け、アドゥのもとには沢山の文が溜まっていた。
瑟瑟も小楓も、双方質の違う孤独を抱えて、承鄞があてにならないのは同じですね

皇后主催で年頃の公主の婿探しの宴が開かれるため、小楓は承鄞と顔を合わせることに憂鬱になる。永寧と珞熙から「小楓と承鄞はお似合い」だと言われるが、小楓にはその意味がわからない。宴席の承鄞は、小楓につらく当たるように見せてさりげなく庇い、瑟瑟は自分には見せない承鄞の一面を感じて不安になる。
周囲からすると承鄞の優しさがわかるのに、肝心の小楓には全然伝わらない…

宴の最中ひときわ目を引く舞姫が登場するが、それは高右相の娘・如意で、皇帝は如意の美しさを絶賛する。小楓はこっそり宴席で出された蟹を永娘とアドゥに持ち帰るが、永娘から「今日は承鄞に助けられて恥をかかずに済んだ」と指摘されても理解できない。
如意は鮮烈デビューでしたが、張玫娘は内心ハラワタ煮えくりかえっていそう♪

張玫娘は高坤から子宝観音を贈られる。しかし高坤は後宮入りした如意の床入りを急かすためにきたため、張玫娘は不快感を隠せない。承鄞との距離は日々広がり、その上如意が寵愛を得たら皇后の地位さえ危ういと張玫娘は危機感を抱き、策略を実行に移すことに。
高家も無神経なことしますね~!これは皇后、怒って当然だと思います

承鄞から「女子が一番好きなものは何か」と聞かれた時恩は、女子が好む装飾品や化粧品なら唯品閣にあると答える。小楓は皇宮を抜け出していたが、承鄞自身が尾行していることに驚く。承鄞は小楓を唯品閣に連れて行くが、店の女将にこっそり服の仕立てを依頼する…
時恩の女子力の高さがいい味出していますよね♪

第35話「皇后の企み」

承鄞は唯品閣の女将に瑟瑟の服の仕立てを注文するが、寸法を聞かれて代わりに男装の小楓を測り始める。二人は店を出たところでミロと顧剣に出会うが、承鄞も小楓も何も言わずに行ってしまい、ミロはそれを見て不思議に思う。
ミロも女将もこのわけのわからない夫婦のプレイに巻き込まれているという…

小楓と米羅酒楼で待ち合わせのアドゥは、ミロから「小楓が素敵な若様と一緒にいた」と聞いて驚く。店の裏で顧剣が吐血しているのを見て、アドゥはかつて刺した自分のせいだと悩む。そこに小楓が戻ってくるが、ミロは一緒にいたのが夫君だと知って小楓をからかう。小楓は「彼が側室を助けずになぜか私を助ける」逸話を語り、顧剣は嫉妬で苛立つ。
ミロだけが知らないこともたくさんあるけど、ミロはなんでもわかっているような

張玫娘は承鄞を清寧宮に招き、久々に一緒に食事をする。承鄞は梨花酒をふるまわれるが、それには薬が盛られており、眠ってしまった承鄞の横に、言い含められた緒娘が、怯えながら添い寝しようとしていた…
その頃、小楓はミロに「夫君は小楓のことを嫌っていない」と力説されたことが気になって眠れないでいた。
血がつながっていないとはいえ、長年育てた息子に薬を盛って女あてがうとか怖すぎ!

瑟瑟は、承鄞が小楓を見るまなざしに、夫を失うのではないかと不安を感じる。かつて瑟瑟が初めて宮中に上がった時、永寧や他の公主たちにいじめられ、山に置き去りにされた時に助けてくれたのが承鄞だった。その出会いの逸話を思い出した瑟瑟は気を取り直す。
永寧のいじめはかなりえげつないですね。それを乗り越えて今の瑟瑟の闇ができたと…

眠れないでいた小楓は夜勤の裴照に「承鄞のことがわからない」と悩みを打ち明ける。友人としての助言を求められた裴照は、皇太子に時間をあげてほしいと言う。その様子を瑟瑟の侍女錦児が見て瑟瑟に告げ口し、この件が承鄞の耳に入るようにと企む。
瑟瑟をかわいそうと思った気持ちが、一瞬でガラガラと崩れて消えますよね♪

翌朝、張玫娘の侍女・容霜が離れの寝台に緒娘が寝ていたと報告する。承鄞は機嫌を損ねている瑟瑟にこの件を知られたくないと緒娘を側に置くのを拒み、張玫娘は自分の意志に逆らう承鄞に激怒する。承鄞は裴照に昨晩のことを打ち明ける。承鄞は緒娘が来たことに気付いて事なきを得ていたが、皇后の意図をはかりかね、裴照に緒娘について調査を命じる。
まさか皇后である養母が、孕んでいる侍女を押し付けるとは思いもしませんよね!

明月はその後、皇帝の正体を知らないふりで客として迎え、顧剣が探ってくれた顧淑妃の情報を基に、皇帝と顧淑妃の思い出を呼び覚ますような接待を行う。明月に心を開いた皇帝は、自分の正体を明かす。
皇帝が過去に本気で愛した女性は承鄞の母ただ一人だったのでしょうか…

裴照は緒娘について調査し、あまり評判の良くない皇后の再従弟・張参と親しくしていることを聞きこむ。一方、承鄞は唯品閣に作らせた瑟瑟の衣を贈って機嫌を取り、狼の牙を小楓に返すことを切り出す。瑟瑟は快く返したふりをするが、内心モヤモヤしたものを感じる。
そういえば張参は「張」氏ですね!皇后は身内なので宮女との密通を罰しにくいのですね

高右相は高家の人間ではない張玫娘や承鄞を信用できず、如意を宮中に送らなければいけなかったことで不機嫌な日々を送っていた。この数日中に如意が夜伽に呼ばれる手筈が整ったことで、高右相は如意の産む皇子に高家の将来を賭ける…
そんなに大事な娘なら、安全で幸せになれるところに嫁がせればいいものを…

第36話「偽りの初夜」

高美人(高如意)は入宮して1か月になり、皇帝はそろそろ会いに行かなければと考えるが、張玫娘は如意の病弱を理由に、しばらく養生させてからと遠ざける。しかし皇帝は抜き打ちで高美人のもとを訪れ、張玫娘は自分への当てつけだと激怒する。
娘くらいの年齢の若い娘と張り合わないといけない皇后の立場も切ないですね~

承鄞の誕生日に、瑟瑟は手製の百花図の刺繍を贈るが、小楓は金子を贈る。承鄞は小楓へのお返しとして、唯品閣であつらえた狩り装束を贈り、小楓は承鄞が自分のために作ってくれたことに驚く。そこに張玫娘は「特別な贈り物」として、緒娘が承鄞の子を懐妊していると告げ、瑟瑟は衝撃を受ける。承鄞は突然の緒娘の東宮入りに難色を示す。
張玫娘は、自分で息子との信頼関係をどんどん壊していっているのではないでしょうか

瑟瑟は自分一途だと思っていた承鄞の裏切りに荒れるが、駆け付けた承鄞は皇后の命令だから逆らえないと説明する。瑟瑟は自分の想いを踏みにじられたと、承鄞が贈った玉佩を投げて壊し、承鄞はそのまま出て行ってしまう。
承鄞は、瑟瑟にすらあの夜緒娘とは何もなかった、という真相を言わないのですね!

小楓は瑟瑟を裏切った承鄞に腹を立てるが、張玫娘に呼び出され、東宮をしっかり管理しろと叱責される。緒娘の子が生まれたら育てるように言われ、小楓は困惑する。緒娘の話を聞いた高右相は、もし皇后の差し金なら見過ごせない、と考える。
瑟瑟のために怒ってあげたり、養子にしろと言われて断ったり、小楓はいい子ですよね…

侍女たちが小楓と裴照の仲を噂していると時恩から聞き、承鄞は動揺する。その夜、唐突に承鄞は小楓を訪れ「共寝しにきた」というので、永娘たちは初の床入りに大騒ぎになる。夜中に様子を見に来た者の存在を感じた承鄞は、わざと小楓を起こして挑発する。怒った小楓は眠れずに窓際で、顧剣が自分を見守っているのを見つめる。
実のところ、今承鄞が一番の本音で話せる相手は、小楓なのではないでしょうか

顧剣はいつも小楓を守るため皇宮の周りにいるが、裴照は部下に命じて顧剣がいるところを避けて巡回させていた。裴照も顧剣も、小楓への特別な想いを抱き、小楓さえ無事ならば他のことはどうでもいいという思いで一致し、杯を交わす。
翌朝、承恩殿から出てきた承鄞は、裴照にわざと「久々によく眠れた」と言ってみせる。
裴照は罪悪感からではなく、顧剣と同様に特別な気持ちで小楓を守りたいのでしょうか

小楓の寝所を探りに来たのは張玫娘の手のもので、すぐさま「皇太子が皇太子妃のもとに泊まった」という報告がもたらされる。同様に承鄞が承恩殿に泊まったという話を聞いた瑟瑟は打ちのめされ、承鄞が本気で怒ったのだと思う。そこで瑟瑟の寛大さを示すため、大量の贈り物と共に小楓を訪問し、「姉上」と呼んで友好的に振舞う…
瑟瑟はなんだかんだ承鄞の気持ちを勝手に決めつけて、一人で空回りしていますよね

34~36話の感想

今回、何度か漢詩の引用が登場したので、原典を記しておきます。
・永寧が珞熙をからかった時の詩 … 王維の「相思」
・如意を絶賛して皇帝が口ずさんだ詩 … 李白の「清平調詞」
・明月が皇帝との席で口ずさんだ詩 … 劉禹錫の「秋日書懐寄河南王尹」
全部唐代の詩で統一されている辺りに、原作者のこだわりを感じます。李白の「清平調詞」は、宴席で楊貴妃の美しさを称えた詩を詠むよう命じられた李白が、即興で詠んだ詩なので、如意の美しさを楊貴妃に喩えたのだということになりますが、それは単純に誉めたのか、傾城の美女に対する皮肉なのか微妙な所ですね♪

張玫娘は身内のはずの高右相に、自分に対する最大のライバルとなる如意を後宮に送りこまれ、しかも手助けしろと急かされるという、なんとも言えない立場になってしまいました。
高右相は、最愛の娘を側妃のままにしておくわけもなく、目指すは国母の座…きっと張玫娘も承鄞も、高右相にとっては今だけの使い捨てのコマなのでしょう。
そんな高右相は、まだ明月の存在に気付いていませんが、もし皇帝が明月を後宮に入れようとしたら、凄まじい戦いが後宮に展開されることになりそうですね…

張玫娘は、緒娘を使って承鄞をコントロールするだけでなく、自分の身内の不祥事を隠蔽しようとしたわけですが、承鄞が気づいてしまったのでこの先計算が狂ってくることでしょう。そして瑟瑟が真相を知らされないままなのが意外でした。承鄞は瑟瑟にも本音を見せていない一方で、周囲にもわかるような小楓への優しさを示しているので、瑟瑟も危機感を覚えつつあるようです。
こう言ったらなんですが、承鄞って…面倒くさいスパダリですよね… 立場的に本音を表に出せないというのはあるのでしょうが、必ず裏の意図がある振舞いをするので、周囲は読み取れず必ず悪い方向に向かっていく感じです。普通の物語なら瑟瑟と承鄞が障害を乗り越えて愛と天下を手にしていく展開なのに、あらゆるところでねじれすぎていて先の展開が読み取りにくいです。このドラマ、幸せになれる人は果たしているのでしょうか…




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。