海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-海上牧雲記-かいじょうほくうんき-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

海上牧雲記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
八大部族を決裂させた血の呪いを碩風蘇赫が祝福の秘術で解き、碩風和葉は、新たな鉄沁王として牧雲王朝と戦うことを決意する。

観星閣を焼失させた牧雲笙は幽閉され、苓鶴清は投獄される。

穆如寒江が、伝国玉璽を探索したり、後の皇后と予言された蘇語凝をさらったことで、穆如槊は、皇帝の信頼を損ねてしまい、寒江の命を奪う決心をする。しかし、それを止めようとした妻の牧雲嫣が自害をしてしまう。

3人の動きが気になりますね。それぞれが自分の信念に向かって歩みだしました。今回は、40話から42話までをご紹介いたします。

【海上牧雲記】(ネタバレあり)

40話 愛の呪文

牧雲欒と牧雲徳は、お互いの腹の探り合いをしていた。

碩風和葉は、気を失っている碩風蘇赫を背負って歩いているところに、厳霜が馬に乗ってやってくる。しかし、和葉は、会いに来た厳霜に立ち去れと、冷たくあしらう。
せっかく会いに来たのに・・・

厳霜は、蘇赫の様子を見て、自分が持っていた霊薬を和葉に渡し、蘇赫に飲ませるように言う。

蘇赫が薬で意識を取り戻すと、厳霜は馬に乗せてやり、傷を治してくれる丹尭族のおばあさんのところに一緒に向かおうとする。しかし、和葉は、一緒に連れては行かないと言って、冷たくする。しかし、それは、厳霜に愛の呪文がかかったままで正気ではないから、後悔をさせたくないという和葉のやさしさだった。
和葉は本当にやさしいですね!

厳霜は、和葉に冷たくされながらも、一緒に行動する。しかし、呪文をかけられていることを知った厳霜は、こっそり蘇赫に頼んで、呪文を解いてもらう。

蘇赫は、厳霜はもう現れないと和葉に伝えたのだが、厳霜が、また現れたので、蘇赫は、おばあさんのところまで連れて行くように和葉に告げる。
厳霜の心は本物だったのですね!

牧雲徳は、義父の墨禹辰に、盼兮を復活させることができないものかと問いかける。

苓鶴清が投獄され、羽族墨算の掌門の墨禹辰を国師として招こうという声が上がっていることを、牧雲徳は墨禹辰に伝える。

41話 来世の約束

孤松拓が牧雲厳霜の失踪のことを書いた牧雲寒あての書状を、牧雲欒が手に入れる。

そして、牧雲欒は、ひそかに書状をすり替え、瀚州に乱を起こそうと企む。
恐ろしいことが起きそうです!

碩風和葉と碩風蘇赫、牧雲厳霜の三人は、丹尭族の地にたどり着く。

和葉が鉄沁王となり、厳霜はお互いが敵同士であることを自覚せざるを得なかった。
つらい状況になりました!

厳霜は、草原の女のように髪を編んでもらいながら、ここに生まれたかった、そうしたら、あの人の女になれる、一生ずっと一緒にいられたのにと心の内を話す。

すると外で話を聞いていた和葉が、来世では、草原の同じ部族に生まれろ、そうしたらすぐに捕まえて妻にしてやる、100年一緒だとつぶやく。
和葉の言葉、素敵ですね♪

厳霜は、その言葉を聞いて、その約束があれば何も怖くない、待つわと答える。

草原の女と同じいでたちになった厳霜を見ると、和葉は、厳霜の手を持って走りだす。二人きりになり、来世の約束をかわす。

そして、厳霜は、丹尭の地から一人立ち去る。

鉄沁王の再臨を八大部族に知らせる儀式が行なわれた。巫女が鉄沁の名前を告げようとすると、和葉が赫蘭鉄轅の名前を告げる。和葉は自分が強者をめざせば、大勢が死ぬ。ならば今の強者の懐から瀚州を自由へ導く方が早いと言って、鉄沁にならないことを決めたのだった。
すごい決心!

42話 速沁の武器

速沁部族は、瀚州で唯一、朝廷から交易用の鉄器を作ることを許されていたが、族長の速沁紫炎は、密かに武器も作らせていた。

それを知った赫蘭鉄轅が彼らを襲撃し、男たちを皆殺しにする。
残虐なことをしています!

紫炎は、報復として赫蘭から馬を盗む。追ってくる赫蘭たちを、自分たちが作った武器で迎え撃つ。そして、鉄轅と一対一で対峙することになった紫炎は、鉄轅を負かしてしまう。
鉄轅に勝つなんてすごい!

一方、穆如寒江と蘇語凝は、一水村の蘇真のいた家に到着する。しかし、寒江は、蘇語凝を一人置いて、立ち去ってしまう。

速沁部族のところに、武器を積んだ荷車が運ばれて来た。それは、紫炎に心を奪われた鉄轅が紫炎を妻にしたいと思い、贈ったものだった。
あの強さに心を奪われたのですね!

紫炎は、鉄轅に、失くした鷹笛の右翼を探し出せば妻になると答える。しかし、それは鉄轅を拒否する口実であると鉄轅は知り、苛立ちをあらわにする。

赫蘭鉄朶が、鉄轅に、武器をくれた東大陸人が礼として、謀反を起こすように言ってきていることを伝える。乗り気である鉄轅に対し、鉄朶は端朝の大軍を恐れるのだった。

そこに碩風和葉が戻ってくる。和葉は、鉄轅に鉄王剣を渡し、鉄轅が鉄沁王となる。
とうとう鉄轅が鉄沁王になってしまった!

40話から42話の感想

厳霜は、和葉に心を奪われ、かわいい女性になっていましたね!今までのきつい顔つきとは違って、別人のようでした。草原の女の格好もなかなかよかったです。それを見て、和葉も心が揺れているようでした。

和葉の来世の約束の言葉が素敵でした!和葉は、厳霜に会ったころから思いを寄せていましたものね。敵同士になってしまうなんて・・・和葉もつらいのでしょうね!来世の約束をしてもらって素直に喜んでいる厳霜に、和葉は後ろ髪をひかれているようでした。

そして、赫蘭鉄轅ですね。かなり残虐なことも平気でやってしまうような人が、鉄沁王になって、大丈夫なのでしょうか?けれど、鉄轅に譲ってしまう和葉の度量もすごいですね!これから戦いが始まりそうです。鉄轅は、謀反でもなんでも起こしそう!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です